チェリーゴルフの「ナンノグループ」、30億円所得隠しで約6億円の追徴課税

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

チェリーゴルフの「ナンノグループ」30億円所得隠し
国税局から税務調査/追徴税額は約6億円

平成25年11月14日

 報道各社によると、不動産業やゴルフ場経営等を展開するナンノグループ(持ち株会社=ナンノホールディングス=以下ナンノHD、大阪府摂津市)の関連企業10数社が、2011年(平成23年)3月期までの6年間に約30億円の所得隠しを指摘され、重加算税などを含む約6億円の追徴課税を課せられたことが判明した。既に修正申告し、全額納付されたという。

  ナンノコーポレーション URL=http://www.nanno-jp.com/

 指摘されたのは、ナンノHDや土地賃貸業のナンノコーポレーション、ゴルフ場運営会社(チェリーゴルフグループ)などの10数社で、大阪、金沢、広島、福岡、熊本の各国税局が連携、グループ内での土地の仮装売買により架空の売却損を計上し、所得を不正に圧縮したと認定されたようだ。

 同グループは弊社でも掲載している通り、経営破綻したゴルフ場を買収し再建する形でゴルフ場事業を拡大。現在は、北陸(3コース)や近畿(5コース)、中国四国(5コース)、九州(9コース)でゴルフ場を運営している。

  チェリーゴルフグループ URL=http://www.cherry-group.jp/index.php

 また、10月31日の読売新聞によると、同グループの実質経営者は元大阪府民信用組合理事長で、大阪の中堅商社「イトマン」事件に絡み、ホテル経営会社に不正融資を行ったとして背任罪で有罪判決が確定していると報道している。

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

その他・ゴルフ場関連ニュースへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ