ヴィンテージゴルフ倶楽部・正会員を88万2千円で募集

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ヴィンテージGC(山梨県)正会員を88万2千円で募集
定員は300口、無額面で譲渡可のプレー会員権で
複合リゾートを目指す、会員制のヴィラ等を建設中
経営会社名は、「ヴィンテージリゾート(株)」に変更

ゴルフ特信より、平成21年6月12日

 ヴィンテージゴルフ倶楽部(18H、山梨県北杜市須玉町江草3072、TEL0551-42-1011)は、6月1日から正会員の補充充募集を開始した。

 募集金額は88万2000円(消費税込み)で、無額面で譲渡可のプレー会員権。定員は300口となっている。このため6月1日から9月末の予定で、名義書換えを停止した。

 会員募集は、丸籐ゴルフなど会員権業者6社が募集代行している。現会員数は正会員が約980名、平日会員が約50名としている。

 ヴィンテージGCは、ゴルフ場を核にした複合リゾート施設の構想を進めており、今回の募集はその事業資金等に充当する計画という。現在はロッジの他に、クラブハウスを”5時からヴィンテージ”として、クラブハウス内にあるレストランと居酒屋を営業している程度だが、13番ホールに隣接した5万坪ほとの遊休地などを活用して、リゾート施設の充実を図る。

 すでに、13番ホールヘの車道を整備している他に、”BIGグリーン”を整備中。同グリーンの面積は約500坪で、ピンを6本立ててアプローチ&バッティングを楽しめる施設(6ホールでパー12)として、7月中旬にオープンを予定している。

 今後は、貸し農場、パーぺキュー広場、趣味の広場、オートキャンプ場等を整備する計画。

 さらに、10番ホールの隣接地にはヴインテージヴィラ1棟(定員4名)を建設中で、9月のオープン予定となっている。ヴィラはタイムシェア型で会員募集も行う考え。

 このようなことから、同GCを経営する(株)ピンテージは6月1日から社名を「ヴィンテージリゾート(株)」(山田守郎代表取締役、資本金7500万円)に変更した。山田代表は「ファミリーが当社のテーマ。家族が楽しめる施設を充実させていく」と語っている。

 ちなみに、(株)ピンテージは平成12年設立で、同GCの旧経営会社の再生計画(平成13年4月に再生計画案威立)に基づき、ゴルフ場施設などの営業譲渡を受けた。退会会員等ヘの弁済も承継したが、来年中には弁済を完了するとしている。

 また、設立当初の親会社はダイワ精工(株)だったが、会員gが中心となって設立した「中間法人 倶楽都ヴィンテージ」(現在は一般社団法人)と役職員持株会等が平成16年に1株1円で株式を譲り受けている

 現在は一般社団が4割、役職員持株会が6割の株式を所有しているという。なお、同社としては初の正会員募集となる。

      ↓↓↓ 平成27年1月15日追加

 平成27年2月28日、第2次会員募集(84万円=税別)終了

ヴィンテージGC(山梨県)リゾート会員権募集を開始
9月完成のヴィラ利用権、ゴルフ会員権付きで600万円

ゴルフ特信より、平成21年6月12日

 ヴィンテージゴルフ倶楽部(18H、山梨県北杜市須玉町江草3072、TEL0551-42-1011、経営=ヴィンテージリゾート(株))は、プレー権付きリゾート会員権「ヴィンテージ ゴルフヴィラ」の会員募集を開始した。

 8月から第1期会員募集として行っているもので、会員になるとコース内のヴィラが会員価格で利用でき、さらに正会員1名+登録者1名のプレー権が与えられる。

 募集金額は1口600万円(全て入会金、既会員の入会は480万円)で定員は限定15口、年会費は3万7800円(登録者からは別途同額徴収)となっている。

 同会員権は入会から10年間有効で、その期間が満了した後も52・5万円の入会金を支払えば5年間延長できる。また、第三者への譲渡を認めている他に、10年間の満了前に退会した場合は在籍年数に応じて一定程度返金をするとしている。

 ヴィラは現在1棟(ベットルーム2室+和室で4名以上宿泊可)を建設中で、今年9月には完成予定。この1棟を会員15口がタイムシェアリング方式で利用、1口当たりでは約24泊の権利となる。また、宿泊料は1室1泊で5250円と定めている。

 宿泊料を低額にしたのは「宿泊料はリネン代などに充てるのでほぼ実費。宿泊して大いにプレーを楽しんでいただくのが目的」(山田守郎社長)という。すでに会員数名が購入を検討しているとしている。ヴィラは、さらに棟数を増やす考えだ。

 なお、同GCは既報通り、6月1日から正会員の補充募集を、プレー会員権で88万2000円(消費税込み)、定員300口で行っている。

ヴィンテージGC(山梨県)ワインオーナー事業開始
ブドウ畑完成で、1口1万500円でオーナー募集
オーナーにはワインプレゼント、各種のイベントも
ゴルフ特信より、平成22年5月31日

 ヴィンテージゴルフ倶楽部(18H、山梨県北杜市須玉町江草3072、TEL0551-42-1011、経営=ヴィンテージリゾート(株)、山田守郎代表)は、プレー権付きリゾート会員権「ヴィンテージ ゴルフヴィラ」の会員募集(600万円)や場内に造った”BIGグリーン”の年間会員募集(年金費1万円)など様々な営業企画に取り組んでいるが、今度は「ワインオーナー」の制度を設け、先ごろオーナーの募集を開始した。

 本紙既報通り、同GCは昨年からワイン用のブドウの栽培計画に着手。予定していた農業生産法人・ヴィンテージファーム(住所=コースと同、山田代表)も設立し、借り入れた休耕地約3万平方メートルの内の約2万5000平方メートルをブドウ畑にした。

 今年4月23日にはブドウ苗の記念植樹を催行、北杜市の市長や議員なども出席した。

 ブドウ畑には6品種、約1万本を植え、平成24年秋に収穫し、翌25年にはワインとして販売する予定としている。年間2万7000本のワインの清算を見込んでいる。

 このブドウ畑のオーナーを募集しているもので、募集金額は一口1万500円。芽かき祭(平成23年初夏)、収穫祭(24年秋)などのイぺントにオーナーを招待する他、23年秋にワイン1本、25年春には収穫したブドウで作ったワイン2本をプレゼントする。

 また、10万5000円でゴールドオーナーも募集しており、ゴールドの場合はこの他にぺアで宿泊付きディナーに招待し、ワインを6本プレゼントするなどの特典を付けている。募集は4月から開始しており、これまでに約400名がオーナーになったという。

 ちなみに、山梨県は”指定企業的農業経営推進支援モデル事業”の第1号に同GCのブドウ栽培事業を認定し、約4500万円の事業費の内の5割を補助、さらに北杜市も4割を補助しており、同GCの負担は残り1割という。

 山田代表は「ゴルフ場事業を核にヴィンテージ・リゾートとして開発を進めている。狙いは家族単位の集害で、ブドウ栽培もその一環。ただし、県と市の支援がなければ事業化できなかった」と語っている。

 県や市としては滞在型の観光客を確保するのが狙いで、同GCの事業を支援している。


      ↓↓↓ 平成27年9月15日追加

 平成27年9月15日、経営会社・ヴィンテージリゾート(株)が破産手続き開始決定

このページのトップへ
ヴィンテージGC・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ