桂ヶ丘カントリークラブが民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場「桂ヶ丘カントリークラブ」経営・(株)桂ヶ丘開発
民事再生手続き開始を申請

帝国データバンクより、平成14年6月7日

 平成14年6月7日、桂ヶ丘カントリークラブ(茨城県)経営の桂ヶ丘開発(株)は、東京地裁へ民事再生手続きの開始を申し立て、同日保全命令を受けた。申請代理人は松田耕治弁護士ほかで、監督委員には塩津務弁護士が選任された。負債は約36億円の見込み。

 桂ケ丘開発の当初の母体は上場企業の大都工業で、同CCは平成4年5月にオープンした。しかし、平成9年8月に大都工業が会社更生法申請、これに連鎖して桂ケ丘開発も和議を申請、同和議は11年3月に成立、同4月に確定していた。

 その後同開発は一時不動産鑑定会社系列となったが、桂ケ丘開発の金融債権を保有していたローンスターグループが、昨年10月から同開発の株式を引き受け、運営も同グループ会社があたってきた。

 ただ、経営環境の厳しさから今年4月16日に和議債権者への弁済ができず、今後も和議条件での弁済の見通しが立たないことから、法的整理に踏み切ったという。

 今後は、ゴルフ場会員約400人のプレー権保護を前提に、債務の免除を申し入れることとなり、スポンサーの模索も視野に入れて再建を目指す模様だ。なお、和議成立後に再生法を申請した例に、(株)東京財資GC(再生法では(株)芝山GCに商号変更)のケースがあり、今回が2例目。

 更生法成立(9年2月)後、再生法を申請した極東ノート(株)の例もあり、ここにきて2度目の法的整理を申し立てるケースが増えてきた。これは、前回の法的整理時よりも経営環境が悪化しているもので、今後も増えそうな様相となっている。

ローンスター(LS)グループ売却、新経営会社に
ゴルフ特信より、平成17年10月17日

 ローンスター(LS)グループは、傘下の桂ヶ丘カントリークラブを売却した。売却理由は明らかではないが、同ゴルフ場施設を保有し、プレー会員権の発行会社でもある桂ヶ丘開発(株)の株式を売却したもので、平成17年10月17日から新経営陣(代表取締役社長は望月明氏)を迎えて営業している。

 会員の処遇については従来通りで変更なく、ゴルフ場名も変更していない。また従業員は、同GCを運営していたLSグループのパシフィック・ゴルフ・マネジメント(株)から桂ヶ丘開発に移籍した。

 同ゴルフ場を取得したのは勝田環境(株)(茨城県ひたちなか市大字津田2554-2、TEL029-272-2141、望月福男社長、資本金3000万円)。同社は産業廃棄物処理や浄化槽管理・清掃等を事業としており、木くずチップを燃料にした発電事業などリサイクル事業にも参画している。

 同社はゴルフ場事業に初進出になるが「静かに見守って下さい」と語り、買収理由等についてはコメントを控えている。

 同CCは、旧・大都工業の系列下にあったが、和議を経て平成13年10月にLSグループ入りした。翌14年6月には民事再生法を申請し、同年12月に再生計画案が可決している。

 継続会員には無額面で譲渡可のプレー会員権を発行し、約370名の会員(正会員のみ)が在籍している。

このページのトップへ
桂ヶ丘CC・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ