グレイスヒルズカントリー倶楽部・民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

グレイスヒルズCC(三重県)、映画館運営、飲食店の
株式会社ヘラルドコーポレーションが民事再生法を申請

帝国データバンクより、平成15年12月5日

 (株)ヘラルドコーポレーション(資本金3億円、愛知県名古屋市中区大須2-16-26、登記面=名古屋市中区錦3-11-23、古川爲之社長、従業員82人)は、平成15年12月5日に名古屋地裁へ民事再生法を申請し、同日、同地裁より開始決定を受けた。

 申請代理人は鈴木五十三弁護士(東京都港区虎ノ門3-22-1、電話03-3578-8681)ほか2名。なお、監督委員には上野精弁護士(名古屋市中区丸の内3-15-15、電話052-971-5277)が選任されている。

 当社は1921年(大正10年)に創業し、1948年(昭和23年)5月に喫茶・レストランなどの経営を目的に設立された。87年にはグループ会社を吸収合併し、映画館やボウリング場、アミューズメント施設の運営を手がけていた。

 98年にはビジネスホテルの経営にも進出、ピーク時の99年1月期には年収入高約54億6000万円を計上していた。

 さらに、2000年4月には約250億円を投じて三重県四日市市に「グレイスヒルズカントリー倶楽部」をオープン、関係会社が同ゴルフ場の運営を手がけるなど、近年まで事業拡大路線を推し進めていた。

 その後は郊外型シネコンとの競合や景気低迷から業況は悪化、映画館および飲食店の不採算店閉鎖を余儀なくされ、2003年同期の年収入高は約31億7000万円に落ち込んでいた。

 この間、ゴルフ場への投資に伴う借入金が収益を圧迫、2000年から4期連続の経常損失を余儀なくされ大幅な債務超過に陥っていた。このため、所有不動産の売却による有利子負債の圧縮を模索してきたが、担保資産価値の下落から売却が難航していたうえ、2007年から始まるゴルフ場の預託金(約96億円)の償還の見通しも立たなくなっていた。

 負債は約300億円。

その他・中部地区・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ