◆◇病院事情◇◆

                  大羽りん 

中国では病院事情が昔と大きく変わってしまいました。

市場経済が導入される前の中国では、
大きな国営企業には、病院はもちろん、保育園や学校、街全体、
文字通り揺りかごから墓場まで、
企業が一切の面倒を見ていました。

それが崩れ、事情が一変しました。

ランク別の病院があり、それぞれ診察費が異なります。

それどころか、同じ病院でも医者によって診察費が異なるのです。
経験のある医師、名医、大学病院の医師の診察費が高く、
経験のない若い医師は安い。

手術代や入院費も病院にコネがあるかないかで、
大きく異なります。

診察や治療には莫大な費用がかかるため、
医療保険制度の整っていない農村では、
病気になることは、家計が破たんすることにつながりかねません。


健康保険料が高いとこぼしたくなる日本。
問題がないわけではないが、
安心して医療サービスを受けられるのは事実。

中国の医療保険改革、どのように進めていくのか注目したいと思います。