軽井沢900(ナインハンドレッド)倶楽部が民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場「軽井沢900(ナインハンドレッド)倶楽部」を運営
国際観光開発株式会社・民事再生手続き開始を申請

帝国データバンクより、平成14年8月1日

 国際観光開発(株)(資本金5000万円、長野県北佐久郡軽井沢町大字茂沢1-201、登記面=東京都渋谷区初台1-47-1、勢司敏昭社長、従業員25人)は、平成14年8月1日に東京地裁へ民事再生手続き開始を申請した。申請代理人は野中信敬弁護士(東京都千代田区紀尾井町3-20、電話03-3288-5228)。

 同社は、1979年(昭和54年)4月にゴルフ場などを経営する親会社からの出資を得て設立された。85年に許認可を得て翌年から着工、当初は89年に完成の予定であったが、設計変更から工事計画が大幅に遅れ、92年に「軽井沢900(ナインハンドレッド)倶楽部」(18ホール、長野県北佐久郡)をオープンした。

 親会社ほかグループ会社から資金面での支援を得て運営、97年12月期には年収入高約6億2500万円を計上していた。近時は長引く景気低迷による法人顧客の利用低下および個人の消費意欲減退から来場者数は低調に推移、客単価も低迷していた。2001年3月期(99年より決算期を変更)の年収入高は約4億円2200万円にとどまり、連続欠損計上となっていた。

 こうしたなか、預託金の償還が増加、資金繰りは余裕のない状態を余儀なくされていたことで今回の措置となった。

 負債は預託金約130億円を含み約200億円。

ホテルモントレグループが軽井沢900C(長野県)を取得
ゴルフ特信より、平成18年8月1日

 平成4年に開場した大久保グループの軽井沢900倶楽部(長野県北佐久郡軽井沢町大字茂沢1-201、TEL0267-45-0900)が、平成18年8月1日からホテルモントレグループ(マルイトグループ)の系列下に入ったことが明らかになった。

 同グループによると、7月上旬に同倶楽部を経営する国際観光開発(株)(久保田清志代表取締役、軽井沢町茂沢6217-1)等と契約し、ゴルフ場施設や営業権、従業員等の一切を引き継いだとしている。

 ゴルフ場用地やクラブハウスの所有権は、同グループの中核会社となる丸糸殖産(株)(大阪市北区南森町2-4-4、木下勝弘代表取締役)に移転し、従業員は同グループの運営会社・(株)隨縁カントリー倶楽部(住所=丸糸殖産と同、TEL06-6312-8771、古井明徳社長)が再雇用したという。

 同グループは、平成12年に隨縁CC恵庭コース(旧・丸増ノースヒルGコース、18H、北海道)を取得して、ゴルフ場業界に初参入。これまで取得したゴルフ場は計7コースで、会員制だったゴルフ場は旧経営が会員を整理した後に取得している。

 このため、7コースは全てパブリック制で営業しているが、今回の軽井沢900Cは会員を引き継いでの経営交代で、同グループとしては初の会員制ゴルフ場となる。売買価格は推定で15億円。

 正平合わせて1000名強在籍する会員の預託金(約1億円、平成15年2月12日に認可決定を受けた再生計画で預託金は99%カット後の1%が10年据置の新預託金となっている。再生手続きは今年3月15日に終結)も同グループが承継し、プレー権も従前通り保障。

 また、15年5月に再開した名変は停止せず、クラブ競技は継続して行い、ゴルフ場名も変更する予定は当面内としている。

 運営の(株)隨縁CCでは「同倶楽部は、これまで会員と向き合った運営をしていなかった。今後は会員の信用を得られる運営をして、信頼関係を深めたい。また、コースやハウスなどの施設はレベル以下のメンテナンスしか行われていなかった。そこで、メンテナンスをしっかり行い、来年までにはノーマルな状態に戻す。その上で、将来展望を考えたい」と語っている。

 なお、再生計画に基づいて退会した会員に対する弁済(預託金の1%を平成16年から25年まで分割弁済)等については引き継がないとしている。また、8月1日付けで斉藤省三氏(前・隨縁CC竹岡C総支配人)が支配人に就任している。


     ↓↓↓

 ■平成19年1月1日より、ゴルフ場名変更

 「軽井沢900倶楽部」→「隨縁軽井沢ナインハンドレッド倶楽部

このページのトップへ
隨縁軽井沢ナインハンドレッド倶楽部・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ