房総カントリークラブ・房総コース、戦略性アップで改造に着手

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

房総CC(千葉県)、戦略性アップで改造に着手

ゴルフ特信より、平成18年12月6日

 房総カントリークラブ房総ゴルフ場は、コース改造工事のために東コース(18H)を来年の1月9日から4月末まで、原則クローズする。

 東コースは、メイングリーンのベントグリーン(ペンクロス)と補助的なサブグリーン(コウライ)の2グリーンだが、戦略性の向上を目指してベント1グリーンに改造し、併せてバンカーの増設や、プレーヤーから確認できないバンカーを見えるようにする改修や、植栽の充実、フルバックティの新設(5H)などを行う。

 グリーンは床土から改造し、給排水施設を整えると共に、グリーン当たりの面積を現行の約470平方メートルから約600平方メートルに拡大する。また、フルバックティの設置で、コース全長は6979ヤードから7100ヤードに延長される。採用する芝種は、従来通りペンクロス。

 ちなみに、西コース(18H)は、今年9月から営業しながら改造工事を行っている。同コースは2ベントグリーン(ペンクロスとドミネント)を維持するが、やはりバンカーの増設やフルバックティ等を設ける他に、クリークの新設(14番ホール)、美観池の増設などで戦略性を向上させている。

 全長は6466ヤードから6610ヤードになる予定だ。12月末頃までには工事を終了する。改造設計海津康志氏、施行は富田商事で、工事費は自己資金を充当する。

 同クラブの山村章夫社長は、「3年程前から年会費を頂くようになった。それをメンバーに還元するには、コースを充実させることが最善と考えて改造に着手した」と語っている。

房総CC・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ