阿蘇やまなみリゾート&ホテルGC・鹿北ゴルフ倶楽部を韓国系資本のマッケンリーHが取得

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

阿蘇やまなみR&HGC・鹿北GC(熊本県)を韓国系資本のマッケンリーHが取得

ゴルフ特信参照、平成17年5月27日

 「鹿北ゴルフ倶楽部」・阿蘇やまなみリゾートホテル&ゴルフ倶楽部」を経営も、平成16年8月に東京地裁から破産宣告を受けた、旧・緑営グループの東京リゾート(株)が、両ゴルフ場を韓国系企業に譲渡したことが判明、平成17年5月27日から新会社の経営に移行されたという。

 → 緑営グループ関連記事

   ・鹿北GC(18H、熊本県山鹿市鹿北町岩野1259-2)

   ・阿蘇やまなみRH&GC(27H、熊本県阿蘇郡産山村大利630)

 先ごろ開催された債権者集会で破産管財人(三村藤明弁護士、TEL:03-3519-8326)が報告したもので、裁判所の管轄下で行った入札により、韓国でオーダーメイドのゴルフクラブを製造・販売しているMckenly International社(以下=MI社)の関係会社(株)Mckey Holdings(マッケンリー・ホールディングス)に譲渡することを決めたようだ。

 一時期は、同じ韓国系のゴールドキャッスル(株)(韓国で旅行業を営む金城東佑氏がオーナー)に売却する予定だったが白紙になっていた。マッケンリー・Hは、会員の預託金を引継がないものの、プレー権については今年度の年会費納入を条件に承継するという。

 また、両ゴルフ場は経営が代わったことを会員に通知したが、会員権の扱いについては「改めて案内する」旨を報告。破産管財人の話では、破産会社からの配当は極めて困難な状況にあり、会員への配当金は望めない状況のようだ。

 ちなみに、MI社はゴルフクラブの購入者などを会員として組織し、その会員数は約24万人としている。この会員をベースに韓国から両ゴルフ場にツアー客を送り込む考えのようだ。


     ↓↓↓ 平成25年6月20日追加

 阿蘇やまなみRH&GC、同じ韓国系企業に経営交代

 平成25年5月1日から阿蘇やまなみリゾートホテル&ゴルフ倶楽部(熊本県阿蘇郡産山村大利630、TEL:0967-25-2331)の経営会社が交代したことが判明した。

 阿蘇やまなみRH&GC URL=http://www.aso.ne.jp/~yamanami/ (表示方法

 韓国系の(株)Mckey Holdings(マッケンリー・ホールディングス)から、同じ韓国系で旅行代理店等を経営の日本法人・(株)T&Gネットワークスジャパン(住所=コース、鄭永眞=チョン・ヨンジン代表取締役社長)が買収して傘下に収めたもの。

 同GCの会員(無額面のプレー会員権)の権利・義務やゴルフ場名の変更はないという。


     ↓↓↓ 平成27年2月24日追加

 鹿北GC、ホテル経営の(株)シーエイチアイに経営交代

 平成26年12月25日、鹿北ゴルフ倶楽部(TEL:0968-32-3888)は、ホテルセキア(熊本)等の大型ホテルを経営する(株)シーエイチアイ(露崎強社長)の子会社・(株)鹿北ゴルフ倶楽部(後藤大次郎社長)に経営交代したことが判明した(同GCのホームページで発表)。

 鹿北GC URL=http://www.kahoku-golf.com/

 (株)シーエイチアイ URL=http://www.sekiahills.co.jp/overview/index.htm

 旧経営会社は、韓国系の(株)Mckey Holdings(マッケンリー・ホールディングス)で、既報通り、破産した旧・緑営グループから平成17年5月に取得していたもの(鹿北GCの売買価格は未発表)。

 同GCの会員(無額面のプレー会員権)の権利・義務やゴルフ場名の変更はないという。


     ↓↓↓ 平成27年12月10日追加

 阿蘇やまなみRH&GC、鹿北GC、経営が分離した関係で平成28年から独立

 既報通り、経営が分離した下記2ゴルフ場は、これまで姉妹コースとして共通会員制であったが、平成28年1月1日から完全分離する予定であることが判明した。その関係か否かは分かりませんが、阿蘇やまなみRH&GCのホームページアドレスも変更されました。

  ・阿蘇やまなみリゾートホテル&ゴルフ倶楽部
   経営母体:韓国系の日本法人・(株)T&Gネットワークスジャパン

  ・鹿北ゴルフ倶楽部
   経営母体:(株)シーエイチアイ

 分離後も共通正会員(希望者のみ)は残るが、共通会員は現会員のみとなり新規募集・名義書替は行わないというもので、どちらかを選択する形となる(全て正会員)。年会費は下記の通りとなっている。

  @ 阿蘇やまなみRH&GC(年会費1万800円)

  A 鹿北GC(1万800円)

  B 共通(2万1600円)

 阿蘇やまなみRH&GC 新URL=http://www.asoyamanamigolf.com/

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
その他・九州地方の倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ