信州駒ヶ根CC・9200万円で入札に

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

信州駒ヶ根CC(長野県)・入札可能価額は9200万円で入札

平成24年3月9日

 平成20年5月14日に大坂地裁より破産手続き開始決定を受けた「信州駒ヶ根カントリークラプ(長野県駒ヶ根市中沢9035)の保有会社・大有開発(株)の破産管財人・吉田大地弁護士(TEL:06-6365-6038)は、同CCの事業譲渡先を決めるための入札を行うと関係7社に案内したしたことが判明した。

 → 信州駒ヶ根CCの過去の経緯

 入札可能価額は9200万円の予定で、開札日は3月26日としている。破産から4年も経過した理由として吉田弁護士は、「担保権者との調整が付かず訴訟にもなっていたため」と話している。

 ちなみに、応札なき場合は再入札、それでも応札がなかった場合は随時売却手続きにする予定という。

 尚、同CCの運営はこれまで元従業員らが設立した新会社・(株)アルプスグリーンが継続していた。

信州駒ヶ根CC(長野県)・応札なしも運営は新会社で継続か
平成24年4月2日

 既報通り、信州駒ヶ根カントリークラブ(保有会社=大有開発(株)、登記面=大阪市西区)の事業譲渡先を決める入札が行われたが、3月23日までに応札が1社もなく入札は不成立となったことが判明した。

 破産管財人の吉田大地弁護士は、再入札に関しては「検討中」と話しているという。

 ちなみに、(株)アルプスグリーンの運営委託契約は解除しているが、アルプスグリーンに雇用されていた従業員らが、共同出資で(株)フルグレイト(住所=コースと同、TEL:0265-87-2578)を設立し、継続して営業を開始する考えのようだ。

    ↓↓↓

 平成24年4月7日、ゴルフ場名を変更し営業再開

 「信州駒ヶ根カントリークラブ」→「駒ヶ根カントリークラブ」
信州駒ヶ根CC(長野県)事業穣渡先とのトラブルで10月末で営業停止状態
ゴルフ場としての存続危機に
平成24年11月28日

 破産手続中で地元有志等が共同出資で設立した(株)フルグレイトが、管財人:吉田大地弁護士の承認のもとで運営を行ってきた「駒ヶ根カントリークラブ」(旧・信州駒ヶ根CC)の保有会社・大有開発(株)だが、担保権者とのトラブルで10月末で営業をストップ、ゴルフ場の閉鎖危機に陥っていることが判明した。

 この件に関しましては、市の発表で担保権者である大阪市の(株)サン・エフ企画側が、ゴルフ場事業は行わずにメガソーラー事業に転用する目的であることを隠したまま、契約締結(10月17日)したかのように掲載しましが、事実関係は全く違うようであることが判明しました。

 また、同企画が市(管財人)契約破棄を受け長野地裁に競売申請したかのように掲載しましたが、これも間違いで今年3月頃には既に申請していた事も判明。

 市及び管財人側の全く根拠のない発表により、今回の記事を掲載したことを深く反省し(株)サン・エフ企画さまには深くお詫び申し上げます。この件に関しましては、事実関係がハッキリするまで掲載を控えさせて頂きます。


 ちなみに、長野日報(11月19日付 http://www.nagano-np.co.jp)では

 掲載元URL=http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=26819

 上記、長野日報の記事に関しても、(株)サン・エフ企画側が証拠に基づいて事実関係を説明しており、長野日報も納得した上で調査中とのこと、以下、弊社での一部掲載記事(長野日報の記事)を削除させて頂きました。

 以上、何卒、よろしくお願い申し上げます。


     ↓↓↓ 平成25年4月10日追加

 3月30日に営業再開。破産管財人が”コース管理が必要”として、旧・運営会社の(株)フルグレイト役員が設立した(株)アルヒート(住所=コース、北原猛代表取締役)に運営を委託し再開となったようだ。


     ↓↓↓ 平成25年11月13日追加

 平成25年11月1日より、新経営会社の下で営業開始

 新経営会社は、大阪で印刷業を営む(株)サン・エフ企画(牧野幸日代表)で、自己競落により破産管財人とも什器備品などの譲渡を含め決着。同社が、ハウスの水道や電気系統を修繕し、50台の乗用カートの整備も行い営業に漕ぎ着けたという。

 但し、ホテル及びレストランの営業は行っていないようだ。尚、ゴルフ場名は「駒ヶ根カントリークラブ」→「駒ヶ根カントリー」(TEL:0265-87-2270、FAX:0265-87-2271)に変更している。

 ちなみに、旧会員のプレー権も認めておりメンバー料金(全日5千円)でプレー出来るという。


     ↓↓↓ 平成27年12月15日追加

 駒ヶ根カントリーを閉鎖し、メガソーラー計画浮上

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
信州駒ヶ根カントリークラプ・ゴルフ場ガイドへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ