旧・道成寺CCの日高川コース・紀州ナカツGCに名称変更

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

紀州ナカツGC(和歌山県)・9ホールでオープン

ゴルフ特信より、平成17年1月7日

 平成17年1月10日に営業を停止した旧・道成寺CCの日高川コース(9ホール)が新たに「紀州ナカツゴルフ倶楽部」(9ホール、和歌山県日高郡日高川町、TEL0738-55-0699)として4月23日オープンした。

 旧・道成寺CC(全27ホール)は、18ホール分のゴルフ場を含めた施設を一昨年12月に(株)植島建築事務所が約1億8100万円で競落し、今年4月15日にレオグラードゴルフクラブ(18ホール、経営・運営=(株)レオグラード)として開場した。残り9ホールの日高川コースは競売時入札額で2位だった(株)ナカツが経営・運営を手掛けることで開場に至ったとしている。

 同倶楽部はパブリック制ながら、年会費(1万2000円)を納めれば特別料金でプレーが可能な「サポート会員」を募集しており、現在は数十名が入会しているという。またプレースタイルは2ラウンド(18ホール)が基本だが、1ラウンドのみも可能で参加は1〜5人までとなっている。

 プレー料金(2ラウンド)はビジターが平日3970円(3回以上1回に付1700円)、土日祝日5860円(同2500円)となっている。

 同倶楽部は元来、日高川コースとして道成寺CCから少し離れた場所に位置しており、クラブハウスはなく、事務室と用具倉庫兼用の建物のみで営業する。このため来場者には弁当などの持参を呼びかけているという。同GCでは「誰でも気軽にゴルフを楽しんでもらいたい」と語っている。

紀州ナカツGC・用地問題等により閉鎖
ゴルフ特信より、平成19年1月29日

 9ホールのパブリック制ゴルフ場、紀州ナカツゴルフ倶楽部(9H、和歌山県日高郡日高川町小釜本604、TEL0738-55-0699)は、昨年12月30日から用地問題等により閉鎖していることがわかった。同ゴルフ場は既報通り、旧・道成寺CCの27ホールの内日高川コースの9ホールを分離独立したもの。

 旧・道成寺CCは、佐井地区の18ホールと各施設(ロッジ、クラブハウス等)を競売により(株)植島建築事務所(大阪市、植島優社長)が落札し、レオグラードゴルフクラブ(経営会社=(株)レオグラード)として一昨年4月に再オープン。

 一方で9ホールの日高川コースは入札額2位だった(株)ナカツが経営を引き受けて「紀州ナカツゴルフ倶楽部」として、同じく一昨年4月にオープンした。

 紀州ナカツGCは、佐井地区の18ホールとは立地的に離れた場所にあったため、クラブハウスはなく、事務室と用具倉庫(カート庫)兼用の建物のみで営業していた。ゴルファーは弁当持参で、気軽にゴルフが楽しめることから親しまれていたという。

 現在、同GCは閉鎖しているため今後の計画は不明だが、地元の日高川町では「(株)ナカツは用地問題等から撤退したようだ。

 但し、同ゴルフ場の経営を引き継ぎたいという企業1社が名乗り出ており、再開場の時期は決まっていないが、地元の地権者の方々と協議している段階。地元としても再開場することを望んでいる」と話している。

     ↓↓↓

 平成19年6月、「紀州ナカツゴルフ倶楽部」から「オレンジヒルズゴルフ&リゾート」(TEL:0738-55-8338)にゴルフ場名を改め運営受託会社が営業を再開。

     ↓↓↓ 平成26年12月10日追加

 平成26年10月末日で「オレンジヒルズG&R」を閉鎖、跡地にメガソーラーを建設

レオグラードGC(和歌山県)・1周年記念で新規募集
ゴルフ特信より、平成21年1月14日

 既報通り平成17年4月に経営会社の交代により新名称で再オープンした「レオグラードゴルフクラブ」(18H、和歌山県日高郡、TEL0738-55-0810、旧・道成寺CC)は、新経営1周年を記念し4月15日から会員募集を開始した。

 募集金額は正会員(個人・法人1名記名式)45万円(入会金45万円のみ、プレー会員権、年会費2・52万円)で200口募集する。入会条件は特になく、窓口は(株)レオグラード(TEL06-6268-4550)。

 なお、現在の会員数は個人正会員1024名、法人正会員77名の1101名となっており、同社では「最終的には1800名を目指して今後も募集していく方針」と話している。

    ↓↓↓

 平成21年6月15日、レオグラードGCが名義書換開始

情報掲載に関するお知らせ
 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
このページのトップへ
その他・近畿地方・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ