鷹彦スリーカントリーを経営の(株)鷹彦と関係会社2社が破産手続き開始決定

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼時価評価 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース

ゴルフ場「鷹彦スリーカントリー」経営・(株)鷹彦など3社
破産手続き開始決定受ける/負債200億円

帝国データバンクより、平成27年3月26日

 帝国データバンク(平成27年3月26日付)http://www.tdb.co.jp/ によると

 「茨城」(株)鷹彦(資本金5000万円、久慈郡大子町初原19-9、登記面=東京都中央区銀座7-14-7、代表高山祥一氏)と関係会社の(株)湘南力(資本金1000万円、同所、登記面=東京都町田市つくし野1-21-29、同代表)、(株)鷹彦スリーカントリーゴルフサービス(資本金1000万円、同所、登記面=久慈郡大子町芦野倉308、同代表)は、3月23日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 鷹彦スリーC URL=http://www.takahiko3.co.jp/ (表示方法

 破産管財人は長島良成弁護士(東京都千代田区五番町5、長島良成法律事務所、電話03-5276-1321)。

 (株)鷹彦は、1985年(昭和60年)1月に設立されたゴルフ場の経営業者。1976年に倒産した高山晃一開発(株)が経営していたビッグファイブカントリークラブの開発権などを継承した。

 87年に「鷹彦スリーカントリー倶楽部」としてオープン、尾崎将司プロがコースを監修し一時は副社長にも就任していたことから話題となり、95年3月期には年売上高約7億3100万円を計上していた。

 その後は、バブル崩壊後の客足の伸び悩みや会員権相場の落ち込みが影響。預託金の償還に対応しきれず、償還期限を40年延長するなどしていた。

 さらに99年には、ゴルフ場の運営管理を93年(平成5年)1月にゴルフ場内のレストランや飲食サービス部門の運営を目的に設立された(株)鷹彦スリーカントリーゴルフサービスに、ゴルフ場不動産を99年(平成11年)8月に設立された(株)湘南力に譲渡していた。

 しかし、その後も経営環境は改善せず、2001年には自治体からゴルフ場の土地の一部を差し押さえられるなど厳しい状況が続いていた。利用者の減少にも歯止めがかからず、スポンサー交渉を行っていたものの、奏功せず今回の事態となった。

 負債は、預託金約200億円が見込まれ、今後膨らむ可能性がある。

 なお、スポンサーの支援によりゴルフ場の営業は継続する方針。債権者集会は、7月13日の予定。

 ・・・・    ここまで    ・・・・


 ※鷹彦スリーカントリー倶楽部は「鷹彦スリーカントリー」の誤りです

 常磐自動車道・那珂ICより48q、東北自動車道・矢板ICより50q(60分)、JR東北新幹線・那須塩原駅から約40分に位置する丘陵コース。

 既報通り、尾崎将司プロ監修のもとに造られ、74・0のコースレートを持ち、距離が長くてタフなホールセッティングになっている。

 会員募集は、開場直前から縁故3000万円(預託金2760万円、10年間据置)を開始、その後は1次募集5000万円を行い、666名の会員を集めた。

 しかし、償還問題を抱え証券の分割を行い、会員数は増加(※分割した証券の片割れに関しては名義書換料無料)した上、立地条件の悪さが相場を引き下げ、最近では売買はほとんど成立していない状況が続いていた(名変料100万円、年会費3・6万円=各税別)。


 また、破産管財人・長島良成弁護士は、同ゴルフ場ホームページにて3月23日付けで「会員債権者説明会のご案内」と題し、下記の通り案内している。

会員債権者様説明会開催のご案内

平成27年3月23日
破産者(株)鷹彦
破産管財人 弁護士 長島 良成

 拝啓 貴社益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

  (株)鷹彦・(株)湘南力・(株)鷹彦スリーカントリーゴルフサービス(以下「当社ら」といいます。)は、平成27年3月23日、東京地方裁判所に対して破産手続開始の申立てを行い、同日、同裁判所は当社らに対して、破産手続開始決定をし、当職が破産管財人として、裁判所から選任されました。これにより、当社らの財産管理処分権は破産管財人である当職に帰属することになりました。

  当職は、今後、ゴルフ場「鷹彦スリーカントリー」の営業を継続し、スポンサー選定を行う予定であり、会員債権者様のご理解・ご協力を頂きたく、会員債権者様に対する説明会を下記のとおり開催いたします。

 つきましては、何かとご多忙な時期ではございますが、ご理解のうえ何卒ご出席賜りますようお願い申し上げます。

  1 日 時 平成27年4月7日(火曜日)午後1時

  2 場 所 茨城県久慈郡大子町初原字十田119-9
       鷹彦スリーカントリー 説明会場
       TEL:0295-79-1885
       FAX:0295-72-3663

 掲載元URL=http://www.takahiko3.co.jp/images/top/006.pdf

 その他、「管財人からの重要なお知らせ」と題し、

   ・破産手続開始決定書 (株)鷹彦
    http://www.takahiko3.co.jp/images/top/001.pdf

   ・破産手続開始決定書 (株)湘南力
    http://www.takahiko3.co.jp/images/top/002.pdf

   ・破産手続開始決定書 (株)鷹彦スリーカントリーゴルフサービス
    http://www.takahiko3.co.jp/images/top/003.pdf

   ・鷹彦スリーカントリー会員の皆様へ・Q&A
    http://www.takahiko3.co.jp/images/top/004.pdf

   ・お取引先業者様説明会開催のご案内
    http://www.takahiko3.co.jp/images/top/005.pdf

 今後の経過(破産管財人業務の進捗状況)については、随時、HP上で案内していくという。

鷹彦スリーC(茨城県)、ホームページでゴルフ場の入札を案内
新生銀行がアドバイザーになり入札手続きを実施
平成27年4月13日

 3月23日に破産手続開始決定を受けた鷹彦スリーカントリーの経営会社・(株)鷹彦(破産管財人=長島良成弁護士、TEL:0295-79-1885)他2社は、同ゴルフ場ホームページ上で「鷹彦スリーカントリー入札のご案内」と題し、入札方法を下記の通り公開した。

 掲載元URL=http://www.takahiko3.co.jp/images/top/nyuusatsu.pdf

 (株)新生銀行(企業情報部、東京都中央区日本橋室町2-4-3、TEL:03-6880-8888)をフィナンシャルアドバイザーとして指名、入札手続きを同銀行が実施するようで、一次入札期限は4月27日となっている。

 破産管財人(4月7日の説明会にて)は、ゴルフ場の営業を継続しながらスポンサー先を模索する方針のようだが、債権者の大半を占める会員(約1400名、約180億円)への弁済は、税金の公租公課が数億円あることから配当は難しいと報告(入札額は1〜2億円を予想)。

 いずれにしても、スポンサー入札次第で配当とゴルフ場の存続が決まることになる。

鷹彦スリーカントリー 入札のご案内

平成27年4月7日
破産管財人 弁護士 長島 良成

 1. 入札のご案内

   鷹彦スリーカントリーの事業継続を支援していただけるスポンサーを募集します。破産管財人からスポ
   ンサー招聘手続きにかかるアドバイザーとして指名を受けた株式会社新生銀行が入札手続きを実施し
   ます。

 2. 取引の条件

   本ゴルフ場の事業の継続と会員のプレー権維持を求めます。

 3. 日程

   4月27日(月)15 時 一次入札期限
   ※ 諸般の事情に鑑み、予告なく予定を変更する可能性があります。

 4. 連絡先

   入札に関するお問い合わせ、及び入札参加希望者は下記の連絡先までご連絡ください。入札参加
   希望者については、破産管財人及び新生銀行による一定の審査ののち、入札手続きへの参加を適
   当と認めたものに対して本入札に関する入札要項を配布します。

   (株)新生銀行 企業情報部
   〒103-8303 東京都中央区日本橋室町2-4-3
   TEL:03-6880-8888  担当 芹澤 健訓
   E-mail:Takenori.Serizawa@shinseibank.com

 今後の経過については、随時、下記HP上で案内されます。

 鷹彦スリーC URL=http://www.takahiko3.co.jp/ (表示方法

鷹彦スリーC(茨城県)を城里GCを経営の(株)ノザワワールドが取得
袋田の滝CC大子コースに名称変更し、7月18日にプレオープン
平成27年7月9日

 破産後に入札となっていた「鷹彦スリーカントリー」(茨城県久慈郡大子町初原十田19-9)を、城里GC(茨城)及びNSAJ(栃木)の経営会社・(株)ノザワワールド(野滓敏伸社長、茨城県ひたちなか市馬渡西谷津3846、TEL:029-271-1116)が、6月30日に取得したことが判明した。

  (株)ノザワワールド URL=http://www.nozawaworld.co.jp/top/index.html

 鷹彦スリーCのホームページ(URL=http://www.takahiko3.co.jp/)上に、下記の通り掲載されており判明したもの。なお、旧経営会社・(株)鷹彦は、7月13日に債権者への報告集会を開催する予定となっている。

 管財人からご利用のお客様へ大切なお知らせ

長島良成法律事務所
弁護士 長島良成

 鷹彦スリーカントリーは、平成27年7月1日をもちまして、(株)ノザワワールドに事業譲渡を致しました。よって、今後は同社によって事業運営がなされることとなります。皆様におかれましては、従前に増して当ゴルフコースをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

 7月18日(土)より仮オープン致します。お問い合わせ先 コース:0295-72-3000

 改修工事後の7月18日にゴルフ場名を、「袋田の滝カントリークラブ大子コース」(TEL:0295-72-3000)に変更しプレオープン、クラブハウスの改装工事等を済ませ10月1日にグランドオープンする予定。ゴルフ場事業費は、取得費(1億5600万円)と改装費、取得税等を含めて4億円近くを見込んでいるという。


 ノザワワールドグループのゴルフ場取得関連ニュース

   ・平成16年8月、城里GC(旧・CC・ザーウイングス、茨城県)を取得

   ・平成19年12月、カワカミバレーCC(旧・カワカミヴィラージュCC、長野県)を取得

   ・平成21年1月、雲雀GC(旧・ロイヤルフォレストGC、茨城県)を取得

   ・平成26年9月、NSAJ(栃木県)を取得

   ・平成26年10月13日をもって、カワカミバレーCCを閉鎖
    跡地にメガソーラー建設計画浮上

   ・平成26年11月30日をもって、雲雀GCを閉鎖
    2ホール(練習場に)を残し、メガソーラー建設計画


 ちなみに、旧会員に関しては”一定の条件でプレー権を引き継ぐ”と、ノザワワールドは話しているようだが詳細は不明(報告集会後に旧会員へ案内する予定)。

 プレー権は継承されそうだが、会員の預託金(負債約200億円)は消えてしまった。


     ↓↓↓ 平成27年7月22日追加

 袋田の滝CC大子C、旧会員を登録料無料に

 (株)ノザワワールド(野滓敏伸社長)は、鷹彦スリーCの旧会員に対して一代限りの権利ながら月例やHDCP取得、会員料金でのプレーが可能なB会員として、登録料無料で受け入れる旨を案内。また、年会費も3・6万円から3万円に値下げし、プレー代も値下げするという。

 会員数は1400名程度だが分割等で会員権口数は1800口強登録。複数保有会員は友人や家族に譲渡して、3万円の入会金支払いで同様のB会員に登録(名変)できる(ともに登録期間け9月末まで)。

 また、旧会員対象にブルー会員(正会員、譲渡可)を20万円で募集、一般募集を30〜50万円で行う計画もあるようだ。

 既報通り、クラブハウスの改装工事等を済ませ10月1日にグランドオープンする予定。ゴルフ場の取得費は2億円弱で、クラブハウス改修や取得税等を含め4億円弱になる見込み。

 なお、旧会員への弁済に関しては公租公課など優先的に弁済するため、現状では会員など一般債権者への分配は無理な状況であることが7月13日に行われた債権者集会で判明。次回債権者集会は11月10日に予定されており、配当がある場合はその際、報告されるようだ。

 袋田の滝CC大子コース 新URL=http://www.fukuroda-cc.com/


     ↓↓↓ 平成27年11月19日追加

 旧・鷹彦スリーカントリーの(株)鷹彦など3社、11月10日に破産手続廃止決定
 一般債権者への配当も無し

 今年3月23日に東京地裁から破産手続開始決定を受けた旧・鷹彦スリーカントリーの関係3社は11月11日、東京地裁にて管財人・長島良成弁護士による債権者集会が開催されたが、3社は11月10日に破産手続廃止決定となったことが判明した。

   ・(株)鷹彦、会員預託金預かり先会社
   ・(株)湘南力、ゴルフ場の不動産所有会社
   ・(株)鷹彦スリーカントリーゴルフサービス、ゴルフ場運営会社

 破産財団の現在高は、10月31日時点で2384万円余。現在判明している財団債権(公租公課や労働債権等)は2404万円余(この内100%弁済すべきは309万円余)。これについては按分弁済することとなり、その弁済率は86・28%という。

裁判所は、破産財団をもって破産手続の費用を支弁するのに不足すると認めるときは、破産手続開始の決定と同時に、破産手続廃止の決定をしなければならない(破産法216条第1項)

 このため、破産財団をもって破産手続費用を支弁することができず破産手続廃止決定となり、会員など一般債権者への配当は無しとなったようだ。預託金約200億円は紙切れとなって消えてしまいました・・・全く酷い話ですね。


     ↓↓↓ 平成30年4月23日追加

 平成30年4月13日、上毛森林カントリー倶楽部(群馬)をノザワワールドグループが取得

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
鷹彦スリーカントリー・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ