ゴルフ場関連ニュース・その他、ゴルフ場関連・調査等

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権・トップ

ゴルフ会員権相場

会社案内

税金対策

格安会員権

売買依頼書

▼判例・ゴルフ会員権の預託金問題
▼ゴルフ場関連・新設コース
▼ゴルフ場運営会社ニュース
  ・メガソーラー関連
  ・閉鎖、経営統合、分離、解散
▼その他ニュース

その他、ゴルフ場関連ニュース

■平成28年度全国ゴルフ場延べ利用者数8683万人、前年比0・2%増(NGK調べ)
■平成28年(2016年)の首都圏ゴルフ場入場者、前年比0・37%の減少、延べ利用者数約3651万人
■平成28年のゴルフ場入場者数は940万3557人で前年比2・5%減(経済産業省調査より)
■平成27年度全国ゴルフ場延べ利用者数8775万人、前年比1・44%増(NGK調べ)
■平成27年(2015年)ゴルフ場経営業者の経営実態調査(帝国データバンク調べ)
■平成27年(2015年)の首都圏ゴルフ場入場者、前年比2・22%の増加、延べ利用者数約3665万人
■平成27年上半期(1月〜6月)首都圏ゴルフ場入場者数は延べ1697万人(前年比5・71%増)
■平成26年度全国ゴルフ場延べ利用者数は8650万人(前年比0・28%減、NGK調べ)
■平成26年(2014年)のゴルフ人口は720万人(前年比16・3%減)と大幅減少(レジャー白書より)
■平成26年の全国ゴルフ場入場者数は、8675万人で前年比0・82%の減少(NGK調べ)
■平成26年(2014年)の首都圏ゴルフ場入場者、前年比2・73%の減少、延べ利用者数は約3585万人
■平成26年上半期の首都圏ゴルフ場入場者は、1569万4754人と昨年同期比で5・86%減
■平成25年(2013年)の全国47都道府県ゴルフ場入場者数は、7651万人で前年比1・42%の増加
■平成25年(2013年)の首都圏ゴルフ場入場者数は、3684万人で前年比1・06%の増加
■ゴルフ会員権の売却損による「損益通算」、平成26年度から廃止に
■平成24年度全国ゴルフ場延べ利用者数は8674万人(前年比2・87%増)と3年振りに増加へ
■平成25年上半期(1月〜6月)の首都圏ゴルフ場入場者数は延べ1667万人(前年比4・19%増)
■平成25年上半期の東北6県のゴルフ場入場者数は、130万3865人(前年比13・9%の増)
■平成24年度(平成24年4月〜25年3月)のゴルフ場売買価格、1コース平均価格は8億9670万円
■平成24年のゴルフ場全国利用者状況、前年比2・46%の増加、延べ利用者数約8699万人
■平成24年のゴルフ場利用者は916万8108人(前年比3・8%増)と5年振り増加
■平成24年・東北6県のゴルフ場延べ入場者数は311万2854人で、前年比14・6%の増加に
■地方財政審議会「ゴルフ場利用税のあり方」に関する意見書を総務省に提出
■平成23年度全国ゴルフ場延べ利用者数は8432万人(前年比4・24%減)とバブル崩壊以降の最少を記録
■平成23年のゴルフ人口は10万人減の800万人と平成に入って最小を記録
■国税庁(平成24年8月改訂))・預託金が100%カットされたゴルフ会員権の譲渡損による損益通算も可能に
■平成23年のゴルフ人口(練習場を含む)は924万人で5年前比較では8・9%減少(総務省統計局調査より)
■平成23年度首都圏ゴルフ場延べ入場者数は3483万人と、前年比6・51%減で2年連続で減少
■平成23年の全国ゴルフ場入場者数は8492名で前年比4・6%の減少に
■東北6県の平成23年ゴルフ場入場者数は271万6246人で、前年比21・99%の減少
■平成22年度全国ゴルフ場延べ利用者数8806万人と、3・91%減で6年振り減少
■平成23年上半期(1〜6月)47都道府県ゴルフ場入場者数は、前年比9・87%減少
■首都圏平成22年入場者、前年比3・13%減で6年振りの減少
■産廃の最終処分場として狙われるゴルフ場計画用地
■22年動態統計、年間売上高が3・1%減と減少幅縮小、3年連続減、客単価は1・3%減で下げ止まりの兆候
■H21年度練習場利用者数、2年連続で1億人台を記録、前年度比で、183万3千人増の1億403万6千人
■平成21年度(21年3月〜22年2月)全国ゴルフ場利用者、0・94%増で5年連続増加
■共産党を含めた超党派で、ゴルフ関連の議員連盟設立
■ビジターの一人予約を受付けるゴルフ場が増加傾向に
■別荘地購入者にゴルフブレー権をプレゼント
■預託金の永久債化を採用した27コースの傾向・動向
■「JGAクラブ会員」発足、楽天とゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)で会員募集
■27ホール以上のゴルフ場、一部ホール閉鎖の動き強まる、過去10年間で14コースが
■ジュニアを対象にしたゴルフスクールの事業化進む
■NGK、経済産業省に税制改正(ゴルフ場・固定資産税等)に関する要望書提出
■乗用カー卜導入率は98%、カートナビ導入率は18%に
■名義書換料は高いか?安いか?上限価格は、日経ゴルフが調査
■食事代も価格競争?おにぎり1個120円のゴルフ場も
■ディアーパークゴルフクラブ(奈良)・株主会員に配当を決める
■宮崎県、口蹄疫発生の影響で入場者半減のゴルフ場も
■ゴルフ関連75団体、G場利用税廃止署名運動を展開へ
■民法改正で、将来は会員権の譲渡に登記が必要に?
■ゴルフ場固定資産評価額、各地域の平成21年は18年比で減少、全国60地域で、増加は1%増の茨城と沖縄
■石狩市も固定資産税を過徴収で、8コースに差額等還付
■程ヶ谷カントリー倶楽部(神奈川)、公益社団法人程ヶ谷基金、公益事業の活動を開始する
■ゴルフ場利用税の完全撤廃で、ゴルフ場支配人会が始動、全国の民主党本部に陳情、要望書提出ヘ
■石垣島(沖縄県)の商工会、ゴルフ場建設推進で始動
■ゴルフのプレー層は二極化傾向、月2以上か、2〜3ヶ月に1回
■ユニオンホールディングス事件関係で、ゴルフ場経営関係者を逮捕
■平成21年度のツアーギャラリー数、男女とも2年連続2桁の増加
■東筑波カントリークラブ(茨城)に清元登子プロがプロ養成ゴルフアカデミーを開設
■コース選びは価格とアクセス、セルフ派は過半数に、8千人超のアンケートで、ゴルフの参加率は9・3%
■日本ゴルフ場事業協会(NGK)、経済産業省・経産省に平成22年度の”税制改正要綱”を提出
■民主党圧勝でゴルフ業界に波紋、マニフェストから見た業界への影響はおおむね良好
■2016年の五輪競技に「ゴルフ」の採用はほぼ確実に
■(社)日本ゴルフ場事業協会(NGK)主催で総務省と固定資産税等で意見を交わす
■会員権の購入主体は50代後半で予算は150万円未満、相場は今後も緩やかに上昇
■小野グランドカントリークラブ(兵庫)”会員集会”で会則改正
■ゴルフ場で開校したSRIスポーツのスクール起動に
■不法投棄の疑いで紫雲GC(新潟)関係者らを逮捕
■那須小川ゴルフクラブ(栃木)、湧出の温泉でトラフグの養殖に成功
■定額給付金の支給決定、高速道路の値下げも3月28日から
■北海道は経済の冷え込みで、閉鎖ゴルフ場が増える
■高速道路、地方は平日3割引で休日は千円で乗り放題に、南房総のゴルフ場に朗報か?
■黒字から赤字に転落した企業に、法人税還付制度導入
■公益法人改革3法施行で、改革迫られる社団法人のゴルフ場
■世界のゴルフ場数、198カ国で3万2300コース
■上場各社のゴルフ場運営部門、今年度中間期(4〜9月)は好調
■KGAが、JGAハンディ普及のため管理システムを変更、新システムは「モバイルJ−sys(シス)」
■韓国政府、減税措置等でゴルフ場の建設を支援、昨今増加中の日本へのゴルフ場来場者数に影響も
■平成18年のゴルフ人口は調査開始以降、最小の890万人に
■韓国での募集で出資が倍になると、ゴルフ場事業投資の関係会社を出資法違反容疑で捜索
■都内のゴルフ場、利用税の課税免除枠の拡大に成果
■福島県の平成18年外国人ゴルフ客、韓国人を中心に激増
■福島県白河郡泉崎村、会員権購入者に最大30万円の補助金
■上場企業20社がゴルフ場利用可の優待制度を設ける
■飲酒運転の取締強化で半数のゴルフ場が食堂の売上げ減少
■転売や切り捨てでゴルフ場の流動化、商品化が進む
■日本ゴルフ関連団体協議会が自民党に固定資産税の適正化や利用税撤廃、損益通算の継続等を要望
■全国、平成18年上半期の入場者数は前年に比べ1.49%のマイナスに
■平成18年上半期会員権相場動向・値上がりベスト20
■社団法人制の湯河原カンツリー倶楽部(神奈川)、4月から譲渡不可に
情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページトップへ
民事再生法、会社更生法、自己破産、競売 経営交代のゴルフ場をまとめました

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

 こちらの情報は主に「一季出版(株)・ゴルフ特信」をもとに掲載させて頂いております。ゴルフ場の倒産関連最新情報に関しましては、TEL:03-3864-7821 までお問い合せ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ