昇仙峡カントリークラブが民事再生法を申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

ゴルフ場経営・株式会社昇仙峡カントリークラブ
民事再生法の適用を申請、負債38億円

帝国データバンクより、平成24年5月18日

 「山梨」 (株)昇仙峡カントリークラブ(資本金1億円、甲斐市牛句3859、代表櫻井智純氏、従業員約60名)は、5月18日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は岡正晶弁護士(東京都千代田区丸の内2-4-1、梶谷綜合法律事務所、電話03-3212-1451)ほか4名。監督委員は鈴木雅芳弁護士(東京都港区虎ノ門2-8-1、多田総合法律事務所、電話03-3597-8855)。

 当社は1967年(昭和42年)10月に大手酒類メーカーや地元有力者等の出資により設立、70年10月に「昇仙峡カントリークラブ」(27ホール)をオープンした。

 富士山、八ヶ岳、南アルプスの3コースからなり、富士山コースは各ホールから富士山が望めるほか、八ヶ岳、南アルプスの各コースも眺望に恵まれ、会員数は2700名を数え、経営基盤を築いていた。中央高速自動車道双葉スマートインターから近く、県外客の利用も多く、2003年12月期の年収入高は約5億6700万円を計上していた。

 しかし、近時は長引く市況低迷により集客の伸び悩みから経営不振に陥っていたため、2009年3月にはオーナー交代により経営刷新に努めたが、多額の累損を抱え、財務内容は逼迫していた。

 さらに、リーマン・ショックや東日本大震災の影響から計画通りの集客を確保できず、すでに預託金の償還期限を迎え、会員からの返還請求に応じられない事態となっていた。

 こうしたなか、2011年12月期の年収入高は約4億2000万円に低迷、今後も順次、預託金の返還請求が予想されることから今回の措置となった。

 負債は約38億円(内預託金は20億円)。

 なお、債権者説明会は5月24日6時コラニ―文化小ホール会場。

 ・・・・ここまで


 椿ゴルフ追加

 昇仙峡カントリークラブ(TEL:055-277-7611)は、洋酒のサントリーと山梨日日新聞が共同で建設し、昭和45年10月にオープンした会員制のゴルフ場だったが、平成21年3月31日に経営会社・(株)昇仙峡カントリークラブの全株式を保有するサントリー(株)は、ローンスター(LS)グループのスター・キャピタルとスター・プロパティーズの両社に売却、パシフィックゴルフマネージメント(株)(PGM)と運営委託契約が結ばれ経営交代した。

 → 昇仙峡CCの過去の経緯

 尚、民事再生法申請に関して、同CCホームページ上にて、下記のようにコメントしている。

 昇仙峡CC URL=http://www.syosenkyo-cc.com

 ・・・前略

株式会社昇仙峡カントリークラブ
代表取締役社長 櫻井 智純

 会員の皆様におかれましては、従前通りプレーを継続していただくことができますが、会員権の名義書換につきましては、しばらくの間、停止させていただきますので、ご了承ください。

 皆様には多々ご迷惑をお掛けいたしますことに、重ねてお詫び申し上げますが、引き続き、ご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 ※尚、当件に関してのお問い合わせは、下記専用電話でお受けいたしております。

 TEL:055-277-7612

    ↓↓↓

 5月28日に東京地裁より再生手続開始決定を受ける

昇仙峡CC(山梨県)・スポンサー選定で公募の案内文を送付
平成24年6月4日

 再生手続中で「昇仙峡カントリークラブ」の経営会社・(株)昇仙峡カントリークラブは、スポンサーを広く募り、債権者にできるだけ多く弁済したいという目的から、5月29日付けで大手ゴルフ場企業やゴルフ場を積極的に買収している企業などを中心に案内文を送付(案内文の送付を受けていない企業の入札参加も可)したことが判明した。

 入札手続きの担当部署は、梶谷綜合法律事務所(TEL:03-3212-1451)となっておりますので、詳細事項に関しては直接お聞きになって下さい(PDF電子メール=syosenkyocc@kajitani.gr.jp)。 7月3日が提案書の提出期限となっています。

 ちなみに、5月24日に開催された債権者説明会での資料によると、負債総額は約36億7619万円(内1912名の会員預託金が20億4830万円余、金融債務(無担保で1件)が15億8160万円余となっている。

昇仙峡CC(山梨県)のスポンサーにシャトレーゼHDを選定
平成24年8月6日

 6月4日既報通り、民事再生手続中でスポンサーを公募(入札)していた「昇仙峡カントリークラブ」の経営会社・(株)昇仙峡カントリークラブのスポンサーに、今年の4月23日に東京国際GCを取得し全国で12コースを経営する(株)シャトレーゼホールディングス(以下=シャトレーゼHD、齊藤寛代表)が内定したことが判明した。

 (株)シャトレーゼ(山梨県甲府市下曽根町3440-1、TEL:055-266-5151)
    会社概要=http://www.chateraise.co.jp/company/01_info.php

 入札には4社が参加、その中で8億円の最高入札価格を提示したのがシャトレーゼHDであったことが、8月1日に会員に宛てた通知で判明したもの。また、同社は「会員を重視した経営」、「従業員の再雇用の確保」等も約束もしていることから、同社を最優先のスポンサー候補としたようだ。

 シヤトレーゼグループゴルフ場

 URL=http://www.chateraise.co.jp/company/06_group.php#Golf

 同グループは、地元山梨県では甲斐ヒルズCC春日居GC都留CCを経営し、今回の昇仙峡CCで4コース目(全国13コース)となる。

 会員への弁済率に関しては未公表(30%前後との見方)も、退会会員は弁済額を一括弁済、継続会員は弁済額の中から10万円を新預託金としプレー権を保障、残額は一括弁済する内容という。

 尚、同CCの一部会員が「昇仙峡CC会員の権利を守る会」を発足(代理人=田邊勝己弁護士)させていたが、守る会もスポンサー候補として、会員重視、地元の優良企業、雇用確保などを要望しており、結果的には希望通りの選定となったため、このままシャトレーゼHDに決定されるものと思われる。

昇仙峡CC(山梨県)シャトレーゼとスポンサー契約し、手付金として1・6億円を受領
平成24年8月27日

 民事再生手続中で昇仙峡カントリークラブの経営会社・(株)昇仙峡カントリークラブは、既報通り(株)シャトレーゼホールディングス(齊藤寛代表)とスポンサー契約を8月3日に締結し、手付金として1億6000万円を受領した旨を会員を含む一般債権者に報告したことが判明した。


 同CCの計画案の骨子は、

  ・シャトレーゼ8億円を拠出して再建を図る他に、(株)昇仙峡CC資産から3000万円以上を
   弁済金に当てる。

  ・約15億8100万円(全体の約43%)を有する金融債権者であるローンスター(LS)グループの
    (株)スター・キャピタルが配当率約5%相当の8000万円の弁済額で応じる。
   (再生計画案が早期かつ円満に確定することが条件)

  ・その他の内容は既報通り。


 また、再生計画案を慎重に作成するためにアンケート調査も実施しているようだ。

 というのも、会員組織「昇仙峡CC会員の権利を守る会」(輿石政雄代表)を結成し、群馬県のストーンヒル藤岡ゴルフクラブの経営会社・滝田建材(株)(瀧田雅彦社長、甲府市)をスポンサー候補として、会社側の計画案に反対の運動を起こしているためと考えられる。

 この動きに(株)昇仙峡CC側は強く反発、スポンサーの選定は公平・公正な手続きで行ったと説明しているという。

 8月6日に下記のように掲載したが、

 『 同CCの一部会員が「昇仙峡CC会員の権利を守る会」を発足(代理人=田邊勝己弁護士)させていたが、守る会もスポンサー候補として、会員重視、地元の優良企業、雇用確保などを要望しており、結果的には希望通りの選定となったため、このままシャトレーゼHDに決定されるものと思われる 』

 誠に以て恥ずかしい話で、今後の成り行きを見守るしかないようだ。

    ↓↓↓ 平成24年9月13日追加

 「昇仙峡CC会員の権利を守る会」の活動が活発なため、別の会員が「シャトレーゼホールディングスを推薦する昇仙峡CC有志の会」を発足させ対抗活動を開始、会社案に賛成するよう呼びかけているという。

 9月13日が再生計画案の提出期限、双方が計画案を提出する模様だが、裁判所が守る会の計画案を決議対象とするか否かが注目されることになった。

昇仙峡CC(山梨県)・会社側と守る会の再生計画案の内容が明らかに
賛否を問う債権者集会は12月12日に開催
平成24年10月18日

 (株)シャトレーゼホールディングスをスポンサーとする会社案と、「昇仙峡CC会員の権利を守る会」がスポンサー候補としたストーンヒル藤岡Gの経営会社・滝田建材(株)とで争っている、「昇仙峡カントリークラブ」の再生計画案の賛否を問う債権者集会が、12月12日(12月4日締切の書面投票と併用)に東京地裁で開催されることが判明した。

 尚、10月下旬に再生計画案が会員を含む一般債権者へ同地裁より郵送される予定。


 再生計画案の骨子は、

  ▽ 会社側案
    ・ (株)シャトレーゼホールディングスをスポンサーとし、支払原資は8億円
    ・ ローンスターグループの(株)スター・キャピタルへの弁済率は5%
    ・ 退会会員は、10万円+10万円を超える金額の約30%
    ・ 継続会員は、10万円を超える約30%に関しては退会会員と同で、新預託金は10万円となる

  ▽ 守る会側案
    ・ 滝田建材(株)をスポンサーとし、支払原資は4億円
    ・ ローンスターグループの(株)スター・キャピタルへの弁済は、他の債権者と同じ弁済率
    ・ 退会会員は、15万円+15万円を超える金額の約3・4%
    ・ 継続会員は、15万円を超える約3・4%に関しては退会会員と同で、新預託金は15万円となる


 ちなみに、会社側が8月下旬に会員へアンケート調査(910名の回答有り)を行った結果、シャトレーゼをスポンサーとする事に反対を表明した会員は、僅か12名だったという。

 スポンサー契約を8月3日に締結し、手付金として1億6000万円を受領していることや今回のアンケート調査の結果から鑑みて、シャトレーゼをスポンサーに迎えて再建を図る会社側の再生計画案が、可決される可能性が濃厚となったと判断出来る。

昇仙峡CC(山梨県)・シャトレーゼグループがスポンサーの会社案が可決
同日、東京地裁から認可決定を受ける
平成24年12月17日

 12月12日に民事再生手続中で「昇仙峡カントリークラブ」の経営会社・(株)昇仙峡カントリークラブの債権者集会が開かれ、出席債権者数1307名中1049名(80・26%)、議決権総額では83・45%の賛成多数で(株)シャトレーゼホールデインダスをスポンサーとした会社案の再生計画案が可決し、同日、東京地裁から認可決定を受けたことが判明した。

 滝田建材(株)の子会社でストーンヒル藤岡GC(群馬)を経営する藤岡温泉ゴルフ&ホテルリゾート(株)をスポンサーとした計画案に賛成したのは1307名中239名(18・29%)、議決権総額では5・38%だった模様。

 また、昇仙峡CCホームページでも「再生計画案の認可決定のご報告」と題し、櫻井智純代表取締役社長の挨拶文が12月12日付けで掲載されております。

株式会社 昇仙峡カントリークラブ
代表取締役社長 櫻井 智純

弊社再生計画案の認可決定のご報告

 謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 さて、弊社作成の再生計画案は、平成24年12月12日、東京地方裁判所にて開催された債権者集会において、債権者の賛成多数をもって可決され、同日、同裁判所により認可決定を受けました。

 皆様のこれまでのご支援・ご助力に対し、心よりお礼申し上げます。

 弊社は、再生計画に対する認可決定が確定したのち、新スポンサーである株式会社シャトレーゼホールディングス様のご支援を受け、再生計画を確実に遂行しつつ、ゴルフ場を長期的・安定的に運営していく所存です。

 また、会員の皆様におかれましては、会員契約の継続・退会をご選択いただく予定です。認可決定が確定したのち、詳細については改めてご案内申し上げます。

 皆様には大変なご心配ご迷惑をお掛けいたしておりますが、引き続き、弊社の民事再生手続にご支援ご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

謹 白

 計画案は、10月18日既報通りで(株)昇仙峡CCは100%減資後に新たに発行する募集株式(資本金9500万円、資本準備金9500万円)をシャトレーゼHDに割り当てるもの。会員への弁済条件も既報通りとなっている。

 シャトレーゼは、4月23日に東京国際GCを取得しており、昇仙峡CCを含めると13コース目となる。

 シヤトレーゼグループゴルフ場

 URL=http://www.chateraise.co.jp/company/06_group.php#Golf

     ↓↓↓

 平成25年1月9日、東京地裁より再生計画認可決定確定を受ける

     ↓↓↓ 平成26年2月5日追加

 平成25年12月20日付で、(株)昇仙峡カントリークラブが同地裁より再生手続き終結決定を受ける

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
昇仙峡カントリークラブ・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ