富士スタジアムゴルフ倶楽部(滋賀県)が民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場経営・株式会社富士スタジアムゴルフ倶楽部
民事再生法の適用を申請、負債430億円

帝国データバンクより、平成24年7月3日

 「滋賀」 (株)富士スタジアムゴルフ倶楽部(資本金1000万円、甲賀市甲賀町五反田574、代表福田康生氏、従業員52名)は、7月2日に大津地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 申請代理人は福田健次弁護士(大阪市中央区北浜2-3-9、電話06-6201-4457)。

 当社は、1991年(平成3年)12月に設立。ゴルフ場「富士スタジアムゴルフ倶楽部」(甲賀市甲賀町)の経営を手がけ、96年8月に「南コース」(18H)、98年10月に「北コース」(18H)をオープン。

 両コースの設計・監修にはプロゴルファーの尾崎将司氏が携わるなど話題となり、2000年3月期には年収入高約13億円をあげていた。

 しかし、メーンバンクであった幸福銀行が99年に経営破たんしたことから、ゴルフ場建設のための同行からの借入金は2001年に整理回収機構に譲渡され厳しい金融環境にあったほか、近年は景気低迷に伴う来場者数の減少やプレー費の見直しなどから2011年3月期の年収入高は約7億円にダウン。

 更に南コースオープン時に募集した会員230名に対する預託金の償還時期が今夏に迫り、今回の措置となった。

 負債は金融債務および預託金を中心に約430億円の見込み。

 ・・・・   ここまで   ・・・・


 ・富士スタジアムゴルフ倶楽部 南コース

 URL=http://fsgc.jp/south/s_top.html
 滋賀県甲賀市甲賀町五反田574
 TEL:0748-88-6600

 ・富士スタジアムゴルフ倶楽部 北コース

 URL=http://fsgc.jp
 滋賀県甲賀市甲賀町和田702-2
 TEL:0748-88-6565


 (株)富士スタジアムゴルフ倶楽部は、母体の大手不動産業・(株)富士住建(大阪市住吉区苅田5-18-12)が進めていた36ホール計画の同ゴルフ場開発を担当し、平成9年には西暦奇数年に奇数日利用可の「さくら会員」と、偶数年に偶数日利用可の「かえで会員」をそれぞれ500万円(預託金350万円=15年据置)で初の募集を開始。

 富士グループ URL=http://fujigroup.co.jp/

 その後も、南コース限定の正会員650万円(450万円=同)、北・南両コース利用できる共通会員も募集していたというが、幸福銀行からのゴルフ場建設に伴う借入金が整理回収(RCC)に譲渡されたという。

 今後の方針は未公表だが、近いうちに債権者説明会を開くとしている。


    ↓↓↓ 平成24年7月31日追加

 平成24年7月19日、大津地方裁判所民事部より再生手続開始決定を受ける

  ・再生債権の届出期間 平成24年8月30日まで

  ・再生債権の一般調査期間 平成24年10月11日〜同年10月25日まで


    ↓↓↓ 平成25年4月10日追加

 平成24年4月5日付け官報によると、(株)富士スタジアムゴルフ倶楽部の再生計画案が平成24年2月22日に提出され、計画案の決議を問う債権者集会が、5月10日に開催されることが判明した。

 再生計画案の内容等は不明だが、一般社団法人を利用した自主再建型だという噂があるようだ。


    ↓↓↓ 平成25年5月20日追加

 既報通り、計画案の決議を問う債権者集会が5月10日に開催され再生計画案を可決、同日に大津地裁より認可決定を受けた。計画案の内容等に関して公表を控えているという。


    ↓↓↓ 平成25年6月24日追加

 計画案の概要が判明。一般社団法人を設立し同法人が(株)富士スタジアムGCの全株式を取得し経営・運営に当たる(株式会社富士スタジアムGCはゴルフ場等の資産保有だけの会社となる)。

 退会会員には数パーセントを一括弁、継続会員は5万円を出資して一般社団法人の社員となる内容。RCCへの債務は会社側が順次返済する計画のようだ。


    ↓↓↓ 平成25年9月27日追加

 平成25年9月11日付けで(株)富士スタジアムゴルフ倶楽部が、大津地方裁判所民事部より民事再生手続き終結決定を受ける。

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
最新・ゴルフ場倒産関連ニュースへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ