リゾートパークオニコウベゴルフクラブ、ゴルフ場を閉鎖

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼時価評価 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース

リゾートパークオニコウベ(宮城県)、6月10日をもってゴルフ場を閉鎖

平成28年6月2日

 「リゾートパークオニコウベゴルフクラブ」(18H、宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字禿岳15-1、TEL:0299-86-2700、全長7,006Y、P72)は、6月10日をもってゴルフ場を閉鎖する旨を5月26日、ゴルフ場ホームページで下記の通り案内したことが判明した。

 リゾートパークオニコウベGC URL=http://www.onigolf.net/ (表示方法

平成28年5月26日

最新情報

 平成28年6月10日をもって閉場させて頂きます。長い間ご愛顧頂き、誠に有難う御座いました。


 一季出版(株)(東京都台東区浅草橋1-9-13 TEL:03-3864-7821)発行のゴルフ特信(5954号)によると、閉鎖の事情については明らかにしていないが、「施設の電気関係全般の破損があって急遽、閉鎖が決まりました。跡地利用については現地スタッフでは聞いていない」という。

 同ゴルフ場は平成7年4月に開場。昭和62年開業のリゾートパークホテルオニコウベの他、分譲地の販売・管理などを含め三菱地所(株)が展開していた。

 しかし、平成16年9月にオニコウベ事業(リゾートパークオニコウベゴルフクラブ及びリゾートパークホテルオニコウベの経営並びに分譲地の販売・維持管理その他付随する一切の事業)を会社分割して新会社を設立し、同日、株式の100%を(株)ホテルサンバレーに譲渡することを決定、同年11月に売却し経営交代した経緯をもつ。

 三菱地所(株)事業譲渡 URL=http://www.mec.co.jp/j/news/release/040924_1.htm

 (株)ホテルサンバレー URL=http://www.nasu3800.co.jp/

 在籍会員に対しては、他クラブへの転籍措置や預託金返還を行い、現在までパブリックで運営されていた。同GCは、東北自動車道・古川ICより40q、JR陸羽東線・鳴子駅から車で約20分に位置し、自然のゆるやかなスロープに広がり、雄大な景色を楽しめる高原コースとして人気があったようだ。

 ちなみに同ゴルフ特信の調べで、ゴルフ場土地の所有権は平成26年8月6日の売買で「Solar One合同会社」(東京都千代田区、渥美坂井法律事務所内)に移転していることも判明。名前からも、メガソーラー関連への転用が想像できるが?・・・詳細は不明です。

 詳細は分かり次第に掲載させて頂きます。


 参考までに、最近宮城県内で下記2ゴルフ場が閉鎖しているが、いずれも跡地にメガソーラーを建設している。

  ・平成24年8月、天明カントリークラブが閉鎖

  ・平成24年12月、古川カントリークラブが閉鎖


   参照資料 ゴルフ場跡地を利用してメガソーラー(大規模太陽光発電)建設

リゾートパークオニコウベGCについて情報提供
平成28年6月30日

 既報通り、6月10日をもってゴルフ場を閉鎖した「リゾートパークオニコウベゴルフクラブ」に関して(有)大樹の奥村俊一社長様より、下記情報をメールにて本日付けで頂きましたので原文のまま掲載させて頂きます。

 ※平成32年頃までの期限付きです


 「リゾートパークオニコウベゴルフクラブ」は平成26年、日本で太陽光発電事業を展開するドイツのフォトヴォルト・デベロップメント・パートナーズ(ドイツ連邦共和国ベルリンD-10711、代表者ベーテル・ゲルストマン)にゴルフ場不動産の全てを売却しました。

 27年11月を期限として引越し期間を設定しましたが、前オーナーがフォトヴォルトに無許可で今年28年度も勝手に営業を再開してしまいました。

 今年4月、無断営業がフォトヴォルトに発覚し、5月10日にフォトヴォルト社、オニコウベGC東社長との間で話し合いが持たれ、1ヶ月後の6月10日にクラブハウスその他の鍵の受け渡しを行うことが決まり、6月10日の時点で一旦ゴルフ場は閉鎖いたしました。

 現在はコンサルティング大樹がゴルフ場の管理を行うと共に、営業再開に向けてスポンサーを探しています。

 (有)大樹(仙台市泉区・TEL:022-739-9311、奥村俊一社長、http://www.tohokugolf.co.jp/)

 オニコウベGCは6月4日まで通常営業されており、その後もコンサルティング大樹がコースメンテナンスを行っていますが、乗用カート、芝刈り機等を前オーナーに持ち出されているため、スポンサーが必要資材を調達できない場合は営業再開できず閉鎖となる見込み。

 平成32年頃に太陽光発電所としての工事着工予定なので、それまでは営業可能なのですが、期限付きの営業再開となるため、初期投資が出来にくい状況でもあります。

 以上


     ↓↓↓ 平成28年11月9日追加

 オニコウベGC、ゴルフ場閉鎖を決定

 (有)大樹の奥村俊一社長様より、「リゾートパークオニコウベゴルフクラブ」に関して、下記情報をメールにて本日付けで頂きましたので原文のまま掲載させて頂きます。

 情報提供 オニコウベゴルフクラブの件

 大規模太陽光発電事業社であるフォトヴォルト・デベロップメント・パートナーズより、オニコウベゴルフクラブの施設管理、経営委託企業の選定を委託されていた仙台市のコンサルティング大樹は、関心を持って視察を行った経営受託希望企業の全てが撤退したことを受け、同GCの営業再開を断念した旨、フォトヴォルト社に報告し、ゴルフ場閉鎖が決定した。


 それにしてもゴルフ場の閉鎖が多くなりましたね、本当に残念です。

 ※お問合せの際には、(有)大樹様にご迷惑の掛からぬよう願います。


     ↓↓↓ 平成28年12月20日追加

 全国で閉鎖(完全閉鎖・一時閉鎖・一部閉鎖)したゴルフ場一覧、都道府県別に掲載

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ

その他・ゴルフ場関連ニュースへ

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ