あづみ野CCも預託金償還対策で中間法人設立

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

あづみ野CC(長野県)も預託金償還対策で中間法人設立

ゴルフ特信より、平成15年5月16日

 あづみ野カントリークラブ(18H、長野県南安曇郡穂高町大字牧2050-1、TEL0263-83-5225)を経営する長野県信連と旧・協和銀行の系列の「あづみ野カントリークラブ(株)」(本社住所同、辻寛社長)は、預託金の保全を目的に中間法人を設立することを決めた。

 同クラブは昭和61年開場で、昭和59年から平成にかけて預託金ベースで250万円から700万円の募集を行った。預託金の据置期間は10年で、ほとんど据置期間が満了しており、7年ほど前から預託金の償還請求が発生。これまでに2百数十名の償還に応じたという。

 しかし、今後も預託金の償還請求が続くと、償還に応じられなくなる可能性があることから、中間法人法を利用して「有限責任中間法人・あづみ野メンバーズ」(仮称、基金300万円)を設立し、償還請求問題に対応することになったもの。→中間法人制とは

 会員は中間法人に社員として加入し、個々会員の預託金償還請求を制限する。一方で、中間法人はその預託金を保全する方策として、同ゴルフ場施設に抵当権を設定する。

 金融機関が抵当権を設定(5億円未満)している関係から2番抵当となるが、それでも経営が破綻した場合には、抵当権の効力を発揮できると同クラブはみている。

 また、このような中間法人の設立で「償還問題については、全会員の公平性を保つことが出来る」と説明しており、該当する約1100名の会員の内、すでに約700名の同意を得ているという。

 なお、5月25日には定款の制定や役員を決める総会を開く。

あづみ野CC・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ