(株)富士エクセレント倶楽部が民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場経営・(株)富士エクセレント倶楽部が民事再生法を申請

帝国データバンクより、平成17年1月20日

(株)富士エクセレント倶楽部(資本金2億5000万円、愛知県名古屋市中区錦3-23-31、登記面=東京都中央区京橋1-5-5、代表桜井博雄氏ほか1名、従業員50人)は、平成17年1月20日に東京地裁へ民事再生法を申請した。

 申請代理人は長屋憲一弁護士(東京都千代田区平河町2-4-13、電話03-5226-1116)ほか1名。なお、監督委員には池田靖弁護士(東京都新宿区新宿2-8-1、電話03-3356-5251)が選任されている。

 当社は、1996年(平成8年)4月に設立。富士カントリー(株)(名古屋市)グループの1社で、98年以降、「富士エクセレント倶楽部 御嵩花トピアゴルフ場」(岐阜県可児郡、18ホール)など4ヵ所のゴルフ場を運営し、ピーク時の2000年10月期には年収入高約25億2900万円を計上していた。

 2001年11月にはタイガー・ウッズが、当社が経営するゴルフ場でチャリティーゴルフを行い知名度が高まったほか、2002年3月には「稲武カントリークラブ」(愛知県東加茂郡、18ホール)の営業権を買い取り、計5ヵ所のゴルフ場を運営していた。

 その後は、長引く不況でプレー客が減少したうえ、会員権販売の低迷から年収入高は伸び悩んでいた。2003年同期の年収入高は約20億2100万円に落ち込み、関係会社などへのゴルフ場賃借契約保証金に対する多額の貸倒引当金を計上した影響で約561億6400万円の当期損失となり、債務超過に陥っていた。

 こうしたなか、2004年12月に富士カントリー(株)を含むグループのゴルフ場5社が相次いで法的整理を申請したことで対外信用が低下していたうえ、富士カントリー(株)や金融機関からの借入金も多額にのぼり、将来の預託金償還問題の見通しも厳しくなり、今回の措置となった。

 負債は約962億円(うち預託金約470億円)。

 ▽ 富士エクセレントグループゴルフ場

    富士エクセレント倶楽部 伊勢大鷲ゴルフ場(三重県)

   富士エクセレント倶楽部 伊勢二見ゴルフ場(三重県)

   富士エクセレント倶楽部 一志温泉ゴルフ場(三重県)

   富士エクセレント倶楽部 御嵩花トピアゴルフ場(岐阜県)

   稲武カントリークラブ(愛知県)

オリックスグループ、富士C系5コースを取得へ
ゴルフ特信より

 1月20日に民事再生法の適用を申請した(株)富士エクセレント倶楽部は、経営する中部圏の5コースをオリックスグループに資産売却することを明らかにした。

 同社サイドの説明によると、民事再生計画の成立を条件にオリックスグループに全5コースを資産売却するとしている。ちなみに「富士エクセレント倶楽部」冠の付いた4コースは、同社の系列会社が施設を所有しているが、預託金会員権は同社が発行している。稲武CCだけは、同社が施設を所有し、会員権も同社が発行している。

 会員数は共通会員制の富士エクセレント倶楽部が1万975名、稲武CCが590名で、預託金総額は約470億円。同社は1月24日に開始決定を受けており、3月4日までに再生計画案を提出する予定で、計画案は、

  @ 預託金の99%前後カットした残りの1%前後を全会員に弁済、

  A 会員のプレー権はオリックスグループが無額面で譲渡可の会員権
    (いわゆるプレー会員権)を発行して保障する。

 ・・・という内容になっている。

 ちなみにオリックスグループは、いづも大社CC(鳥取)や神鳥谷CC(ひととのや・栃木)など7コースの他、特別清算中の富士カントリー(株)から昨年11月30日に富士C出島C(茨城)等3コースの資産譲渡を受け傘下ゴルフ場は10コースとなっている。富士エクセレントの5コースが加わると、同グループ傘下ゴルフ場は15コースとなる。

   ↓↓↓(損益通算に関して

 売却損による損益通算は出来ません。基本的には、「預託金+プレー権」が継続されなければいけませんが、旧会員は、「無額面のプレー権」のみとなっておりますので、税金の還付を受けることは不可能です。

   →国税庁の見解

富士OGMエクセレントクラブの4ゴルフ場がグループ入りしました
オリックス・ゴルフ・マネジメントホームページより、平成17年6月10日

 2005年5月20日、オリックス・ゴルフ・マネジメント株式会社は旧富士エクセレント倶楽部の4ゴルフ場を、自社運営ゴルフ場として迎え入れました。

 旧富士エクセレント倶楽部は、ひとりの会員が4つのゴルフ場でプレー可能な、隔日会員制度という新しいスタイルのゴルフライフをご提供しており、中部地区において高い評価をいただいております会員制ゴルフクラブです。

 これを機会にクラブ名を「富士OGMエクセレントクラブ」と改め、またそれぞれのコース名も「伊勢大鷲コース」、「御嵩花トピアコース」、「伊勢二見コース」、「一志温泉コース」といたしました。

 富士OGMエクセレントクラブのウェブサイトは近日公開予定です。

 これによりまして当社の運営ゴルフ場は「富士OGMゴルフクラブ出島コース」、「富士OGMゴルフクラブ市原コース」、「小萱OGMチェリークリークカントリークラブ」と併せて7ゴルフ場となりました。

 会員制ゴルフクラブとしての伝統を守りつつ、ご来場いただく皆さまに常に最高品質のサービスを目指してまいります。

このページのトップへ
その他・中部地区・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ