千葉国際カントリークラブが民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼時価評価 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース

千葉国際CC(千葉県)を運営・(株)千葉国際カントリークラブ
民事再生法の適用を申請/負債56億9153万円

帝国データバンクより、平成27年1月9日

 帝国データバンク(平成27年1月9日付) http://www.tdb.co.jp/ によると

 「千葉」(株)千葉国際カントリークラブ(資本金1000万円、長生郡長柄町山之郷754-32、代表武田清久氏、従業員20名)は、1月9日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 申請代理人は熊谷信太郎弁護士(東京都千代田区永田町2-11-1、熊谷綜合法律事務所、電話03-3597-0013)。監督委員は小林克典弁護士(東京都千代田区麹町4-2-1、麹町パートナーズ法律事務所、電話03-3234-2941)。

 当社は、1975年(昭和50年)6月に設立され、ゴルフ場「千葉国際カントリークラブ」(千葉県長生郡)の運営を手がけていた。クラブコースは、桜コース、竹コース、松コースの3コースが設営され、丘陵コースが中心。

 東京都内をはじめ首都圏からのアクセスにも優れたゴルフ場として一定の利用客を確保し、92年3月期には年収入高約25億7600万円を計上していた。

 しかしその後は、業界環境の悪化から当社業績も年々低迷。この間、客単価の低下などもあり収益面も厳しく、財務面は債務超過状態が続くなか、2014年3月期の年収入高は約8億円にまで落ち込んでいたうえ、赤字決算が続いていた。

 申請時の負債は、債権者約8265名に対して約56億9153万円。

 なお、1月9日付で、PGMホールディングス(株)(東証1部)が、同社子会社と当社との間でスポンサー基本契約を締結したことを公表している。

 ・・・・    ここまで    ・・・・


 千葉国際CCホームページ http://www.mmjp.or.jp/ckcc/ (表示方法

 同CCの現在の会員数は4685名、その他に預託金返還の待機会員が約3500名(30年の分割返済)いる。預託金額面は35万円、70万円、80万円が主流で預託金総額は47億8635万円となっている。

 その他の債権者は、リース関係8名、金融3名、取引会社約50社で計約9億円の負債。

 参考までに、千葉国際CCの9日現在の会員権相場(正会員名変料25万円、年会費3万円=各税別)は、10万円売りの買いはゼロと、ここ数年間は低位で低迷していたようだ。

PGMホールディングス(株)のIRニュース(発表案内)

 PGMホールディングス・IRニュース http://www.pacificgolf.co.jp/company/ir/index.asp

 子会社のスポンサー基本契約締結に関するお知らせ

2015年1月9日
PGMホールディングス(株)
田中耕太郎 代表取締役社長

 本日、当社の連結子会社であるパシフィックゴルフプロパティーズ(株)(PGP)は、千葉国際カントリークラブ(千葉県長生郡、45ホール)を所有・経営する(株)千葉国際カントリークラブのゴルフ場事業の再生を支援するため、千葉国際CCとの間でスポンサー基本契約を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

 なお、千葉国際CCは、本日、民事再生手続の開始申立てを東京地方裁判所に行っております。

1、スポンサー基本契約締結の理由

 この度、当社連結子会社であるPGPが、千葉国際CCのスポンサーとして、民事再生手続を通じて、運営面や資金面及び人的面の支援などによりゴルフ場事業の再生を図ってまいります。

 当社は、ゴルフ場の保有・運営を主力事業としておりますが、事業拡大のため積極的にゴルフ場の買収を行っております。今後、千葉国際CCを当社連結グループとして子会社化することにより、保有ゴルフ場数の拡大にともなうスケールメリットの追求や運営ノウハウの共有により更なる収益の向上を図り、長期的に安定した収益基盤の構築を目指してまいります。

2、当社子会社の概要(PGP)

  @ 商号 パシフィックゴルフプロパティーズ(株)
  A 本店所在地 東京都港区高輪一丁目3番13号
  B 代表者 代表取締役 田中 耕太郎
  C 設立年月日 平成16年2月4日
  D 資本金 1億円
  E 株主構成及び持株比率 PGMホールディングス株式会社 100%
  F 事業内容 ゴルフ場等の経営 他

3、(株)千葉国際カントリークラブの概要

  @ 商号 (株)千葉国際カントリークラブ
  A 本店所在地 千葉県長生郡長柄町山之郷754番地32
  B 代表者 代表取締役 武田 清久
  C 設立年月日 昭和50年6月12日
  D 主な事業の内容 ゴルフ場の経営等

  ・・・・    中 略    ・・・・

4、スポンサー基本契約の骨子について

 スポンサー基本契約においては、千葉国際CCの民事再生手続においてPGPによる資金援助により千葉国際CCのゴルフ場事業の再生支援を行うことを合意しております。なお、具体的な出資等の方法や日程等は、今後策定する再生計画案の中において決定される予定です。

 ・平成27年1月9日 スポンサー基本契約締結
 ・平成27年1月9日 千葉国際CCの民事再生手続開始の申立

 *再生計画案の付議及び認可決定、並びにその後のゴルフ事業承継の日程に関しましては、
  現時点では未定です。

  ・・・・    以下略    ・・・・

 発表元     URL=http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1204842

 1月15日に日比谷公会堂で会員説明会が開催される予定。


     ↓↓↓ 平成27年1月28日追加

 平成27年1月9日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した(株)千葉国際カントリークラブは、1月16日に同地裁より再生手続開始決定を受けた。再生債権の届出期間は同年2月13日まで、再生債権の一般調査期間は同年3月20日〜3月27日までとなっている。

民事再生手続き中の千葉国際CC(千葉)再生計画案を会員に配布
PGMグループがスポンサーで、弁済率は53%
平成27年5月12日

 民事再生手続き中の「千葉国際カントリークラブ」(45H、千葉県)の経営会社・(株)千葉国際カントリークラブ(武田清久代表取締役)は、会員及び一般債権者にに再生計画案を配布したことが判明した。同計画案の賛否を問う決議は6月2日(書面投票)、債権者集会は6月10日となっている。

 既報通り、同CCのスポンサーにPGMグループのパシフィックゴルフプロパティーズ(株)(PGP)が就任する方針で、計画案の骨子は、

 (株)千葉国際カントリークラブは発行済み株式全部を消却(減資)、スポンサー予定のPGPが普通株式200株の募集株式(計5000万円が新資本金)を引き受ける(ゴルフ場名称は変更される予定)。


 会員への弁済率は

  ・退会及び継続会員の弁済率は、預託金を47%カットし残り53%を弁済

    退会会員は、認可決定確定日から4ヵ月後の日が属する月の末日に一括弁済

    継続会員は、弁済額が新預託金(10年据置)となる、

  *退会及び継続の意思表示は、認可決定確定日から1ヵ月後の日が属する月末日

  *今後の手続き http://www.mmjp.or.jp/ckcc/images/20150424law.pdf 表示方法


 確定再生債権者総数は8086名、確定再生債権総額は51億9347万3491円。未払いの共益債権2億9160万円(業務委託費用)と今後発生する共益債権は随時支払うという。

 同CCは、景気低迷等による売上高の減少や会員の預託金返還請求の増加、加えて一部会員からの訴訟もあり、やむを得ず民事再生手続きの申立に至ったようだ。


     ↓↓↓ 平成27年6月22日追加

 千葉国際CC、再生計画案が可決し、即日認可決定を受ける

 既報通り、千葉国際CCの経営会社・(株)千葉国際カントリークラブ(武田清久代表取締役)の再生計画案の賛否を問う債権者集会が6月10日に開かれ、議決権者数で97・7%(5442名中5319名)、議決権額87・4%(51億9347万3491円中)の賛成多数で可決し、即日東京地裁より認可決定を受けた。

 再生計画案は、PGMホールディングス(株)の子会社・パシフィックゴルフプロパティーズ(株)がスポンサーとなり、ゴルフ場事業を再建するというもので、9月1日からPGMグループのパシフィックゴルフメネジメント(株)が運営する予定。

 債権者への弁済率も前述既報通り、ゴルフ場名は変更しないという。

 訴訟もあり、やむを得ず民事再生手続きの申立に至ったようだ。


     ↓↓↓ 平成27年7月13日追加

  平成27年7月7日、東京地裁より再生計画案の認可決定確定を受ける


     ↓↓↓ 平成27年9月1日追加

 平成27年9月1日、PGMグループとしての運営を開始

 千葉国際CC 新URL=http://www.pacificgolf.co.jp/chibakokusai/

  ※新証券(旧額面の53%が新預託金、10年据置)は11月下旬に発送予定、
   旧証券は8月31日をもって無効となりましたのでご注意下さい。


     ↓↓↓ 平成28年1月26日追加

 平成28年1月4日付、(株)千葉国際カントリークラブが再生手続終結決定を受ける

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
千葉国際カントリークラブ・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ