札幌北広島ゴルフ倶楽部」を活用したIR開発を(株)平和が発表

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼時価評価 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース

(株)平和、札幌北広島GC(北海道)を活用した統合型リゾート(IR)開発を提案

平成29年12月14日

 (株)平和は、2016年12月に「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」(IR推進法)が施行されたことを受け、IR事業への進出可能性等の検討を重ねてきた結果、PGMホールディングスが保有する「札幌北広島ゴルフ倶楽部」を活用したIR開発が最適であると判断し、海道北広島市に対し、統合型リゾート(IR)開発の提案を12月13日に行ったことを自社HP「IR情報で」で下記の通り発表した。

 札幌北広島GC URL=http://www.pacificgolf.co.jp/kitahiroshima/ (表示方法
 (54H、北海道北広島市中の沢450-1、TEL:011-373-1111)

 特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律・関係資料
 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ir_promotion/ir_kaigi/dai1/siryou3.pdf

2017年12月14日
東京都台東区東上野1-16-1
株式会社平和
代表取締役社長 嶺井 勝也

北海道北広島市における統合型リゾート( 北広島市における統合型リゾート(IR)開発の提案について
−初期投資額最大2,000億円の自然・芸術・スポーツを融合させたIR事業を提案−

 (株)平和(嶺井勝也代表取締役社長)は、北海道北広島市(上野正三市長)に対し、統合型リゾート(IR)開発の提案を2017年12月13日に行いましたので、お知らせいたします。

1.目的及び経緯

 遊技機メーカーである平和は、「もっと楽しめる未来をつくろう」を合言葉に、全国に140箇所のゴルフ場を保有・運 営するPGMホールディングス株式会社(本社:東京都台東区東上野/代表取締役社長 田中 耕太郎、以下「PGM ホールディングス」)を子会社化するなど、社会の発展に貢献する総合レジャー企業を目指しております。

 その活動の一環として、平和グループでは、2016年12月に「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」(いわゆる「IR 推進法」)が施行されたことを受け、外部コンサルティングファームを起用し、IR事業への進出可能性等の 検討を重ねてまいりました。

 本年7月31日に特定複合観光施設区域整備推進会議が公表した『特定複合観光施設区域整備推進会議取りまとめ〜「観光先進国」の実現に向けて〜』)において議論されているIRの要件を満たすことができ、かつ、観光資源、立地優位性などの点で検討した結果、

 四季を通じて国内外の観光客を魅了し、多様な文化や豊かな自然を誇る北海道 において、PGMホールディングスが保有する「札幌北広島ゴルフ倶楽部」(約280万u)を活用したIR開発が、以下の 観点から最適であると判断し、2017年12月13日に北広島市に対し、当該IR事業の計画を提案いたしました。

 ・・・・    以下略    ・・・・

発表元URL

http://irvision2next.blob.core.windows.net/6412/ir/12518890371999999999_9a8ac793-6dd4-4a87-95ba-45da05ce9da9.pdf

 主要施設

 ・約5,000人の収容が可能な国際会議場を含む国際競争力の高い国内最大級のMICE施設
 ・国内最大級かつ札幌圏として数少ない5つ星の宿泊施設(2,000室規模)
 ・アジア最大の屋外劇場及びランドアートミュージアムの整備
 ・メジャーな国際大会を誘致できる国内最上級のゴルフ場への改修
 ・モーグル、ハーフパイプ、クロスカントリー等の様々な種目に対応するウインタースポーツ施設
 ・北海道特有のアイヌ文化や食文化を活かしたレクリエーション施設
 ・北海道らしい白銀の雪を望みながら楽しめる温泉施設を整備し、滞在型観光を促進

 今後の対応として、

 『IR実施法案の作成・審議状況を見つつ、同時に、「オープン・コンソーシアム」として、開かれた形で関連事業者が参画できるコンソーシアムを形成するべく北海道内において関心のある全ての事業者をはじめ、国内外の関連事業者及び国外の大手IRオペレーターとも協議を進め、IRの実現に努めてまいります』

 ・・・と、締めくくっています。


 ちなみに、札幌北広島GCは昭和51年開場で、当時は西武ホールディングスの子会社である(株)プリンスホテルが「札幌北広島プリンスゴルフ場」のゴルフ場名で保有していたが、平成19年3月8日に岩手県にある「金ヶ崎ゴルフコース」と、ホテル5ヶ所、スキー場1ヶ所など計8施設をPGMグループに売却し、現名称で営業されてきた経緯をもつ。

 → 札幌北広島GCの過去の経緯

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただきましても、事情が把握できてないためご説明をさせて頂くことが出来なせんので、直接コースにお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ

その他・ゴルフ場関連ニュースへ

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ