Back

(社)横浜市獣医師会意見広告のページ

横浜市獣医師会は、平成8年度から"動物と人間の間に立つ獣医師"としての立場から、新聞を利用して意見広告を行っています。これまでに数回のご提案をしてまいりましたが、その中には"有用な広告"としてお褒めをいただいたものもあります。

これまでに意見広告として掲載されたファイルを掲載しています。

狂犬病予防への警鐘
(平成24年3月11日 朝日新聞 掲載)
犬や猫が地域社会に受け入れられるために
(平成23年3月13日 朝日新聞 掲載)
野生動物をペットして飼うことに反対する
(平成22年3月14日 朝日新聞 掲載)
狂犬病予防注射の重要性
(平成21年3月15日 朝日新聞 掲載)
人と動物との調和のとれた共生を願って!
(平成20年3月16日 朝日新聞 掲載)
外来野生動物を飼う前にはよく考えて
(平成19年3月18日 朝日新聞 掲載)
ことの重大さ
(平成18年3月18日掲載)
深い愛情・強い責任
(平成17年3月20日 朝日新聞 掲載)
野生動物には野生の生活を
(平成15年3月23日掲載)
狂犬病予防注射の重要性
(平成14年3月24日掲載)
動物に対する人間の思い上がり
(平成13年3月25日掲載)
マニュアルと知識と匙加減
(平成12年1月30日掲載)
小さいうちから動物に接する習慣を
(平成11年1月10日掲載)
子犬を飼うなら生後60日を過ぎてから
(平成10年4月6日掲載)
動物は「社会の一員」
(平成10年1月11日掲載)
動物を飼う前に先ず獣医師に相談を
(平成8年3月24日掲載)
野生動物をペットとして飼うことに反対する
(平成6年3月27日掲載)
動物を飼うことの大切さ
(平成5年3月20日掲載)
人と犬・猫が共存するために
(平成4年3月28日掲載)





- UP -