破産の旧・ホワイトバーチカントリークラブ、資産の回収目指し関係2社を提訴

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

旧・ホワイトバーチCC(茨城県)、資産の回収目指し
(株)ファッド及び(株)ワンウェイゴルフクラブを提訴

平成24年9月18日
破産者 株式会社ゆたか環境緑化
破産管財人弁護士 桑島 英美

 平成23年12月7日に東京地裁より破産手続開始決定を受けた、「旧・ホワイトバーチカントリークラブ」(茨城県土浦市沖宿町3476)の経営会社・(株)ゆたか環境緑化の破産管財人桑島英美弁護士は、9月18日に開催した債権者説明会において進行状況等を説明した。

 その中で、資産回収の目的で(株)ファッドとゴルフ場施設保有会社・ワンウェイゴルフクラブ(旧・(株)三光)に対して、仮差押の申立て及び否認請求の申立てを行ったことを明らかにした。

 → ホワイトバーチCCの過去の経緯

「第2回債権者集会期日のご報告及び次回期日のお知らせ」

 ・・・・    前 略    ・・・・

 当職は、第1回債権者集会以降、

  @ 株式会社ファッド(以下=ファッド)

  A 株式会社ワンウェイゴルフクラブ(旧商号:株式会社三光、以下=ワンウェイGC)

 2社に対する仮差押の申立て及び否認請求の申立てを行いました。それらの内容は以下のとおりです。


@ ファッドに対する仮差押の申立て及び否認請求の申立てについて

 ファッドは、破産者との間で平成18年12月27日付債務弁済契約公正証書等を締結していた債権者です。

 破産者は、平成23年7月7日から同年10月20日までの間に、ファッドから同公正証書に基づく債権差押命令の申立てを受け、合計5902万7259円を強制執行手続によって回収されていました。

 当職は、かかる債務弁済行為は、破産者が支払不能になった後にした行為であって、ファッドも破産者の支払不能を知っていたものであり、破産法162条1項1号に基づく否認請求(当該債務弁済行為を否認し、弁済金合計5902万7259円の返還を請求すること)を行うべきと判断し、平成24年6月21日、ファッドに対する否認請求の申立てを行いました。

 当該申立事件は、現在も審理継続中です。

 なお、当職は、当該否認請求の申立てに先立ち、上記返還請求権を保全するため、ファッドに対しファッドの銀行預金を対象とした債権仮差押の申立てを行い、同年5月22日、債権仮差押決定を得て、預金の仮差押を行いました。


A ワンウェイGCに対する仮差押の申立て及び否認請求の申立てについて

 ワンウェイGCは、本件ゴルフ場の土地建物を所有していたものであり、破産者は、ワンウェイGCより土地建物を賃借して、本件ゴルフ場を運営しておりました。

 ワンウェイGCは、平成23年1月ころより破産者が賃料支払を滞納したことから、同年5月、水戸地方裁判所土浦支部に対し本件ゴルフ場の明渡請求訴訟を提起し、同年9月、請求認容判決を取得したうえ、同判決に基づき不動産明渡しの強制執行の申立てを行いました。

 その結果、同年12月6日、同強制執行が実施されました。

 また、ワンウェイGCは、同日、破産者より、本件ゴルフ場の土地建物内に存在する、破産者所有の動産の一切を代金750万円で買い受けております。

 当職は、これまでに判明した事実関係から、破産者とワンウェイGCとの間で行われたのは単なる動産の売買ではなく、「一定の事業目的のために組織化され、有機的一体として機能する財産」たるゴルフ場事業の譲渡であると判断し、平成24年6月21日、ワンウェイGCに対し、破産法160条1項1号及び同条3項に基づく否認請求の申立て(適正な事業譲渡対価と動産売買代金として受領済みの750万円との差額の償還を請求する申立て)を行いました。

 当該申立事件は、現在も審理継続中です。

 なお、当職は、当該否認請求の申立てに先立ち、ワンウェイGCに対し、同社の所有不動産の一部につき仮差押申立てを行い、同年5月18日、仮差押決定を得ております。

 ・・・・    以下略    ・・・・

 掲載元URL=http://www.whitebirch-cc.com/image/assemble_2nd_report.pdf → 平成25年5月閉鎖

旧・ホワイトバーチCC(茨城県)・僅かながら会員等ヘ配当が可能
平成25年2月6日

 破産手続中で「旧・ホワイトバーチカントリークラブ」(元・霞友GC、現・ワンウエイGC)の旧運営会社・(株)ゆたか環境緑化の破産管財人・桑島英美弁護士は、1月29日に開催した第3回債権者集会の概要を、旧・ホワイトバーチCCホームページ上で公表した。

 その中で、平成24年9月18日既報の(株)ファッド及び(株)ワンウェイGCに対する、仮差押の申立て及び否認請求の申立てについて下記のように報告し、預託金会員等の債権者に配当できる見込みの金額が1億4637万4834円となったことが判明した。

 @ ファッドに対する仮差押の申立て及び否認請求の申立てについて

   (株)ファッドが破産会社から回収した5902万円余を、破産法に基づく否認請求で600O万円
   として取り戻す。

 A ワンウェイGCに対する仮差押の申立て及び否認請求の申立てについて

   (株)ワンウェイGCからも8500万円を回収した。

 結果、23年12月7日〜25年1月24日の収支計算書では、収入の部は2億3358万円余となり配当が可能になったようだ。最終的な配当率は確定していないものの、3月頃には配当の手続きを開始するという。ただし、7000名以上の会員が在籍していたため、配当金は僅かな金額となりそうだ。

 掲載元URL=http://www.whitebirch-cc.com/image/mtg_3rd_result.pdf → 平成25年5月閉鎖

     ↓↓↓ 平成25年4月17日追加

 4月18日に配当金が振り込まれることが明らかになった。配当率は1・3558%で配当金総額は1億4634万9259円となり、1件当たり8200円台(配当件数1774件)。

     ↓↓↓ 平成25年6月5日追加

平成25年5月7日付けで、(株)ゆたか環境緑化が東京地裁より破産手続き終結決定を受ける

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
ワンウェイゴルフクラブ(旧・ホワイトバーチCC)・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ