備中高原北房カントリー倶楽部が民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

備中高原北房CC経営のリゾートウェストジャパン(株)が民事再生法を申請

帝国データバンクより、平成17年5月20日

 リゾートウエストジャパン(株)(資本金5000万円、姫路市飾磨区野田町127、代表北純一氏、従業員61人)は、5月20日に神戸地裁へ民事再生法を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は中島健仁弁護士(大阪市中央区北浜1-8-16、電話06-6202-9540)ほか6名。監督委員には田辺重徳弁護士(神戸市中央区多聞通3-3-7、電話078-351-2880)が選任されている。

 当社は、1989年(平成元年)5月に(株)キタブンコーポレーション(姫路市、建物売買業)が開発・造成した「備中高原北房カントリー倶楽部」(岡山県上房郡)の管理を目的として設立。

 99年9月に同ゴルフ場の土地・建物および預託金の返還義務を合わせ譲渡され、その後関係会社の(株)文楽(姫路市、飲食店経営、2005年1月民事再生法)の食堂運営部門も譲り受け業容を拡大、ピーク時の2001年4月期には年収入高約5億8500万円、当期利益約9600万円を計上していた。

 しかし、長引く不況からゴルフ場来場者数の低迷やプレー代の値下げに伴い年収入高は減少傾向となり、2004年同期の年収入高は約4億4800万円まで落ち込んでいた。

 会員権預託金は会員権の分割で対応し、従業員により分割した一部の会員権の販売ルート開拓なども行っていたが、2004年8月に親会社の(株)キタブンコーポレーションが破産宣告を受けたことで、当社への預託金保証債務もなくなり動向が注目されるなか、ついには今回の措置となった。

 負債は金融債務約10億円を含め約60億円の見込み。

 なお、5月26日午後2時より岡山衛生会館(岡山県岡山市)にて債権者説明会を開催する予定。

ゴルフ場「備中高原北房カントリー倶楽部」経営
リゾートウェストジャパン(株)が民事再生法を申請
東京商工リサーチより、平成17年5月20日

 リゾートウェストジャパン(株)(姫路市飾磨区野田町127、設立平成1年5月、資本金5000万円、北純一社長、従業員61名)は平成17年5月20日、神戸地裁へ民事再生手続開始を申し立てた。債権者説明会を5月26日13時30分より「岡山衛生会館」(岡山市古京町)で開催予定。

 申立代理人は小瀧あや弁護士ほか5名(電話06−6202−1088)。監督委員には田辺重徳弁護士(電話078-351-2880)が選任されている。負債は約60億円だが保証債務で大幅に膨らむ可能性がある。

 同社は平成1年5月(株)キタブンコーポレーション(同所、平成16年8月破産)の所有する「備中高原北房カントリー倶楽部」(岡山県真庭市下中津井3933、平成2年9月開場、18ホール、7053ヤード、パー72)の運営・管理を目的に設立された。

 平成11年5月キタブングループの事業再構築の一環としてゴルフ場資産が同社に譲渡され、同時に預託金返還据置期間の延長などの返還請求への対応策を講じてきたが、来場者の減少や客単価の下落から営業赤字が続いていたうえ、預託金返還請求問題が重荷となっていた。

 そうした中、親会社のキタブンコーポレーションが債権者から破産を申し立てられ、昨年8月に破産宣告を受けたことで同社の対外信用が大幅に低下、現状での自力再建は困難と判断して民事再生による再建を選択した。

このページのトップへ
備中高原北房CC・スポンサー型の再生計画案が成立
ゴルフ特信より、平成18年6月25日

 平成17年5月に民事再生法の適用を申請した備中高原北房CCを経営するリゾートウエストジャパン(株)の再生計画案の賛否を問う債権者集会が平成18年6月22日、神戸地裁で開かれ、賛成多数で可決、即日認可決定となった。

 決議結果は、出席債権者数588名の内、87・59%に当たる515名の賛成、議決権額では総額約51億円の内、約37億円の賛成で、再生法の可決要件を満たした。

 弁済条件は、一般債権者及び退会会員は96・5%カット後、残り3・5%を3ヶ月以内に一括弁済する。継続会員についてはカット後の3・5%を新預託金(認可確定後5年据置)とする。

 同倶楽部は、不動産業の(株)キタブンコーポレーションが開発・造成し、平成元年にゴルフ場運営・管理を目的にリゾートウェストジャパン(株)を設立後、11年9月にはゴルフ場資産を(株)キタブンコーポレーションから同社へ譲渡し、10月から同社の経営に移管した。

 同時に会員に対し、据置期間の延長や会員権分割、一部返金などの預託金返還対策を講じてきたが、来場者の減少等が影響したことや、第三者申立により一昨年8月に(株)キタブンコーポレーションが破産を申し立てられたこともあり、法的申請に至った。

 同社の再建方針は、地元岡山県の会社で、のり面保護工事などの環境緑化等を行う日本植生(株)(柴田和正代表、岡山県津山市高尾537-1、TEL0868-28-0251)をスポンサーに迎え再建にあたる。

 日本植生(株)では、今回が初めてのゴルフ場運営になるが「過去にはゴルフ場の造成に携わったこともあり、当社で扱う環境緑化製品や技術をゴルフ場に活かしていきたい。地元経済の活性化に繋がれば」と語っている。

このページのトップへ
備中高原北房CC(岡山県)・10月1日から名変再開
ゴルフ特信より、平成19年10月24日

 既報通り、昨年6月に日本植生(株)をスポンサーとした再生計画案が成立した備中高原北房カントリー倶楽部(18H、岡山県真庭市、TEL0866-52-2883)は、10月1日より名義書換を再開し、期間限定で名変料を免除するキャンペーンを実施している。

 10月1日〜12月31日までの期間は、初回に限り名義書換料を免除するというもの。2回目以降又は来年1月1日からの料金は、正会員(個人・法人)42万円、同一法人内、相続は共に21万円となる。

 入会条件は、日本国籍であること、同CC会員2名の推薦等で窓口はコース。なお、現在の会員数は約900名となっている。

  ↓↓↓(ゴルフ特信より)

 平成21年6月1日〜8月31日まで期間限定で名義書換を再開。名変料は従来通り42万円。

このページのトップへ
その他・中国地方・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ