那珂川ゴルフ倶楽部が民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場経営・(株)那珂川ゴルフ倶楽部が民事再生法の申請

帝国データバンクより、平成17年6月24日

 (株)那珂川ゴルフ倶楽部(中央区八丁堀2-3-2、設立昭和47年11月、資本金2000万円、鴨下存代表、従業員50名)は平成17年6月24日、東京地裁に民事再生手続開始を申し立てた。

 申立代理人は田邊勝己弁護士(千代田区平河町1-7-16、電話03-3511-8550)。監督委員には木澤克之弁護士(中央区銀座6-7-18、電話03-3571-1830)が選任されている。負債は預託金を中心に約187億円。

 同社は昭和47年11月に設立されたゴルフ場経営会社。オイルショックの影響などで一時開発計画が頓挫、59年の経営者交代を経て63年9月「那珂川ゴルフ倶楽部」(栃木県芳賀郡茂木町)をオープンした。

 同ゴルフ場は18ホール、6368ヤード、パー72、96万平方メートルの丘陵コース。関連会社が経営するホテルを併設、ピーク時の平成5年9月期には会員約2700名を擁し年商約10億1000万円をあげていた。

 しかし、バブル崩壊後は利用客の減少に歯止めがかからず業績が低迷、平成16年9月期は年商約4億円にまで落ち込んでいた。このため、プレー料金の値下げやホテル宿泊とセットにした割安のパック商品の販売などで業況回復を図ってきた。

 だが、会員権の預託金償還問題も抱えていたることから現状での自主再建は困難と判断、事業譲渡を前提に今年5月31日鴨下氏が代表に就任し民事再生を申し立てた。今後はスポンサー企業の下、再生計画を提示して会員などの承認を求める予定。

那珂川ゴルフ倶楽部の再生計画案・債権者には一律千円を弁済方針
スポンサー先は(株)エースゴルフ
ゴルフ特信より

 同GCは平成17年11月22日までを期限とした書面投票及び11月30日に開く債権者集会で、再生計画案を決議する。同社は、昭和47年11月25日の設立で、オイルショックでの頓挫後にゴルフ場開発を再開し、63年9月に那珂川GCをオープンした。

 しかし、平成7年に預託金の償還問題が発生。12年には創業経営者の瀧田正男氏が経営権を清水忠士氏へ売却することとなり、清水氏が再建を目指したが、営業好転の兆しが見られず、スポンサー先から代表者の派遣を受け、ゴルフ場再建のために民事再生法を申し立てることとなったと説明している。

 スポンサー先はゴルフ会員権業で、平成15年11月からエースゴルフ倶楽部(藤岡コース)(18H、群馬県)の経営も行っている(株)エースゴルフ(川島敏夫社長、東京都新宿区片町5-2エースゴルフビル、昭和48年4月設立)。

 再生計画の方針は、(株)エースゴルフに那珂川GCを約4億円(未払い借地料を含む)で営業譲渡し、譲渡代金で担保権者を含む債権者や滞納税金の支払い等に充てる。一般債権者や退会会員の弁済額は一律1000円を予定。

 移行してエースゴルフの新倶楽部会員になる場合はその1000円を預託した上、移行の際には事務手数料3万円(消費税別)を支払い、(株)エースゴルフから新証券と新ネームプレートの発行を受けることになる。

 また、エースゴルフが所有する群馬県のエースGCを年会費1万円の上乗せでメンバーフィでプレーできるとも案内。(株)那珂川観光(清水社長)が経営する隣接のホテルについては同観光との事業協定により、提携料金でのホテル利用が可能になる。なお、(株)エースゴルフでは債権者集会で賛同が得られ次第、新名称でゴルフ場事業の再建を図る方針だ。

那珂川ゴルフ倶楽部(栃木県)の再生計画案が成立
ゴルフ特信より、平成17年11月30日

 (株)那珂川ゴルフ倶楽部の再生計画案の賛否を問う債権者集会が平成17年11月30日に東京地裁で開かれ、決議した結果、賛成者が再生法の可決要件を上回り可決した。これを受け同地裁は同日付で認可決定を下した。

 再生計画案は前述通り、(株)エースゴルフに約4億円で営業譲渡し、一般債権者や退会会員へは一律1000円を弁済、移行して(株)エースゴルフの新倶楽部会員になる場合はその1000円を預託した上、移行の際には事務手数料3万円(消費税別)を支払うことなどとなっている。

 再生手続きでの決議では、出席債権者数(書面及び委任含む)の過半数の賛成、議決権総額の2分の1以上の賛成が可決要件。今回の場合は1万人以上(1万1000名弱)の会員がおり、投票しない欠席者が多くなれば議決権額の可決要件を満たさない可能性もあった。

 関係者によると今回の決議結果は、出席者数で反対は7%としており、90%以上の賛成を得たという。但し、債権額では欠席者が多く賛成率は52%だった。つまり、ギリギリのクリアであったわけだ。

 監督委員は「計画案に反対する会員もいて、再度の集会開催も予想されたが、新倶楽部で名変・相続も出来る会員権となることで賛成した人が多かったようだ」と語っている。

 なお、那珂川GCの(株)エースゴルフへの営業譲渡は11月末に行われたという。エースゴルフによると今後、経営引継ぎの他、会員の移行手続きを行う方針で、ゴルフ場名については群馬県のエースゴルフ倶楽部(藤岡コース)(18H)同様に、エースゴルフ倶楽部(茂木コース)に名称を変更して、営業面でも力を入れたいとしている。

     ↓↓↓

 損益通算(税金の還付)に関して

 平成20年9月10日、栃木県の税務署で確認、損益通算はOKとのことです。確認はメンバー様自身が再生計画書を提示して、税務署員と相談の上了承を得たもの。但し、エースGCに移行手続きをされた方が対象。

     ↓↓↓

平成21年1月5日付けで、東京地裁より再生手続き終結決定を受ける

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
エースGC・茂木C・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ