日本ゴルフ関連団体協議会、損益通算廃止に事実上反対を自民党税制調査会に表明

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

損益通算廃止に事実上反対を自民党税制調査会に表明
ゴ連協、「税制改正についての要望書」に盛り込む
その他、利用税撤廃、固定資産税適正化など3項目援

ゴルフ特信より、平成17年10月

 JGA、KGAなどゴルフ関係5団体で組織する日本ゴルフ関連団体協議会(ゴ連協、尾関秀夫会長)は、平成18年度の税制改正に向けて9月20日に自民党の税制調査会に「ゴルフに関する税制改正についての要望書」を提出した。

 昨年の要望は3項目だったが、今回は所得税法の改正による損益通産の廃止に反対する項を加えて4項目になった。また、要望理由を詳細に報告している。

 4項目の第1項は「ゴルフ場利用税の廃止」で、その理由として、

  @ 平成元年の消費税導入で、ゴルフ場、舞踏場、パチンコ場、麻雀場、ボウリング場等に課せられて
    いた娯楽施設利用税は廃止されていたが、担税力があるとしてゴルフのみゴルフ場利用税として
    残された。しかし、ゴルファーの6割超が年収700万円未満のサラリーマン層で特段の担税力は
    見いだせない。

  A 高齢化社会を迎え余暇・健康増進にゴルフは格好のスポーツ―などとして利用税の撤廃を
    求めている。

 2項目は「ゴルフ場、ゴルフ練習場の固定資産税の適正化」で、

  @ 経営上の大きな負担になっていること、

  A 大災害時に避難場所の機能を発揮すること―などから固定資産税の軽減を求めた。

 また、3項の「外形標準課税導入で中小・零細企業に配慮」では、゛ゴルフ場は労働集約型産業で、人件費を課税ベースにする案は壊滅的な打撃となる゛などとして、配慮を求めた。

 新たに加わった、4項は「所得税改正(譲渡所得税改正によるゴルフ会員権売却損の損益通産廃止)は実施時期と配慮する措置を講ずるべき」で、

 その理由を゛ゴルフ界の環境は未だ厳しい。このような環境下で改正が行われると、駆け込みの会員権売却が集中的に発生し、沈静化しつつある預託金の償還問題が再燃してゴルフ場経営が窮地に追い込まれる。ひいてはゴルフ界全体が動揺・沈下し極めて憂慮すべき事態が発生する゛として、配慮を求めている。

 損益通産廃止の動きは、昨年3月の一般紙の報道で急浮上。昨年は、一部の会員権業者が会員権の所有者に「損益通算ができる年内に売却した方がいい」と説明して売り急がせた。今年は、政府税制調査会が会員権の売買に゛分離課税方式゛の導入を提案しており、政府内での話は煮詰まってきた。

 加えて自民党が衆議院選で歴史的な大勝をしたことから、「会員権絡みの税制を改正する環境が整った」とみる向きも多い。それだけに、ゴルフ界の窮状に理解を示す、ゴルフ振興議員連盟(自民党議員が組織)の動きが気にかかるところだ。

このページのトップへ
損益通算廃止論の流れへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ