八代ゴルフ倶楽部の経営会社・八代グリーン開発(株)が民事再生法

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼時価評価 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース

八代GC(熊本県)の経営会社・八代グリーン開発(株)が民事再生法の適用を申請
負債総額は約17億7900万円

平成27年5月25日

 「八代ゴルフ倶楽部」(18H、熊本県八代市二見本町2755、TEL:0965-38-9800)を経営する八代グリーン開発(株)(住所=コース同、藪優秋代表)が、5月18日付で熊本地方裁判所へ民事再生法の適用を申請し、19日に同地裁より保全命令を受けたことが判明した。負債総額は約17億7900万円の見通し。

 申請代理人には原啓章弁護士(観音坂法律事務所、熊本市中央区京町1-14-33 京町観音坂ビル2階、TEL:096-322-5787)。監督委員には、江越和信弁護士(三浦・江越法律事務所、熊本市中央区草葉町4-20 富士火災熊本ビル7階、TEL:096-324-1070)が選任されている。

 八代GC URL=http://www.yatusiro-golf.jp/ (表示方法

 八代グリーン開発(株)は、1986年(昭和61年)に地元企業などの出資により設立された会社で、1991年(平成3年)11月に八代GCをオープンさせたが、平成22年7月に全国で運輸会社を展開している丸善グループ(福岡県、古賀大代表)が株式売買により同GCを取得し傘下に収めた。

 その後、平成25年3月に古賀氏が役員を辞任したことで丸善グループから外れ、同月には資本金の大幅減資(4億9,900万円 → 4,990万円)を実施。

 → 八代GCの過去の経緯

 しかし、景気低迷による個人消費の減速やゴルフブームの一巡で来客数が大幅に減少。また、会員による預託金返還請求もあり資金繰りが逼迫したため、自力での再建は困難と判断し今回の措置に至ったようだ。

 同GCは、九州自動車道・日奈久ICより3q、JR鹿児島本線・八代駅から約20分に位置する全長6843ヤード(P72)の丘陵コース。各ホールとも概ねフラットながら狭い箇所もあり、距離的にも短めなので方向重視で攻めたいコース。

 ちなみに、同GCの会員権相場(会員数約800名、名義書換料10万円、年会費1・2万円=各税別)は、20万円売り、買いは10万円(5月25日現在)と低位で低迷しているようだ(名義書換は当分の間停止になりました)。

 なお、ゴルフ場は通常通り営業を続けている模様(同GCホームページより)。会員説明会を5月24日に同GCクラブハウスで、また一般債権者向けの説明会を5月26日に開くことになっている。


     ↓↓↓ 平成27年7月2日追加

 5月18日に民事再生法の適用を申請した、「八代ゴルフ倶楽部」の経営会社・八代グリーン開発(株)(藪優秋代表、申請代理人:原啓章弁護士)は6月22日、熊本地裁より民事再生の開始決定を受けたことが判明した。

 再生債権の届出期間は、今年の7月21日までで再生債権の一般調査期間は8月25日〜9月8日までとなっている。


     ↓↓↓ 平成28年2月2日追加

 八代GC、スポンサー支援型の再生計画案を配布

 民事再生手続き中で、「八代ゴルフ倶楽部」の経営会社・八代グリーン開発(株)(熊本県八代市二見本町2755、藪優秋代表)は、会員及び一般債権者にスポンサー支援型の再生計画案を配布したことが判明した。

 再生計画案の概要は、

 ゴルフ練習場「M&Mゴルフクラブ」(久留米市善導寺町飯田415-1、TEL:0942-47-5321)等を経営するケイエム企業開発(株)(住所同、古賀一也代表取締役)がスポンサーとなり、八代グリーン開発(株)は100%減資した上で、新発行株式をケイエム企業開発(株)が引き受け再建するというもの。

 会員への弁済条件は、

  ・退会会員は、預託金の8%を弁済
           来年3月末日までに、3000万円を限度に超は毎年抽選弁済

  ・継続会員は、8%が新預託金(10年据置)

 正平会員約1100名の預託金額は約16億5000万円で、認可決定確定後に名変(名変料10万円 → 2万円に減額=税別)を再開する予定。なお、再生計画案の決議は3月18日締切の書面投票で行われる。

・丸善グループ

URL=http://www.maruz.co.jp/

・ゴルフ練習場・M&MGC

URL=http://www.maruz.co.jp/mm/


 ちなみに、M&Mゴルフクラブのアドレスからも分かるとおり、ケイエム企業開発(株)は全国で運輸会社を展開している丸善グループ(福岡県久留米市善導寺町飯田829-1、古賀大代表)の関連会社。

 また、ケイエム企業開発の古賀一也代表取締役は、丸善グループ会社・営農サービス有限会社(福岡県久留米市太郎原町1276-1、TEL::0942-44-2620)の代表でもある(同グループホームページより)。

 既報(平成27年5月25日)通り

 八代グリーン開発(株)は、1986年(昭和61年)に地元企業などの出資により設立された会社で、1991年(平成3年)11月に八代GCをオープンさせたが、平成22年7月に全国で運輸会社を展開している丸善グループ(福岡県、古賀大代表)が株式売買により同GCを取得し傘下に収めた。

 その後、平成25年3月に古賀氏が役員を辞任したことで丸善グループから外れ、同月には資本金の大幅減資(4億9,900万円 → 4,990万円)を実施。

 結局、意味合い的には若干の違いはあるが ”元の鞘に収った” という事か?


      ↓↓↓ 平成28年11月16日追加

 平成28年7月、グランドチャンピオンGC(熊本)が丸善グループの傘下に


      ↓↓↓ 平成29年9月8日追加

 平成29年5月26日、宮崎座論梅ゴルフクラブ(宮崎)を丸善グループが取得し傘下に

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ

最新・倒産、経営交代ゴルフ場関連ニュースへ

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ