ドメーヌ・フィリップ・アリエ

【蔵紹介】
フランスの中央部から大西洋まで、約1,000Hを流れるロワール河。その流域は
古くから「フランスの庭」と呼ばれ、美しい城とバラエティーに富んだワインを産する
ことで有名です。又、その流域には河口から、ナント、アンジェ、トゥールといった
美しい街が点在しています。このワイナリーのあるシノン地区は東西に長いロワール
地方のほぼ真ん中に位置しています。石灰質の多い土壌で、山の斜面には洞窟が多く、
地元の方はその洞窟を倉庫に利用したりなかには現代風に手を加えて住んでいる方も
います。大変風情の有る美しいところです。フィリップ氏は1978年から祖父に
ついて栽培・醸造の仕事を学び始めました。そして1985年に引き継ぎを完了し、
その年から高品質ワインを造るために栽培から醸造までの方法の改良に取り組み出し
ました。まず、農薬などの化学物質の散布を一切やめて、自然農法に切り替えました。
もちろん畑は全て自分の手で耕します。1本の樹に残す芽は5〜6ケで、残したもの
以外で出てきた芽は取ってしまいます。収穫量は極端に落ちますが、ワインの濃縮度を
上げるためには大切なことだそうです。更に収穫は全て手摘みで行います。樽はシャトー
・マルゴーの1年樽を購入しています。それらの努力が実って、9haというこの地区
でも非常に小規模な醸造元にもかかわらず、現在シノン地区でもナンバー1の評価を
得ています。瓶詰めする前から殆ど売り切れ状態の大変希少なワインです。


シノン キュヴェ・トラディション


シノン最高の造り手が醸す、トラディション。
土地の名前を超えたワイン。かのジャンヌ・
ロビンソン女史が評して「ボルドーの高級ワイン」。

【品種】カベルネ・フラン
シノン 「ヴィエイユ・ヴィーニュ」


まろやかなぶどうができる古木から造って
います。フィリップ氏の手作業による畑仕事の
なせる技!

【品種】カベルネ・フラン
シノン コトー・ド・ノワレ


この地最上の斜面の畑。まだ若木ながら
すでにトップレベルのワインに仕上がっ
ています。とにかく華やかな香りとまった
りとしたコク、なめらかすぎる舌触りは
何も言うことはありません。この先どんな
ワインになるか末恐ろしい…。

【品種】カベルネ・フラン

ワインのトップページへ戻る
トップページへ戻る