天野山カントリークラブが民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場「天野山カントリークラブ」経営・大和開発観光株式会社
民事再生法を申請

帝国データバンクより、平成14年12月18日

 大和開発観光(株)(資本金6億5000万円、大阪府河内長野市天野町906−2、井山義一社長、従業員173人)は、平成14年12月18日に大阪地裁へ民事再生手続き開始を申請した。申請代理人は出水順弁護士(大阪市北区西天満4−7−1、電話06-6365-7770)。

 同社は1963年(昭和38年)7月にゴルフ場経営を目的に設立された。「天野山カントリークラブ」(1966年7月オープン、27H)の経営を手がけるほか、パブリックコースの「天野山スポーツプラザ」、中国料理店なども併営し、ピーク時の98年3月期には年収入高約29億3200万円をあげていた。

「天野山カントリークラブ」は南大阪地区では名門コースとして知られ、85年には関西プロゴルフ選手権、90年には日本プロゴルフ選手権が開催されたこともある。

 近年は、国内景気の低迷、ゴルフブームの一巡などから入場者数が減少し、分譲宅地などの増収も売り上げの落ち込みをカバー出来ず、2002年同期の年収入高は約21億9700万円に落ち込み、5期連続で最終赤字を余儀なくされていた。経営内容の悪化が続くなか、預託金償還が相次いだことから自主再建を断念し、今回の措置となった。

 申請時の負債は約156億円(うち預託金約122億円)。

天野山CC、の再生計画案が可決、6月18日に認可
ゴルフ特信より、平成15年6月23日

 昨年12月18日に民事再生法の適用を申請していた、天野山カントリークラブ(27H、大阪府河内長野市天野町906−2)を経営する大和開発観光(株)(井山義一社長、住所=ゴルフ場と同、資本金6億5000万円)は、今年4月に提出していた再生計画案に対する書面決議(6月13日までが回答期間だった)を行い、圧倒的多数の賛成を得て可決、6月18日に認可決定を受けた。

 申請代理人によると、決議内容は回答債権者数2675名の内96.22%に当たる2574名が賛成、債権額(議決権総額125億2051万2684円の内、賛成は107億1025万1629円)でも85.54%が賛成し、可決要件を満たした。

 再生計画案の内容は、ゴルフ場等の施設からの収益を弁済原資とする自主再建型。ゴルフ場会員は、残留する場合は預託金のカットはなく10年据え置かれ、その後の退会については年2700万円か、税引き後利益の50%のいずれか低い方の金額を弁済に充て、返還請求額が多い場合は抽選償還になるという。

 また、退会会員は95%がカットされ、残りの5%は10年分割返済となる(一般再生債権もこれに準ずる)。残留会員の預託金カットがないことについては「会員側の強い要望があり、それを実現した」(申請代理人)としている。

 負債総額は約156億円で、この内預託金122億円を含む一般再生債権が約128億円、金融債権は約27億円としている。なお、この金融債権については代理人側は別除権として約10億円を計上し、銀行側と交渉を行っているとしている。

 今後は、経費節減とともにプレー費の減額など集客への様々な工夫を行い、弁済原資である収益の増加を図る方針。

 また、建設途上で工事が中断している9ホールの増設については、会員からの要望も強く、完成させる方向性を持っているという。但し、今後の収益の中で見通しを模索していく方針で、現時点では、数年後工事に再着手して、平成22年の完成を目指すとしている。

このページのトップへ
天野山CC、9H増設工事で会員を募集
ゴルフ特信より、平成19年5月23日

 既報通り、平成15年6月に自主再建型の再生計画案が成立した天野山カントリークラブ(27H、大阪府河内長野市天野町906−2、TEL0721-53-6531、経営=大和開発観光(株))は、9ホールの増設工事に伴い、縁故会員の募集を開始した。

 同クラブでは、計画中だった9ホールの増設工事を民事再生法の申請等により、平成14年3月以降延期していたが、昨年9月に開催された理事会及び取締役会にて工事再開の承認を得て、翌10月から工事を進めている。

 新コースはパー3、4、5をそれぞれ3ホールずつの構成としており、自然を生かし戦略性に富んだ仕上がりを想定しているという。

 既に9ホールの荒造工事が完了、今後はグリーンやフェアウェイ等の造成工事や芝張り、散水工事に取り掛かる段階で、来年秋にオープンする予定だ。一方、9ホールの増設工事に伴い5月18日から名変を停止し、同時に縁故会員を募集している。

 全日利用可のロイヤル会員(個人・法人=1名記名式)を357.5万円(入会金157.5万円、預託金200万円=20年据置)で定員100名募集する。

 入会条件は、

  @日本国籍、

  A20歳以上、

  B会員1名の保証人、

  C他クラブにおいて正会員として入会していること、

 ・・・・等。窓口は募集代理店の(株)大和プラザ(TEL0721-52-3000)。

 なお、現在の会員数はロイヤル会員が約2100名、ゴールド会員(ロイヤル会員と同資格だが、補助会員としてプラス1名の登録が可能)が約200名としている。

 ちなみに、同クラブが今回の増設工事を開始した昨年10月に、和歌山県のトンネル工事発注を巡る談合事件で、当時同クラブの経営会社代表が競売入札妨害容疑で逮捕されるという事件があった。

 同クラブでは「同じ時期だが工事の進行に影響はなかった」と話している。

このページのトップへ
天野山CC(大阪)増設した南コース完成記念で募集
10月1日オープン、409・5万円で定員150名
ゴルフ特信より、平成20年10月24日

 本紙既報通り、平成15年6月に自主再建型の再生計画案が成立した天野山カン卜リークラブ(36H、大阪府堺市南区別所1549-46、TEL0721-53-5772、経営=大和開発観光(株))は、造成していた9ホールの増設工事完成とともに会員募集を開始している。

 増設したのは南コースの9ホールで、10月1日にオープンした。同CCでは、計画中だった9ホールの増設工事を民事再生法の申請等により、平成14年3月以降延期していたが、昨年9月に開催された理事会及び取締役会にて工事再開の承認を得て、翌10月から工事を進め、今年6月に工事を終了していた。

 増設コースはバー3、4、5がそれぞれ3ホールで構成され、全長は3270ヤードでバー36。設計は谷平考氏が担当した。

 今回の9ホール完成について同CCでは「既存の東・北・西コースと比較するとコース全長はやや短いが、自然環境に配慮したコース作りをコンセプトとしており他のホールとは趣きが違う面白さが生まれた。また10月にオープンということもありターフの状態も良く、良い評判を頂いてる」と話している。

 一方、同CCでは昨年5月に開始し、3ヶ月程で定員に達した縁故募集(357・5万円)に続き、10月1日よりコース完成を記念した会員募集を開始している。

 全日利用可能なロイヤル会員(個人・法人=1名記名式)が409・5万円(入会金199・5万円、預託金210万円=20年据置)で、今回の定員は150名。

 入会条件は、

  @ 日本国籍、

  A 20歳以上、

  B 会員1名の保証人、

  C 他クラブにおいて正会員として入会していること、

 ・・・・等。窓口は募集代理店の(株)大和プラザ(TEL0721-52-3000)。

 現在の会員数は、ロイヤル、ゴールド会員(ロイヤル会員と同資格だが、補助会員としてプラス1名の登録が可能)を含め約2550名としている。

 なお、名義書換えについては前回緑故会員の募集を開始した昨年5月18日より停止中となっている。

  ↓↓↓

 平成21年5月10日に募集を締切り、6月1日より名義書換再開

 名変料は従来通り84万円

このページのトップへ
その他・近畿地方・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ