かんなゴルフ倶楽部(旧・本庄CC)が破産宣告受ける

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場経営・株式会社本庄カントリ−倶楽部・破産宣告受ける

帝国データバンクより、平成15年3月5日

 (株)本庄カントリー倶楽部(資本金1000万円、群馬県多野郡万場町生利2203、代表市川弘氏、従業員37人)は、東京地裁へ自己破産を申請していたが、平成15年3月5日に同地裁より破産宣告を受けていたことが判明した。

 負債は約50億円。破産管財人は狐塚鉄世弁護士(東京都千代田区有楽町1-7-1、電話03-3215-2470)。

 当社は、1980年(昭和55年)5月に設立されたゴルフ場経営業者。ゴルフ場・本庄カントリー倶楽部(18ホール)は関越自動車道、本庄児玉インターチェンジから約1時間の位置に所在し、宿泊施設も完備するなど、顧客獲得に注力して、96年3月期には年収入高約5億円をあげていた。

 しかし、設備投資負担が重荷となっていたほか、低価格化による利幅の減少から業績は低迷していた。景気低迷の影響から利用者数に伸びは見られず、会員、一般顧客ともに減少の一途をたどり、会員からの預託金返還要求にも対応できないなど厳しい状況に陥っていた。

 こうしたなか、黒字転換は難しく同業他社との競合も厳しくなり、先行きの見通しが立たないとの判断から、今回の措置となった。

本庄CC(群馬県)・「かんなGC」に名称変更し(株)トータルグリーンの経営に、
平成15年9月10日

 『本庄カントリー倶楽部の経営会社・(株)本庄カントリー倶楽部(資本金1000万円、群馬県多野郡万場町生利2203、代表市川弘氏)は、東京地裁へ自己破産を申請していたが、平成15年3月5日に同地裁より破産宣告を受けていたことが判明した』と報じたが、

 ※前身の旧・本庄CCは営業不振により平成14年12月にゴルフ場をクローズした。

 その本庄CCを(株)トータルグリーンが破産管財人の狐塚鉄世弁護士と、土地・建物を含むゴルフ場施設全部を9200万円で売却する売買契約を結び、平成15年9月1日から「かんなゴルフ倶楽部」にゴルフ場名を変更し、仮営業(来年4月8日本開場予定)を開始していることが判明した。

 立地条件や諸問題から買収企業は現れないと思われていたが、(株)本庄CCの破産管財人が8月27日付けで送付した会員への通知で、売却先が明らかになったもの。

 旧会員の処遇に関しては、

  @ 今年10月30日までに「倶楽部会員権継承申込書」を提出、

  A 今年11月30日までに継承手続き費用3万円と年会費2万円の計5万円を納付、

 以上の2点を(株)トータルグリーンに対し行うことでプレー権を取得でき、年末までには無額面で譲渡可の「かんなゴルフ倶楽部正会員証書」が発行されるという。

 また、民事再生法を申請した緑営グループの児玉SCC、玉川SCC、妙義SCCの3コースをを準会員扱いで利用できるとも案内。但し、利用できるかについては、不確定な要素があると断っている。

このページのトップへ
かんなGC(群馬県)・クローズし電話も不通、ゴルフ場売却の噂も
平成20年4月4日

 『 平成15年9月10日既報、本庄CCを(株)トータルグリーンが破産管財人から土地・建物を含むゴルフ場施設全部を9200万円で買収し、平成15年9月1日から「かんなゴルフ倶楽部」(多野郡神流町大字生利字御荷鉾2203)にゴルフ場名を変更し、仮営業を開始 』と報じたが、

 関係者の話(いつ頃からは定かでないが)で、同GCが門を閉ざしゴルフ場をクローズ、電話(0274-20-5101)も取り外していることが判明した。

 同GCは、15年9月に営業を再開後、同月末にクラブハウスの一部が火災に火災に遭うなど、充分な準備も整わず暫定的な営業を続けてきたようで、立地のハンディもあり入場者は少なく、営業体制も固まらなかった模様だ。

 (株)トータルグリーンは、翌16年には当時の岩代・小浜城ゴルフ倶楽部(福島県)の営業を引き受け、岩代グリーンCCの名称で再建を目指すと表明も17年で撤退、東京の事務所とは連絡が取れなくなっていた。

 現在、かんなGCは売却に出ているようで、その買収関係者はゴルフ場用途以外の活用を検討している噂もあり、現実化すればゴルフ場が消滅する可能性も出てきたことで、ゴルフ場としての営業が危ぷまれている。

かんなGC(群馬県)県税・町税の滞納により「3815万5000円」で公売に
平成20年6月23日

 平成20年4月4日既報、クローズし電話も不通となっている「かんなゴルフ倶楽部」(多野郡神流町大字生利字御荷鉾2203)が、県税(不動産取得税末納)と町(固定資産税滞納)で県と町の共同で、クラブハウス(ホテルへ併設)等とコース用地が、6月6日に公売公告されたことが判明した。→地図

 公売財産明細書によると、同GCは昨年12月14日まで営業していたが、現在は芝・樹木の整備はされていない模様、見積価格は3815万5000円(内訳=県分3451万1005円、町分364万3995円)で7月16日に入札が行われ、即時開札となっているという(問合せ先は高崎県税事務所徴収特別整理係(TEL:027-322‐6297)。

 公売の注意書きとして、

  @ 進入路やコース用地に私有地有り、

  A 15年の火災による修繕工事代金未払いを原因として、留置権を主張する第三者がいる、

  B 動産類が残されている、

 ゴルフ場の完成前に公売が行われたケースに京都府によるノース広島CC(36H計画、広島県)等の例があるが、開場したゴルフ場で公売となったケースはおそらく初めて。

かんなGC(群馬県)・応札あるも代金未納で公売不成立
平成20年7月30日

 今年の6月6日に「かんなゴルフ倶楽部」(旧・本庄CC、多野郡神流町大字生利字御荷鉾2203)のホテル併設のクラブハウスと茶店など4棟、それにコース用地が、見積価格3815万5000円で公売になっていたが、入札者が代金を納付しなかったため、公売の売却決定取消しとなり、不成立となったことが判明した。

 既報通り入札は7月16日に行われ、1社のみが入札し売却決定がなされたが、代金支払期日の同月23日に落札代金の納付(保証金約300万円は戻らない)がなく、売却決定取消しとなったもの(再度の公売を行うか否かは未定)。

 入札会社は、同ゴルフ場用地を太陽光発電の基地に転用する構想も、電力会社が送電線の確保が難しいとし構想に参加しなかったようで、近隣の工場等に充電するつもりだったようだ(詳細は不明)。

 どちらにせよ、かんなGCはコース管理も行われておらず荒れ放題、立地も悪いことから、今後ゴルフ場として再開するのは厳しい状況となった。

 確かに言えることは、旧本庄CC会員預託金は紙切れとなってしまったというとだ。

    ↓↓↓

 平成21年9月2日、旧・かんなGC、公売に2社参加し落札会社決まる

このページのトップへ
かんなGC・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ