レイクウッドGC・平塚富士見CC等経営の湘南観光開発(株)が特別清算

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場経営・レイクウッドGC(神奈川)等の湘南観光開発(株)が特別清算

帝国データバンクより、平成16年8月27日

 湘南観光開発(株)(資本金1億2500万円、神奈川県中郡二宮町一色1705-1、登記面=東京都港区六本木1-7-28、代表清算人武田晴夫氏)は、8月16日開催の臨時株主総会で解散を決議し、東京地裁へ特別清算を申請、平成16年8月27日に同地裁より特別清算開始決定を受けた。

 申請代理人は小竹治弁護士(東京都港区虎ノ門4-3-13、電話03-5405-8125、会員問合先=03-5570-0088)。

 当社は、1959年(昭和34年)11月設立のゴルフ場経営業者。62年に「平塚富士見カントリークラブ(36ホール、神奈川県足柄上郡中井町)」の「平塚コース」、65年には「大磯コース」をオープンするほか、71年にはパブリックコースとして「レイクウッドゴルフクラブ(36ホール、神奈川県中郡大磯町)」の「西コース」を、同様に73年には「東コース」をオープン(82年より会員制ゴルフ場として会員募集を開始)していた。

 その後も、91年には「レイクウッドゴルフクラブサンパーク明野コース(18ホール、山梨県北巨摩郡明野村)」を、96年には「レイクウッドゴルフクラブ富岡コース(27ホール、群馬県富岡市)」をオープンし、計4つのゴルフ場の運営を行っていた。

 なかでも「平塚富士見カントリークラブ」と「レイクウッドゴルフクラブ」は名門コースとして高い知名度を有し、また都内からの足の便に恵まれ、ピーク時の93年3月期には年収入高約81億1100万円を計上していた。

 しかし、その後は個人消費の低迷などから業績はジリ貧。山梨県で計画していたゴルフ場の開発を中止したほか「レイクウッドゴルフクラブサンパーク明野コース」の2期開発も中止を余儀なくされていた。

 過大な借入金も重荷となるなか、2004年同期の年収入高は約38億5700万円にまで落ち込み、連続欠損計上から債務超過となり、また7月には一部ゴルフ場の預託金返還時期を迎えるなど動向が注目されていた。

 なお、今後はゴルフ場事業を事業承継会社へ承継する予定であり、その間の会員のプレイ権は確保される。尚、名義書換は9月3日より当分の間停止となります。

 負債は預託金約280億円を含み約600億円。

特別精算とは

椿ゴルフより

 申請の対象は株式会社のみで、会社が解散登記されていることが前提となる。債務超過などで清算の遂行に著しく支障をきたす場合などに、裁判所の下で清算業務を進める形となる。

 解散登記により就任した清算人が整理の手続きを行い、債務弁済の金額・時期・方法などを定める協定案を作成する。破産手続きと大きく異なり、債権調査・確定の手続きがなく、財産換価も一定の金額までは清算人が自由にでき、小口債権者には裁判所の許可を得た上で協定外で弁済することも可能。

このページのトップへ
湘南観光開発(株)のスポンサーに日本土地建物(株)
平成16年9月15日

 『湘南観光開発(株)(資本金1億2500万円、神奈川県中郡二宮町一色1705-1、登記面=東京都港区六本木1-7-28、代表清算人武田晴夫氏)は、8月16日開催の臨時株主総会で解散を決議し、東京地裁へ特別清算を申請、平成16年8月27日に同地裁より特別清算開始決定を受けた。』と報じたが、

 9月9日にレイクウッドGC(神奈川)の会員を対象にした説明会で、再建のスポンサーの1社として、不動産ディベロッパーで、大多喜CC(千葉)の主要株主でもあり、みずほ銀行の親密企業としても知られている日本土地建物(株)(東京都、資本金50億円)を迎えることを表明した。

 話によると、4コース全てのゴルフ場を事業継承するのは、(株)レイクウッドコーポレーションで、その会社に出資する複数企業の1社が日本土地建物。他の出資会社については「出資会社の意向などもあり、現時点では話せないが、有力企業です」と話しているという。

 会員のプレー権は保障されるが、預託金はカットされる模様で、詳細は債権債務を確定中ということもあり説明されなかった。

 尚、特別清算を選択した理由については、「債権額で75パーセントの同意がないと成立しないハードルの高い手続きだが、ソフトランディングが可能な再建を図ることができるため」と説明した。

このページのトップへ
湘南観光開発、事業承継会社のスポンサーに清水建設も
ゴルフ特信より

 4コースを経営し、8月27日に東京地裁から特別清算の開始決定を受けた湘南観光開発(株)(東京都、武田晴夫代表清算人、会員専用電話=TEL03・5570・0088)は、4コース全てのゴルフ場を事業承継する企業にゼネコンの清水建設(株)(東京都港区)が出資することや、特別清算の協定案を明らかにした。

 湘南観光開発は9月に開いた説明会で、(株)レイクウッドコーポレーション(東京都港区虎ノ門1-1-3、岡山宗康代表取締役)がゴルフ場事業を承継し、その事業承継会社にみずほ銀行の親密企業である日本土地建物(株)(東京都千代田区)及び同社の系列会社が出資する(スポンサーとなる)としていた。今回、新たに清水建設をスポンサーとして迎えたことを公表。

また、上場またはそれに準じる有力企業2社(内1社は上場の金融機関)の出資も予定されているとしている。

 一方、協定案によると、会員の預託金を含む一般債権の弁済率は、

  @ 30万円以下の部分は100%、

  A 30万円超の部分は8・5%、

 ・・・・で、協定の認可決定確定後6カ月以内に配当するとしている。さらに、残余財産があるときは£ヌ加配当を、同じく認可決定確定後6カ月以内に行うとしている。説明によると、追加配当は3%以上になる模様だ。

 プレー権を継続したいとする会員は、認可決定確定の日から60日以内に申し込むと、配当金を預託金額とした新会員権(10年据置)を事業承継会社が発行するとしている。なお、債権者集会は来年1月25日午後2時から東京の日比谷公会堂で開かれる。

このページのトップへ
特別精算の協定案が可決
ゴルフ特信より、平成17年1月25日

 特別精算の開始決定を受けた湘南観光開発(株)の債権者集会が1月25日に東京の日比谷公会堂で開かれ、賛成多数で特別精算の協定案が可決した。

 決議結果は総債権額559億4830万3818円の内の90・25%が賛成、出席債権者数3120名の内98・94%に当たる3087名の賛成で、特別精算の可決要件(総額債権の4分の3以上、出席者債権の過半数の賛成)を満たした。

 協定案は前記事通り。事業を継承する会社や会員のプレー権等については、協定案外の通知で説明しているが、既報通り(株)レイクウッドコーポレーション(岡山宗康代表取締役)がゴルフ場事業を承継するとし、その事業承継会社にみずほ銀行の親密企業である日本土地建物(株)及び同社の系列会社、清水建設が出資すること(スポンサーになる)を報告している。

 この他に上場企業の2社が出資する予定で、2月下旬にも2社の社名を含め新体制が明らかになると見られる。

 プレー権については、継続を希望する会員は協定案の認可決定確定の日から60日以内にその旨を申し込むと、レイクウッドコーポレーションが配当金を預託金額とした新会員権を発行する。

 ちなみに、湘南観光開発は、債権者集会で同グループ傘下のレイクウッドGC富岡コース(群馬)で起きたスキミング事件に触れ、現在判明している被害額は1億3900万円で、4コースの運営会社である湘南商事(株)を含めて「何らかの補償をせざるを得ないであろう。追加配当に多少の影響が出ることもある」と説明した。

このページのトップへ
株主に損保ジャパンが加わる
ゴルフ特信より

 4コースを経営する(株)レイクウッドコーポレーションは、新たに1社が加わったことを先ごろ明らかにした。また、名義書換も早ければ今秋に再開される模様だ。

 新株主は、上場企業で損保業界2位の損保ジャパン((株)損害保険ジャパン、東京都新宿区)。これにより、明らかになった同社の株主は、筆頭となる日本土地建物(株)グループと、清水建設(株)を含む3社となった。全てみずほ銀行関連の企業で、今後も手続きを踏んだ上で同銀行関連の大手企業5社ほどが株主として公表される予定で、その内の1社は伊藤忠商事(株)ではないかとみられている。

 一方、会員権業者を中心に名義書換えの再開が待望されているが、当初予定よりは遅れているようだ。特別精算手続き中の旧経営会社・湘南観光開発(株)の配当金額が定まっていない(追加配当は8月目途)ことや、会員の移行手続きが遅延気味となっていることから名変再開が遅れているもの。

 レイクウッドGCと平塚富士見CCの手続きは、比較的スムーズに進んでいるが、レイクウッドGC富岡コースとレイクウッドGCサンパーク明野コースが遅れており、加えて退会者も多い模様だ。このようなことから、名変再開時期の予定が立たないとしているが、追加配当の終了後には再開したい意向があるようだ。

 法的整理になったとはいえ、レイクウッドGCと平塚富士見CCの会員権は根強い人気があり、念書売買でも買いが売りを上回っている。この2コースが名変を開始すれば、平均相場はアップして会員権市場が活性化するとみる向きもある。

このページのトップへ
系列4コースが10月11日から名変再開
ゴルフ特信より

 4コースを経営する(株)レイクウッドコーポレーションは、10月11日から4コースの名義書換を再開する。また、名変再開に当たって同社は、プレー権の継続を申し込んだ会員に新会員権証書(会員証)を10月1日を目途に発行する。

 当初同社は旧経営会社・湘南観光開発(株)の債権者に対する最終配当額が定まってから、確定配当額を預託金とした新預託金証書(預託金会員権)を発行して名変を開始するとしていた。しかし、その配当の手続きが遅れ、これに引きずられて名変が開始できない状態となった。

 一方で、名変を開始するよう要望する声も多く、この要望に応えるために当面の間は会員証(優先的施設利用権を証明する証書)を先行して発行し、単独で流通できるようにしたもの。最終配当額の確定後には新預託金証書も発行し、その後は「新会員権証書+新預託金証書」のセットで名変を受け付ける。

 名変料については従来通り(レイクウッドGC=100万円、平塚富士見CC=140万円、平70万円、レイクウッドGC富岡コース=80万円、レイクウッドGCサンパーク明野コース=80万円)とする予定。名変窓口は、同社の会員事務局(TEL:0463-71-0640)。

 ちなみに、会員を含む多くの関係者が同グループの名変再開を望んでいたためか、同社が名変再開を通知した後に会員事務局に問い合わせが殺到しているようだ。


     ↓↓↓

 平成23年2月1日、4ゴルフ場の経営会社・(株)レイクウッドコーポレーションは会員の最終配当金を受領し、新預託金証書(10年据置)の発行を行った。新預託金証書の額面は、弁済率(確定配当率5・8809405723%)に基づく金額となっている。


     ↓↓↓

 平成23年3月30日、旧経営会社・湘南観光開発(株)は東京地裁から特別精算終結決定を受けた。

このページのトップへ
平塚富士見C ・ レイクウッドG ・ サンパーク明野コース ・ 富岡コース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ