獣医師会の活動  
<- Back

社団法人横浜市獣医師会の活動




 「人間と動物たちの暮らしを守る」ことが私たち獣医師に課せられた仕事です。

 「人間と動物たちの暮らしを守る」仕事は他にもあります。私たちは、「動物の医療」に携わる中でこの目的を果たしています。

 一口に「動物の医療」といってもその内容は多岐にわたります。

 よく知られているのが病気の動物の診療です。犬、猫、小鳥、ウサギなど家庭や学校で飼育されている小動物の診療は、病気やけがの治療はもちろんのこと、病気の予防、飼育の指導から動物の選び方の相談までに仕事は及びます。

 牛、豚、鶏などの家畜の診療では単に治療するだけでなく、生産に直結した農家へのアドバイスも重要な仕事です。

 動物の医学「獣医学」は、人間の医学と重なり合うところがたくさんあります。

 いろいろな病気や治療法の研究は、動物だけでなく人間の医療にも応用されています。また動物の伝染病は、同じ動物の間だけに移るとは限りません。狂犬病、日本脳炎、オウム病など人にも移る人畜共通感染症、エボラ出血熱、ハンタウイルス肺症候群、ラッサ熱などの新興、再興感染症の研究と防疫にも獣医師は従事しています。

 意外なことかもしれませんが、公衆衛生の分野の仕事にも就いています。

 肉や卵、ミルクといった食品がよい例ですが、獣医師はそれらを生み出す動物から製品までを知っています。この知識を生かして食品衛生の分野では、生産から加工製造、流通、販売にいたるまで検査、管理、監督の仕事をしています。飼い主のわからない犬や野良猫が引き起こす問題への対応も公衆衛生獣医師の仕事です。

 数え上げていけばまだまだいろいろなところで獣医師は「動物の医療」に携わっています。

 社団法人横浜市獣医師会は、「自然との共生」が大きな課題となっている現代社会の中で、獣医師が自らに課せられた「人間と動物たちの暮らしを守る」という使命を常に自覚し、日々研鑚をつむ中でより良くその職責を果たしていくために設立した団体です。


- UP -