シャトー・ラ・フルール・デュ・ロワ

【蔵紹介】
フランスの南西部に流れるガロンヌ河とドルドーニュ河の両岸、さらにその二つの河が合流し、
ジロンド河となって大西洋に流れ込むまでの両岸一帯がボルドー地方と呼ばれています。ボルドー
・ワインといえば、その品質の高さと味わいの多様さで世界的に有名なのはご承知の通りです。
このシャトーはボルドー5大銘醸地区の中で、最も小規模なポムロール地区のカテュソーという村
にあります。ポムロールで最も優秀な葡萄を産出するといわれている、やや高台になっている
一帯にそのカテュソー村も属しています。小石まじりの砂質で、その下はポムロール特有の鉄分
を含んだ地質になっています。。1289年に十字軍の騎士侯団が、この地に病院と教会を建て
、ポムロールのワインを巡礼者達に飲ませて休息させていた記録が残っています。しかし、
100年戦争(1337〜1453年)のときに、この地は戦場と化し、葡萄園はほぼ全滅してしまい
ました。つまり、現在のポムロールの葡萄園は、100年戦争以降に再生されたものなのです。
このシャトーの葡萄園は、代々デュボスト家によって運営されてきましたが、シャトー名を名乗
って醸造元元詰めを始めたのは1958年からのことで、現在の所有者イーヴォン・デュボスト氏
の代になってからです。デュボスト氏は1995年まで永年にわたりポムロール市長を務めたほど
の人物で、地元での信頼も大変厚い。それは、ポムロール・ワインの発展のために、多大な情熱を
注いだ人だからなのです。一時は苗木の研究と栽培も自分で行い、あの“シャトー・ペトリュス”
からも苗木を買いに来たそうです。今でも“ペトリュス”で苗木の栽培上の問題が生じると、デュ
ボスト氏にアドバイスを求めに来るほどです。気さくで人情味あふれるデュボスト氏には、世界中
に多くのファンがいます。特にベルギーには熱狂的なファンが多く、ベルギーではシャトー・ラ・
フルール・デュ・ロワを語らずしてポムロールのワインを語れないほどです。現在は、長男の
ローラン氏(32歳)がほぼ完璧に栽培・醸造技術を継承し、経営を任されています。彼もまた
父親に負けず品質向上への努力を惜しまず、数種類の葡萄の苗木を実験的に栽培し、より品質の
高い葡萄を収穫するための研究を続けています。


シャトー・ボスエ ルージュ


トラディショナルな本格派タイプ。
まろやかなタンニンと程良い樽の
香りが心地よい人気のワイン。

【品種】メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン
シャトー・パクレット


輝きのある淡い黄緑色。白桃・バナナ・マンゴー
のような華やかな果実香。凝縮された味わいと、
後味に残る爽やかな酸味が好評。

【品種】ソーヴィニヨンブラン、セミヨン、ミュスカデル
シャトー・ラフルール・デュ・ロワ
キュヴェ・プレスティージュ 


ラフルール・デュ・ロワのプレミアムワイン。
あふれるような果実味と、繊細でコクのある
味わい。洗練されたスーパーメルロー!

【品種】メルロ

ワインのトップページへ戻る
トップページへ戻る