キロロゴルフクラブが営業停止に

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ヤマハ、キロロGC(北海道)の営業を10月末で終了

ゴルフ特信より

 東証一部上場のヤマハ(株)(静岡県浜松市)は、子会社で運営しているキロロゴルフクラブ(18H、北海道余市郡赤井川村冨田148-1、TEL0135-34-7072)を今年10月末で閉鎖すると平成15年5月9日に発表した。閉鎖に伴いゴルフ場の建物。構築物等の評価額10億4000万円を今年3月期に前倒しして特別損失に計上する。

 同GCは、リゾート施設「キロロ」の夏の集客施設として平成5年にオープン。法人の福利厚生用として4200万円等で数種類のリゾート会員権も募集した。

 当初は専門の事業子会社で開発したが、開場後はヤマハリゾートに移管され、昨年4月には「キロロ」と同GCの運営を新たに設立した運営子会社・(株)キロロアソシエイツ(中島弘社長)に委託、また既報通り昨年10月には、ヤマハ(株)がヤマハリゾートを吸収合併し、会員権の預託金償還にも耐える体制を敷いていた。

 ヤマハによると今回の決定は、「現在の経営情勢及び、北海道内ゴルフ場の低価格化傾向が続く環境認識の下、今後の売上げ見通し、中期的な営業キャッシュフローの黒字化の可能性を検討した結果、事業の選択と集中の観点から閉鎖することが妥当との判断に至った」といている。

 ゴルフ場以外のスキー場、宿泊施設等の「キロロ」は営業を継続する。ちなみに、ヤマハでは静岡県の浜名湖湖畔で営業しているホテル・レストランの「寸座ビラ」も今年6月末で閉鎖する予定で、「営業ペースのキャッシュフローで黒字が出ない事業は、運営会社での営業継続が困難」として、撤退を決めたという。

 キロロリゾートの会員数は184名で、今年12月に約100億円の預託金償還時期が到来するが、「今年9月頃には会員に案内し、返還請求があれば対応したい」(広報室)としている。

 また、ゴルフ場の今後については「営業を継承する企業が出てくれば対応したい。最悪の場合は原野に戻すことになる」という。キロロGCの従業員70名(内、正社員は7名)については運営子会社において、職種転換を含めた最大限の雇用確保の努力をするとしている。

 発表によれば、キロロGCの昨年3月期のゴルフ場利用者数は2万1000人で売上高は2億1000万円だったが、今年3月期では1万9000人で売上高は1億8000万円に落ち込んでいたという。

 なお、ヤマハ(株)は今年3月期の連結決算で、前期比4.4倍増となる338億円の経常利益を計上するとしている。

ヤマハのキロロGC(北海道)、いまだ営業再開ならず
ゴルフ特信より、平成16年6月

 キロロゴルフクラブは、昨年10月末に閉鎖して譲渡先を模索してきたが、いまだ調整が付かずクローズしたままとなっている。

 同GCは東証一部上場のヤマハ(株)子会社が運営していたが、既報通り「営業ベースのキャッシュフローで黒字が出ない」として閉鎖を決めた。その後、ゴルフ場の譲渡先を模索し続け、現在も買収を希望する企業と折衝中としている。

 もっとも、条件さえ合えば他への売却も視野に入れている模様だ。このため、コースはいつでも営業を再開できるように整備は続けているとしている。

 ちなみに、同GCはリゾート施設「キロロ」(札幌駅からは60キロ強)の施設の一環としてオープン。ゴルフ場からはかなり離れているが、同じ赤井川村内にホテル2棟(計424室)や研修施設、スキー場(5コース)、アミューズメントなどの施設があり、これら施設は継続してヤマハグループが経営する。

 なお、ゴルフ場を含むリゾート施設の会員184名の預託金約100億円は、昨年12月には据置期間が満了。退会希望者には、預託金を順次返還している。

ヤマハのキロロGC、3年ぶりに営業再開へ
ゴルフ特信より、平成19年1月19日

 キロロゴルフクラブ(18H、北海道余市郡赤井川村冨田148-1、平成5年開場、TEL0135-34-7070)が、新経営となり今年から営業を再開する動きにあることが、このほどわかった。

 会員制だった同ゴルフ場は、東証一部上場のヤマハ(株)(静岡県浜松市)が経営していたが、既報通り約100億円の預託金問題を抱えていた上に、年間入場者数が2万人前後と低迷していたことから、平成15年のシーズンオフに閉鎖し、預託金を会員に返還して譲渡先を模索していた。

 しかし、立地条件が悪くゴルフ場を相次いで買収し拡大路線を敷いている大手を含む企業も関心を示さなかったため、3年間も買い手が付かなかった。

 その間もヤマハは、コースメンテナンスを継続しながら売却計画を進めていたところ、宮本土建工業(株)(北海道小樽市奥沢1-19-4、TEL0134-25-8787、宮本和彦社長、資本金3000万円)グループと売買契約がまとまり、昨年12月に同ゴルフ場施設を同工業の子会社・(株)レラゴルフクラブ(本社=コースと同、資本金2000万円、宮本和彦社長)に譲渡した。

 宮本土建工業は、100年前の1907年に創業した老舗で、砂利や砕石を扱う他に土木を中心とした建設業も行っている。同社の宮本義久専務は、赤井川村の村長と高校時代に同級生で、村長から要請され同ゴルフ場を買収したという。

 ゴルフ場名は「レラゴルフクラブ」に変更して、パブリックで営業を再開する予定。キロロGCとして営業していたときに支配人を務めたこともあるレラGCの石川栄一支配人は、「コース整備や、クラブハウスの屋根の張り替えのため、営業再開は7月頃となるが、状況が良ければ早めに営業を行う考え」と語っている。


     ↓↓↓

 平成19年6月27日、「レラゴルフクラブ」としてオープン。運営はパブリックで、年間会員の「レラの会」を1万円で募集している。


     ↓↓↓

 平成22年9月中旬、レラGC(北海道)を中国資本が買収か?、株式取得し、(株)キロロ・ゴルフ&リゾートに商号変更


 関連情報

 ■平成19年7月31日、ヤマハが合歓の郷ゴルフクラブ(三重県)を売却

 ■平成20年12月、伊勢カントリークラブ(三重県)を売却

このページのトップへ
その他・倒産関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ