シャトー・ラ・ラズ・カマン

◇ボルドー地方 プルミエール・コート・ド・ブライ地区◇

【蔵紹介】
このワイナリーのぶどう畑は、かつて貴族メリニャン候の騎士
「ラ・ラズ・カマン」が所有していたというもの。それをポムロ
ー家の先祖が手にしたのは1857年のことでした。7代目オーナー
であるジャン=フランソワ・ポムローさんは、人並みはずれた
情熱を注いで品質向上に取り組んできました。今ではこの地区
のリーダー的存在です。また、元ラガーマンとして、地元ラグビー
クラブの指導にも励んでいます。夫婦揃って野鳥保護活動も行って
おり、ぶどう畑には毎年コウノトリが住み着いて、地元で話題に
なっているほど心優しいワイナリーです。



シャトー・カマン


熟した赤い果実の風味。丸いタンニン、
まろやかな酸、コク、3つのバランスが
絶妙にとれた優しいボルドーワインです。

【品種】メルロ
シャトー・ラ・ラズ・カマン


完熟した果実の風味と、きめ細やかな
タンニン。「ボルドーワイン」らしい
風格が漂いながらも、優しい味わいが
魅力的。

【品種】メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン
シャトー・ラ・ラズ・カマン ブラン


ソーヴィニヨンブランの香りが際だつ、
爽やかな風味のボルドー。フレッシュで
微かな甘味がアクセントの心地よい白。

【品種】ソーヴィニヨンブラン

ワインのトップページへ戻る
トップページへ戻る