『中国ビジネス超入門』


著者 :平沢健一
発行所:産業能率大学出版部

   〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー9階
         TEL 03-6266-2400
         FAX 03-3211-1400

        1
定価 :1,680円(税込み)





「中国ビジネス超入門」
(20116月刊)書評
 

     日本経済新聞(717)

中国で企業経営を経験した著者による極めて実践的なビジネス入門書。法務や税務など制度的な最新情報に加え、本書を特徴づけているのは中国人との人間関係に多くのスペースを割いている事だ。中国人が日本人上司に抱く不満や、好かれる日本人のタイプといった気になるテーマを現場の視点から書いている。宴会での円卓の座席表、冠婚葬祭での注意事項、相手の面子を潰さない為のコツ等、赴任先や交渉で生き抜くための具体的な手法が満載だ。(産業能率大学出版部・1600)

     日本商工会議所月刊誌(9月号)

同書は、中国をはじめ、アメリカやイタリア、英国など、各国の海外現地法人の経営に20年以上にわたり携わってきた著者が、これまでの経験に基づき、「グローバルビジネス」と「中国ビジネスを分かりやすく解説した入門書」。

 世界から見た中国と中国人の実態を紹介した上で、混乱する現地で筆者が体験した経営や、そうした事を乗り越えながら成功した人脈作り、さらに中国人との付き合い方等についても触れている。また、事例を挙げて問題点や改善策を提示しながら、彼らとのWINWINの交渉術も紹介。さまざまな面から同地で失敗しないビジネスを展開する為のアドバイスを提供している。

 中国に関心のあるビジネスパーソンはもちろんのこと、これから中国人を迎える企業にも、ぜひ読んでほしい一冊。A5/220/税込1680/産業能率大学出版部

     ()日本在外企業協会月刊誌(9月号)

筆者は電機メーカーにおいて20年以上にわたり米国、欧州、中国の海外現地法人経営を体験し、56ヵ国にわたる海外ビジネスの中で、多くの成功も失敗も経験してきた。

その最後の任地が中国である。多彩なグローバルビジネス経験者の視点であらためて中国ビジネスを分析した時、筆者には何が見えてきたのか。

 膨張する中国の巨大マーケットを目指し多くの日系企業が進出しているが、必ずしもすべてが成功しているわけではない。したたかな中国人を相手に、中国市場で成功を収める為にはどうすればいいのか。本書には筆者の実体験に基づく具体的なノウハウが満載され、豊富な体験から見えてきた中国ビジネス成功への道筋を説いている。特に第3章の「中国人との交渉術」は出色であり、実際のビジネスにも有効活用できそうだ。随所にある「中国ビジネス体験記」も楽しい。中国事業関係者や、これから中国に赴任する人に是非お奨めしたい一冊である。