ドメーヌ・ピエール・ビーズ

【蔵紹介】
フランスの中央部から大西洋まで、約1,000Hを流れるロワール河。その流域は古くから「フランスの庭」と呼ばれ、美しい城とバラエティーに富んだワインを産することで有名です。 又、その流域には河口から、ナント、アンジェ、トゥールといった美しい街が点在しています。 このワイナリーはアンジュ地区の銘葡萄園で名高いレーヨン村に有り、この地区では自他共に認めるナンバー1の醸造元です。 このシャトーは1902年に建設され、当初葡萄園はキリスト教会の所有で、教会の人々によって栽培されていました。 パパン家が所有者となったのは1956年で、現オーナーのパパン氏がお父さんから引き継いだのは1973年からです。 夫人の実家も4代続いた醸造家で、現在その葡萄園も加えて50haの畑を所有しています。 とにかく彼ほど自分の畑の土壌を研究し、完璧に知り尽くしている栽培家は珍しい。 又、醸造に関してもパパン氏はフランスワインの専門家達の世界で絶大なる評価をされています。ロワール地方にあって、補糖は一切行わないし、酵母も自然酵母のみを使用しています。土壌の研究を徹底的に行い、土壌の特性をいかにナチュラルにワインに醸すかを大切にしているからです。

ル・オー・ド・ラ・ガルド

2700円

ハーブやミントのような爽やかな香りと濃厚な貴腐の濃厚な香りがあり、
凝縮したコクと複雑でコクのある味わいは何回口に運んでも飽きることの無い
とってもおいしいワイン。
料理にも合わせやすい 辛口の白、おすすめです。
シュナ・ブラン
ルージュ・シスト


シスト土壌の畑で造る人気の赤ワイン。
キレの良い酸味とタンニン、それに果実味が美味。
カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン
カベルネ・ダンジュ ドゥミセック


淡いオレンジ色と優雅な香り。
ほんのり甘い上品な味わいで程良い酸味とのバランスは絶妙。
カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン

ワインのトップページへ戻る
トップページへ戻る