緑営開発(株)・民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場経営大手・緑営開発株式会社民事再生法を申請

帝国データバンクより、平成15年8月4日

 ゴルフ場経営大手の緑営開発(株)(資本金1億円、東京都新宿区新小川町8-8、吉崎満雄社長、従業員30人)は、平成15年8月4日に東京地裁へ民事再生法を申請し、同日保全命令を受けた。申請代理人は片山英二弁護士(東京都中央区八重洲2-8-7、電話03-3260-1192)。

 同社は、1972年(昭和47年)1月にゴルフ場経営を目的として設立。以降、「上毛高原カントリークラブ」(群馬県利根郡、後に沼田スプリングスカントリー倶楽部(現・ゴルフクラブ スカイリゾート)に名称変更)、「福島カントリー倶楽部(現・福島CC)」(福島県福島市)、「山形スプリングスカントリー倶楽部」(山形県東置賜郡)、「妙義スプリングスカントリー倶楽部(現・妙義CC)」(群馬県甘楽郡)などのゴルフ場を次々とオープンし業容を拡大、ピーク時の92年12月期には年収入高約92億7400万円を計上していた。

 その後も、「玉川スプリングスカントリー倶楽部(現・玉川CC)」(埼玉県比企郡)をオープンするなど直営で9ヵ所のゴルフ場経営を手がけるほか、関係会社でもゴルフ場の経営にあたり緑営グループを形成、業界大手の地位を確立していた。

 しかし、景気低迷が長引くなか各コースの入場者数の減少や客単価の下落により、業績は次第に低迷。2000年同期の年収入高は約52億7600万円にまで落ち込み、赤字決算を余儀なくされていた。加えて、各ゴルフコースへの投資から300億円を超える借入金を抱えていたが、借入金の一部が整理回収機構(RCC)へ移っていたことや、預託金返還要請も増してきたことで余裕に乏しい運営を余儀なくされていた。

 このため、メーンバンクであるりそな銀行など金融機関から返済条件の緩和など支援を受ける一方、各コースの運営を関係会社に委託するなど立て直しに努めていたが、2002年同期の年収入高は約43億8700万円に落ち込むなど業績悪化に歯止めがかかっていなかったうえ、最近では、「佐原スプリングスカントリー倶楽部」(千葉県佐原市)の預託金償還がネックとなり、資金調達も限界に達するなど、信用は低下し動向が注目されていた。

 負債は2002年12月末時点で約1200億円。

 新スポンサーには、ゴールドマン・サックスグループ(GS)が?→関連記事

ゴルフ場経営・東京湾観光株式会社民事再生法を申請
ゴルフ特信より

 緑営開発(株)のグループ会社でゴルフ場経営大手の東京湾観光(株)(資本金1億円、東京都新宿区新小川町8-8、吉ア満雄社長、従業員30人)は、8月4日に東京地裁へ民事再生法を申請し、同日保全命令を受けた。申請代理人は片山英二弁護士(東京都中央区八重洲2-8-7、電話03-3260-1192)。

 同社は、ゴルフ場の経営を目的として1973年(昭和48年)10月に設立、78年に緑営開発の傘下となった。以降、「東京湾スプリングスカントリー倶楽部」(千葉県袖ヶ浦市)、「成田スプリングスカントリー倶楽部」(千葉県香取郡)、「千葉スプリングスカントリー倶楽部」(千葉県香取郡)など相次いでゴルフ場をオープン、国内5ヵ所のゴルフ場経営を手がけ90年3月期の年収入高は約87億4200万円を計上していた。

 しかし、景気低迷が長引くなか各コースの入場者数が減少、客単価の下落から業績は低迷を余儀なくされていたうえ、500億円を超える多額の借入金が経営を圧迫、2001年同期の年収入高は約54億1500万円にまで落ち込んでいたうえ、それまで猶予されていた金利の支払いをおこなったことなどから最終赤字となっていた。

 各コースの運営を関係会社に委託するなど立て直しに努めていたが抜本的な改善には至らず、2002年同期の年収入高も約48億3200万円にとどまり、借入負担と預託金の償還問題が大きな重荷となっていた。

 グループの中核である緑営開発(株)とともに動向が注目されるなか、8月4日に緑営開発(株)が民事再生法を申請するに至り、当社も自主再建を断念、今回の措置となった。

 負債は2002年3月末時点で約1300億円。

      ↓↓↓

 平成16年4月28日、東京地裁から再生計画認可決定を受ける

 緑営グループ2社の再生計画案が、書面投票により、集計の結果、賛成多数で東京地裁から認可決定を受けた。

 @ スポンサー型の再生計画

     ・スポンサーはゴールドマン・サックス・グループ
     ・社分割でゴルフ場事業と温泉事業を切り離す

 A 再生条件

  ▽ 緑営開発株式会社(9コース経営)
   ・退会者への弁済率は0・35%で、会社分割期日から3ヶ月以内に一括弁済
   ・継続会員は0・35%をゴルフ場事業を引き継ぐ新会社に10年据置で再預託
   ※沼田スプリングスカントリー倶楽部(群馬)の会員は、同開発が経営する他8コースに移籍する

  ▽ 東京湾観光株式会社(5コース経営)
   ・退会者への弁済率は1・35%で、会社分割期日から3ヶ月以内に一括弁済
   ・継続会員は1・35%をゴルフ場事業を引き継ぐ新会社に10年据置で再預託

ゴルフ場経営・東京湾観光株式会社民事再生法を申請
ゴルフ特信より

 ゴルフ場経営大手の緑営開発(株)(資本金1億円、東京都新宿区新小川町8-8)および東京湾観光(株)(資本金1億円、東京都新宿区新小川町8-8)など緑営グループ9社は、8月4日に東京地裁へ民事再生法を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は片山英二弁護士(東京都中央区八重洲2-8-7、電話03-3260-1192)。なお、監督委員には三村藤明弁護士(東京都港区虎ノ門1-6-12、電話03-3519-8321)が選任されている。

 負債は9社合計で約3111億円(うち預託金は約1673億円)。

 民事再生法を申請したグループ会社は以下の通り。なお、緑営開発(株)および東京湾観光(株)の代表は、吉崎満雄氏から鎌田隆介氏に交代している。

◆民事再生法を申請した緑営グループ9社◆

1.緑営開発(株)(東京都新宿区新小川町)
2.東京湾観光(株) 同上
3.東京リゾート(株) 同上
4.猪苗代高原リゾート(株) 同上
5.緑営観光サービス(株) 同上
6.緑営建設(株)(埼玉県東松山市高坂)
7.九州リゾート(株)(大分県大分市)
8.(株)蘇水峡開発(岐阜県加茂郡)
9.中越観光開発(株)(新潟県南蒲原郡)

└■各コース別
├小名浜スプリングス
├三島スプリングス
├東京湾スプリングス
├成田スプリングス
├千葉スプリングス
├佐原スプリングス
├児玉スプリングス
├妙義スプリングス
├山形スプリングス
├新潟SCC三条C
├新潟SCC出雲崎C
├沼田スプリングス
├福島カントリー
├玉川スプリングス
├阿蘇やまなみ
├鹿北ゴルフ倶楽部
├佐渡ゴルフクラブ
├猪苗代ゴルフクラブ
└岐阜スプリングス
情報掲載に関するお知らせ
 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
このページのトップへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ