茜ゴルフ場経営の高橋リゾート開発(株)が自己破産を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場「茜ゴルフ場」(北海道)経営・高橋リゾート開発株式会社・自己破産を申請

ゴルフ特信より、平成13年12月30日

 高橋リゾート開発(株)(資本金7500万円、北海道伊達市北黄金町123、高橋康秀社長、従業員90人)は、平成13年12月28日に札幌地裁へ自己破産を申請していたことが判明した。

 申請代理人は原洋司弁護士(札幌市中央区大通西15丁目、電話011−615−7110)。

 同社は、1989年(平成元年)5月に設立されたゴルフ場の運営会社で、伊達市で27ホール、9985ヤードの「茜ゴルフ場」の運営を手掛けていた。設立後の準備期間を経て、94年9月に茜ゴルフ場はオープンし、95年12月期には年収入高2億3600万円内外を計上していた。

 しかし、ゴルフ場の造成開発に際して金融機関からの借入金に依存していたうえ、道内のゴルフ場は顧客獲得競争が激しく、景気低迷の長期化による客足の伸び悩みなどから収入高に伸展は見られず、96年同期の年収入高は約2億4500万円にとどまり、借入金負担等から収益面では赤字基調が続いていた。

 この間、97年11月にはメーンバンクの北海道拓殖銀行が経営破たんしたことで金融機関からの資金調達余力を失っていたうえ、集客面でもかげりが見え始め、先行きの見通しが立たなくなったことから今回の措置となった。


     ↓↓↓ 平成22年1月10日追加

 ゴルフ場名を、「茜ゴルフ場」 → 「新茜ゴルフ倶楽部」に変更

 新茜GCをアサヒ商会が取得し27ホールの営業目指し整備開始


     ↓↓↓ 平成29年1月7日追加

 平成28年11月をもって新茜ゴルフ倶楽部を閉鎖

その他・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ