ホウライCC、西那須野CC経営のホウライ(株)、18年度はゴルフ場事業が黒字可に

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ホウライ(株)、18年度はゴルフ場事業が黒字可に

ゴルフ特信より、平成18年12月8日

 ジャスダック上場で、不動産業や観光、保険代理業、乳業、ゴルフ場経営等を行うホウライ(株)(中尾秀光社長、東京都中央区)は先ごろ、平成18年9月期(17年10月〜18年9月)の決算短信を発表した。

 それによると同期の売上高は59.81億円で前期比6.8%増となり、営業利益105.3%増、経常利益9.85億円となったが、当期から減損会計を適用した関係で当期利益は50.38億円の損失となったという。

 営業収益は乳業部門以外は全て増収になり、計上利益面では市場からのゴルフ会員権買収に伴う償却益の発生もあり、大幅に増加したとしている。

 減損会計では、ホウライCC(18H栃木県那須塩原市)で16.33億円の損失、西那須野CC(同、同)で39億円の損失となり、それに那須塩原市の遊休資産含め計58.06億円の損失になったという。

 ゴルフ事業部門については、コースグレードの維持・改善に努めると共にきめ細かな営業を展開した結果、来場者数が増加し、営業収益は9.94億円(前期比3100万円増)となった。

 増収効果に加え、経費圧縮と固定資産の減損処理による減価償却負担の軽減を主因に営業原価が大幅に減少し、営業総利益は4500万円(前期比3.44億円改善)と黒字化を達成したという。

ホウライCC 西那須野CC・各ゴルフ場ガイドへ

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ