日本日中関係学会 第1回宮本賞

募 集 要 項

 

 このたび、日本日中関係学会では、若い世代の方々が日中関係にかかる優れた研究に鋭意取り組むことを奨励し、日中関係学会で活躍することが期待される人材を発掘し育成することを目的として、宮本賞を設けることといたしました。多くの学生の皆さんが奮って応募することを期待しています。

 

1 募集内容
 
 (1)テ マ:日本と中国ないし東アジアの関係に関わる内容の論文。政治・外交、経済・経営・産業、文化・教育・社会、環境、コミューニケーションなどを対象とします。

 (2)応募資格:
      A 大学の学部生
      B
 大学院の修士課程学生、博士課程学生、聴講生、研究生
      C
 学部・大学院を卒業・修了・満期退学後3年以内で、研究職に就いていない者
     (ABCとも共同執筆可。非会員も投稿できます。海外からの投稿も認めます)

 (3)執筆言語:日本語で執筆してください。

 (4)字  数:
    
A        大学の学部生50008000字、
      B
C      その他(大学院の修士・博士課程、聴講生・研究生等)800015000
       (字数には図表、脚注、参考文献を含む)を目安とします。

 (5)締め切り:20121031日(水)(必着)
             応募予定者把握の都合上、応募を考えられている方は8月末までに下記受付係にご一報ください。


 (6)応募方法:日本日中関係学会宮本賞受付係宛てに電子メールに添付して送信してください。
    *送り先:日本日中関係学会宮本賞受付係<nichu-kankei@g.email.ne.jp>

   必須記載事項は、@氏名(フリガナ)
           A大学/大学院名と学年
           B性別
           C住所・郵便番号
           D電話番号
           E電子メールアドレスです。


 (7)そ 他:
    @ユニークで独創的な内容の論文を期待しています。


      A投稿論文は未発表のものに限ります。他に投稿した原稿と同一の場合は不可です。
    最優秀賞受賞者と優秀賞受賞者は、受賞者発表後に同一原稿を他に投稿することを一定期間控えるようにしてください。


      B最優秀賞受賞論文は、学会ニューズレターとホームページに全文を掲載します。
    その他の受賞論文は、ニューズレターに要旨を掲載し、全文をホームページに掲載します。
    出版化した場合、著作権は日本日中関係学会に属します。


      C投稿された原稿は返却しません。

      D受賞者の発表は201212月中旬となる予定です。ホームページ上に掲載します。


 2 表   彰

 (1)最優秀賞1点、優秀賞若干点とします。そのほかに奨励賞・努力賞を設けることがあります。

 (2)各賞受賞者には、20132月に開催する表彰式において、表彰状を授与します。
    また、第1回宮本賞の最優秀賞には、賞金10万円、優秀賞(若干点)には万円を授与します。

以上