下呂カントリークラブが民事再生法を申請し保全命令

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼時価評価 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース

下呂CC(岐阜県)を経営の(株)下呂カントリークラブ
民事再生法の適用を申請/負債約13億円

平成29年1月19日

 JC-NET(平成29年1月18日付)URL=http://n-seikei.jp/ によると

 昭和39年11月開場の古参ゴルフ場・「下呂カントリークラブ」(18H、岐阜県下呂市宮地1083-1-8、TEL:0576-26-2525)を経営の(株)下呂カントリークラブ(東京都千代田区大手町1-7-2、齋藤博史代表取締役)が、平成29年1月17日、東京地方裁判所へ民事再生法の適用申請し、同日弁済禁止の保全命令を受けたことが判明した。

 下呂CC URL=http://gero-cc.jp/ (表示方法

 申請代理人は船橋茂紀弁護士他(ノイエスト総合法律事務所、東京都千代田区丸の内1-3-1、TEL:03-5219-5634)、監督委員には北河隆之弁護士(メトロポリタン法律事務所、東京都新宿区新宿2-8-1、TEL:03-3356-7618)が選任されている。

 負債額は約13億円(債権者約1000名、うち会員の預託金が約12億円)。不況とゴルフ人口の減少で売り上げ不振に陥る中、預託金の償還金問題もあり、今回の措置となったようだ。

 山田ビジネスコンサルティング(株)(愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3 JRゲートタワー41階、TEL:052-533-5237)が、スポンサー公募のためにファイナンシャルアドバイザーとして選定されているという。

 なお、岐阜県中津川市の「にぎわいプラザ」(中津川市栄町1-1、TEL:0573-66-1111)にて1月23日に債権者説明会が開催される。

 ちなみに、下呂CCは弊社既報通りキノシタグループが経営していたが、平成25年11月に現代表者が経営する(株)ジー・プロジェクト(東京都千代区)に、中部国際GC(岐阜県)とともに売却され、これまで経営してきた経緯をもつ。

  → 下呂CCの過去の経緯

 同CC(6420Y、P72)は、中央自動車道・中津川ICより49q、JR高山本線・下呂駅から15分に位置する自然の山岳(標高600〜700m)の地形を巧みに生かし緩やかなアンジュレーションが特徴的な丘陵コース。

 参考までに、1月16日現在の会員権相場(名変料35万円、年会費1・8万円=正会員、共に税別)は売り買い共に”相談”となっており、低位で低迷していたようだ。名義書換は17日より停止となっている。


      ↓↓↓ 平成29年2月6日追加

 民事再生法の適用を申請し弁済禁止の保全命令を受けた、「下呂カントリークラブ」を経営の(株)下呂カントリークラブ(東京都千代田区大手町1-7-2、齋藤博史代表取締役)は平成29年1月24日、東京地裁より再生手続き開始決定を受けた。

 再生債権の届出期間は同年2月21日まで、再生債権の一般調査期間は3月28日〜4月4日までとなっています(事件番号:平成29年(再)第4号)。


      ↓↓↓ 平成29年5月15日追加

 下呂CCのスポンサーに、25コース運営の(株)市川ゴルフ興業

 民事再生手続き中で「下呂カントリークラブ」の経営会社・(株)下呂カントリークラブは、(株)市川ゴルフ興業(東京都練馬区大泉学園町8-18-10、市川金次郎代表取締役)をスポンサー(1・2次の入札結果、4月10日付けでスポンサー契約締結)に迎え再建を図る再生計画案を、このほど会員及び一般債権者に配布したことが判明した。

 計画案の骨子は

  (株)下呂CCの資本金1000万円を100%減資後に募集株式(資本金1000万円)を発行し、
   市川ゴルフ興業に割り当てる。

 会員への弁済条件等(退会・継続を問わず)は

  ・預託金2万円以下は全額弁済

  ・2万円を超える部分については10・34%を弁済

   *再生計画認可決定確定の日から3ヵ月以内に一括弁済

  ・すべての会員は無額面で譲渡可のプレー会員権になる

 6月7日に再生計画案を決議する債権者集会(5月30日締切の書面投票と併用)が開かれる。なお、会員数は1012名、確定債権総額は12億9623万円余となっている。

 参考までに、(株)市川ゴルフ興業は同じ岐阜県で平成17年12月に破産した「美並ロイヤルカントリークラブ」(18H)を取得したが、平成27年12月に閉鎖。また、平成14年3月に民事再生法を申請した「マグノリアカントリークラブ」(宮城)を取得も平成28年12月一杯で閉鎖している。

 現在同グループは、全国で25コースを運営しており、下呂CCで26コース目となる(下記グループゴルフ場ホームページでは、平成29年5月15日現在、前述の美並ロイヤルCC並びにマグノリアCCは削除されておりません)。

 市川ゴルフ興業グループのゴルフ場 URL=http://www.kazancc.jp/group.html

 *平成29年6月7日確認、美並ロイヤルCC並びにマグノリアCCが削除されておりました


      ↓↓↓ 平成29年6月9日追加

 下呂CC、再生計画案可決し、即日認可決定を受ける

 民事再生手続き中で「下呂カントリークラブ」の経営会社・(株)下呂カントリークラブの債権者集会(5月30日締切の書面投票と併用)が6月7日に開かれ、出席債権者98・8%(764名中755名)、議決権総額95%を超える賛成多数で再生計画案を可決、同日東京地裁から認可決定全受けた。

 再生計画案は5月15日既報通りスポンサー支援型で、(株)市川ゴルフ興業がスポンサーに迎え再建を図るというもので、会員への弁済条件も既報通りとなっている。


     ↓↓↓ 平成29年11月21日追加

 赤穂国際カントリークラブ(兵庫)を(株)市川ゴルフ興業が取得表明


     ↓↓↓ 平成30年4月9日追加

 平成30年3月30日、東海カントリー倶楽部(兵庫県)を(株)市川ゴルフ興業が取得

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ

最新・ゴルフ場倒産関連ニュースへ

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ