秩父キングダムゴルフ倶楽部・会員有志の新会社経営に

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

秩父キングダムGC(埼玉県)・会員有志の新会社経営に

ゴルフ特信より、平成17年3月2日

 平成11年に開場した秩父キングダム・ゴルフ倶楽部(埼玉県秩父市荒川小野原607、TEL:0494-54-2280)の経営権等が新会社に移り、会員有志と地元企業の支援のもとで、株主会員制で営業していることがこのほど分かった。(平成17年2月末頃移行)

 同GCは、地元の土木・造園業者の(株)正和興業を母体とした荒川観光開発(株)が、破綻した足利銀行の支援を得て開発・経営してきた。会員募集は700万円(内預託金560万円)で、平成5年に開始したがバブル崩壊もあり募集は低調に推移し、不安定な経営状態だったという。

 経営交代に協力した遠藤直哉弁護士によると、会員有志や地元企業等が先行きを案じて、足利銀行の破綻で荒川観光開発に対する同行の債権が(株)整理回収機構(RCC)に移行する前に、ゴルフ場施設等の営業権や施設所有権についての折衝を行い、法的整理の手続きを採ることなく新会社にそれら権利を移行することに成功したという。

 権利移転に伴う費用等は公表を控えているが、推定1億円強とみられる。

 新会社は(株)秩父の杜カントリークラブ(住所=コースと同じ、坂本亮二社長)で、不動産登記も終了して3月1日から経営をしている。会員は預託金を放棄する代わりに新会社の株式を1口当たり2株を無償で取得した。会員は約60名しか在籍していなかったこともあり、まとまりが良かったようだ。

 この他に有志が出資して株主会員制となったが、主要株主でも過半数の株式は取得していないという。ゴルフ場名については変更する案もあったが、問題が発生する恐れはないとして、変更しなかったとしている。

 なお、破綻前の足利銀行が旧経営の荒川観光開発(株)に対して約100億円を融資した件に関して、現・足利銀行は過剰融資だとして元会長ら6人に損害賠償(総額18億円)を求めている(係争中)。

その他・埼玉県・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ