プレスカントリークラブが民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場「プレスカントリークラブ」(群馬県)経営
株式会社群馬プレスカントリークラブ・民事再生法の適用を申請

帝国データバンクより、平成15年4月25日

 (株)群馬プレスカントリークラブ(資本金8000万円、群馬県安中市安中5853、宮下一東洋社長、従業員15人)は、平成15年4月25日に東京地裁へ民事再生法を申請した。申請代理人は松嶋英機弁護士(東京都港区虎ノ門5-1-5、電話03-3433-7631)。

 同社は、ゴルフ場経営を目的として1985年(昭和60年)7月に設立された。89年9月より造成に着手、仮オープンを経て、93年5月に「プレスカントリークラブ」(18H)として正式オープンした。自然に彩られたフラットなコースとして一定の評価を得て、96年6月期の年収入高は約9億6000万円を計上していた。

 その後、入場者数の減少、客単価の下落から業績は低迷、2001年同期の年収入高は5億円内外にまで落ち込んでいたうえ、この間、99年10月には取引金融機関であった新潟中央銀行が経営破綻したことで、借入金が整理回収機構へ移管されていた。

 業績に回復が見られないなか、年商を大幅に上回る借入金を抱えていたことで、毎期大幅な赤字決算を余儀なくされるなど苦しい運営が続いていた。

 負債は約286億8500万円。

プレスカントリークラブ・(株)レーサムリサーチに営業譲渡
ゴルフ特信より、平成15年8月

 同クラブを経営していた(株)群馬プレスカントリークラブは4月25日に民事再生法の適用を申請。申請時から店頭登録の(株)レーサムリサーチ(東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル41階、田中剛代表取締役、資本金52億8360万円)の子会社に営業譲渡する事が内定していた。

 営業譲渡を受けたのは、レーサムリサーチが新たに設立した100%子会社の泣Aセット・ホールディングス(住所:レーサムリサーチと同じ)。同社は施設所有会社となり、同時に設立した泣lットチャートメネジメントが運営を行う。

 ゴルフ場従業員は再雇用し、9月1日付けで本藤亮支配人が総支配人に、佐藤始副支配人が支配人に就任している。尚、(株)群馬プレスCCの再生計画案の提出期限は9月19日で、同日以降に会員等へ再生条件が明らかになる。

  ↓↓↓平成20年1月1日付け

 (株)レーサムリサーチは、(株)レーサムに社名変更し本社を千代田区霞ヶ関3-2-1、霞ヶ関コモンゲート西館36階、TEL03-5157-8888)に移転した。

プレスCC(群馬県)営業譲渡型の再生計画案可決
レーサム系ヘの譲渡(9月1日)を追認した形に
退会会員に対しては預託金の0・85%を一括弁済
継続は弁済ゼロとなり、プレー会員権に切り替え
ゴルフ特信より、平成15年11月12日

 プレスCC(18H、群馬県安中市安中5853)を経営し、民事再生手続中の(株)群馬プレスカントリークラブ(申請代理人=松嶋英機弁護士、TEL03-3433-7631)の債権者集会が11月5日に開かれ、再生計画案を賛成多数で可決し、東京地裁から即日認可決定を受けた。

 決議結果は、出席債権者数1095名の内の97・90%に当たる1072名の賛成、議決権総額(確定再生債権総額は310億492万円強)では95・59%の賛成で可決要件を満たした。

 営業譲渡を骨子とした再生で、本紙既報通りゴルフ場施設は9月1日にジャスダック上場の(株)レーサムリサーチ(東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル41階、田中剛代表)の子会社、(株)アセット・ホールディングス(住所・代表者=レーサムリサーチと同じ)に譲渡されており、同系列の(株)ネットチャートマネジメントが運営を行っている。

 再生計画案によるとアセット・ホールディングスへの営業譲渡代金は7億6884万277円(消費税込み)となっている。また、(株)群馬プレスCCは、会社を解散し清算手続きに移行する。

 ちなみに会員の再生条件は、退会会員については預託金を99・15%カットし、残り0・85%を再生計画認可決定確定日から2カ月以内に一括して弁済することになっている。

 一方、継続会員については預託金100%カットで、(株)アセット・ホールディングスの発行するプレー会員権(預託金ゼロ、譲渡可)に切り替えられる。

 会員に対しては計画案作成前に、プレー権を継続するかどうかの案内をしており、計画案てはその結果も報告している。

 それによると約1400名在籍する会員の内で、プレー権の継続に同意した会員は約60%(預託金総額約99億円)、同意しない会員は約40%(同約66億円)たったとしている。

 現在、継続会員の会員数は11月末までの予定でプレー会員権に切替作業中で、この作業終了後には停止している名義書換を再開する意向という。

 書換再開は当初、年内を予定していたようだが、来年にすれ込むとみられる。

   ↓↓↓

 平成15年12月下旬から150万円で募集と名変を再開した。

 150万円の内の50万円は名変料で、残り100万円は入会金扱いになる。従って、預託金ゼロで譲渡可のプレー会員権となる。定員は50名の予定。

   ↓↓↓

 平成20年4月1日、ゴルフ場名変更、「レーサムゴルフ&スパリゾート」に

このページのトップへ
レーサムG&スパR・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ