大田原ゴルフ倶楽部・平成28年12月一杯でゴルフ場の営業を終了

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼時価評価 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース

大田原GC(栃木県)平成28年12月一杯でゴルフ場を閉鎖

平成28年10月27日

 「大田原ゴルフ倶楽部」(経営=黒羽ゴルフクラブ(株)、18H、栃木県大田原市八塩517、TEL:0287-54-2121)が、入場者の減少による売り上げの大幅減で、営業を継続して行くには厳しい状況下にあることから、平成28年12月一杯でゴルフ場を閉鎖することが判明した。

 → 大田原GC URL=http://www.otawara-gc.com/ (表示方法

 同GCは、地産グループのゴルフ場として昭和50年5月に報知チサンCCの名称で開場(当時は27ホール)。その後、昭和62年にチサンCC黒羽に名称変更したが、地産が平成14年8月26日に会社更生法の適用を申請し、PGMグループの傘下となった。

 しかし、平成18年2月にPGMグループから現経営母体会社である(株)染宮製作所(さいたま市桜区田島9-19-6、TEL048-710-8041、染宮公夫代表)に売却され、ゴルフ場名を大田原GCに変更するとともに、27ホール営業から18ホール営業に縮小され現在に至っている。

 → チサンCC黒羽を(株)染宮製作所オーナーが買収

 染宮製作所は昭和14年の創業で、カメラやOA機器のボディ等を製造し、中国にも生産工場を設けるなど、事業を拡大している会社。同社は、平成18年5月にもロイヤルCC(栃木)を取得しており、大田原GCの会員(約400名)には同CCへの転籍を案内しているという。

 → (株)染宮製作所 URL=http://www.somemiya.co.jp/

 一季出版(株)出版(東京都台東区浅草橋1-9-13 TEL:03-3864-7821)発行のゴルフ特信(6012号)によれば、継承するのはプレー権のみで、預託金について平成35年が返還期日なのでそれ以降になる模様だが、36年以降の返還方法は今のところ明示していないという。

 ちなみに、(株)染宮製作所はロイヤルCCの隣接地や平成26年12月に閉鎖した18ホール、大田原GCの閉鎖9ホールを利用してメガソーラーを建設しており、大田原の用地もメガソーラーに転用される可能性が高いようだ。


 参考までに、今回の大田原GC閉鎖により、栃木県でのゴルフ場閉鎖は13コース目となったが、そのほとんどがメガソーラに転用となっている。ゴルフ人口の低迷を背景に、採算の厳しいゴルフ場がメガソーラーの用地にとって代わる構図が相次いでいるようだ。

 栃木県で閉鎖したゴルフ場(平成28年10月27日現在)

 ・ヴィレッジ那須GC 畜産用に利用
 ・黒磯CC メガソーラー等、多目的の用途
 ・ケントスGC メガソーラーに転用
 ・サンモリッツCC 跡地利用に関しては未定
 ・新・ユーアイGC メガソーラーに転用
 ・JGM益子GC メガソーラーに転用予定
 ・隨縁鬼怒川 メガソーラーに転用
 ・トミーヒルズGC メガソーラーに転用予定
 ・パインズ日光GC メガソーラーに転用
 ・東宇都宮CC メガソーラーに転用
 ・ファイブエイトGC メガソーラーに転用
 ・星の郷G&H烏山 メガソーラーに転用

 *閉鎖日順ではありません、あいうえお順に列挙しております。

 *参照資料 → ゴルフ場の跡地や遊休地を利用してメガソーラーを建設

 なお、大田原GCの会員権相場(名変料30万円、年会費2万円=格税別)は、売り買い共に”ゼロ”と、会員権相場が建っていない状態が続いていた。


     ↓↓↓ 平成28年12月20日追加

 全国で閉鎖(完全閉鎖・一時閉鎖・一部閉鎖)したゴルフ場一覧、都道府県別に掲載


     ↓↓↓ 平成29年6月26日追加

  大田原GC、太陽光発電の建設が延期となり暫定営業中

 既報通り、平成28年12月一杯でゴルフ場を閉鎖する予定だった、「大田原ゴルフ倶楽部」(経営=黒羽ゴルフクラブ(株)、TEL:0287-54-2121)だが、太陽光発電に関する手続きなどが滞り、建設できるのは早くても2年後ということから閉鎖を取り止め、今年2月から暫定営業を行っていることが判明した。

 但し、レストランやロッカー・浴室も使用不可で、シャワールームもなし。キャディバッグの積み降ろしを含めオールセルフで、利用客は弁当などを持込みできるが、カップラーメンだけは自動販売機で提供しているという。

 以前よりコースは整備され人気となり、土・日祝日には1日100人ほどの利用があり、比較的順調な運営を行っているようで、暫定営業期間か延長となる可能性もあるようだ。なお、旧会員のプレーには、平日2,500円(ビジター3,000円)、土・日祝日4,000円(ビジター5,000円)の割引料金を適用しているという(火曜と水曜は定休日)。

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
大田原GC・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ