朝日カントリークラブ・朝日観光開発(株)が自己破産申請

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

朝日CC(山形県)経営「朝日観光開発(株)」が自己破産申請

平成23年11月7日

 山形新聞(電子版、11月5日)によると、「朝日カントリークラブ」(山形県鶴岡市熊出字仲台11-3、TEL::0235-58-1810 )の経営会社・朝日観光開発(株)(山形県鶴岡市熊出字黒沢6-2、吉田伸成社長)は、11月2日付で東京地裁より自己破産手続の開始決定を受けたことが判明した。

 申請代理人は澤野正明弁護士(TEL:03-6212-5500)で、破産管財人には、八木清文弁護士(TEL:03-3501-2005)が選任されている。

 山形新聞 参照元 URL=http://yamagata-np.jp/news/201111/05/kj_2011110500148.php

 朝日CCは、山形自動車道・庄内あさひICより2qと立地条件も良く、鳥海山や出羽三山の主峰・月山を一大パノラマで視界に収められる眺望のいい丘陵コース(18ホール、7083Y、P72)。

 朝日観光開発(株)は、千代田プロヂェクト(株)(東京都中央区)の分社化の一環で1978(昭和53)年5月に設立され、99年に同CCをオープンさせたが、バブル崩壊も影響し工期が大幅に遅れ、会員権の募集も伸び悩んだという。

 千代田プロヂェクト(株)は、旧・住専大口融資先の不動産業者であったが、1998年10月にはメーンバンクの旧・長銀が破綻し、当社向け債権が整理回収機構へ移管され、以降は金融債務返済のため不動産処分を進め、有用資産の完売後の2002年(平成14年)10月に自己破産を申請した(負債総額1480億円)。

 2002年9月期に1億7200万円の売上高を計上後は、長引く景気低迷や母体企業で不動産業の千代田プロヂェクト(株)が経営不振に陥入り自己破産をしたこともあり、資金繰りは急速に悪化し、10年9月期は8800万円まで落ち込んでいた模様。

 赤字を埋めるための借入金が膨らみ、経費削減などの他、今年6月に代表交代を行うと共に役員は辞任し経営の立て直しを狙ったが不調に終わり、業況は改善せず今月3日に営業を停止し従業員を解雇、今回の措置となったようです。

 負債総額は約21億円(会員数214人、1人当たりの預託金は300万円前後含む)の見通しで、県内で今年最大の負債総額だとか。

 尚、来年3月13日に債権者集会を予定している。

   ↓↓↓ 平成23年11月11追加

 東京地裁は、破産者の財産で債権者に対する配当が出来ない可能性が高いとし、破産債権の届出期間と破産債権の調査のため期日は当分定めない模様で、配当見込みは薄いとみているらしい。

 破産管財人は、来春までに買受先を決めたい考えで、売却額は数千万円程度を見込んでいるようだが、その他コース整備に1億円程度は掛かりそうで、経営に意欲のある事業者を捜しているという。

朝日CC(山形県)・(株)市川ゴルフ興業が買収し6月にも営業再開
平成24年5月17日

 昨年の11月2日付で東京地裁より自己破産手続の開始決定を受けた「朝日カントリークラブ」(18H、山形県鶴岡市、TEL::0235-58-1810 )を5月14日付けで、(株)市川ゴルフ興業(東京都練馬区大泉学園町8-18-10、TEL:03-3925-0039、市川金次郎代表取締役)のグループが取得したことが判明した。

 破産管財人の八木清文弁護士と5月14日に、事業譲渡契約を結び買収したもので、買収金額は未公表も数千万円程度と思われる。

 会員(約200名)の処遇は検討中だが、プレーは当面会員料金で受け入れる模様で、ゴルフ場名や電話番号の変更はないという。コースメンテナンスを行いながら、6月早々の営業再開を予定。

 尚、同CC経営の朝日観光開発(株)には、公租公課滞納分(約2億3千万円)や破産手続費用等の負債があり、既報通り、債権者に対する配当が出来ないようで、近々にも破産廃止になる予定。

 市川ゴルフ興業グループは、今回の買収で系列ゴルフ場は20コースとなるが、東北地区では下記4コースを取得し傘下に収めている。

 ・平成14年3月20日民事再生法、その後マグノリアカントリー倶楽部(宮城)を取得

 ・平成19年4月、秋田森岳温泉36ゴルフ場(岩手)を取得

 ・平成21年8月、みちのく古都カントリークラブ(岩手)を取得

 ・平成22年9月 湯田高原カントリー倶楽部(山形)を取得

 グループゴルフ場 URL=http://www.kazancc.jp/group.html

    ↓↓↓ 平成24年7月5日追加

 7月1日より9ホールで営業を再開。コース整備をしていなかったっためフェアウェイやグリーンに雑草ははびこり、完璧な状態とはいえないようで、とりあえずロッカーやレストラン・風呂は利用出来ないが、9ホールを2ラウンドで再開。

 9月1日からは18ホールで再開の予定という。会員も同日からはメンバー料金になるという。。

    ↓↓↓ 平成24年7月12日追加

 平成24年6月29日、ザ・サードプレースカントリークラブ(三重)を買収していたことが判明

    ↓↓↓ 平成24年10月9日追加

 ホ−ムページ「朝日カントリークラブ」を開設

 朝日CC URL=http://www.asahicc.jp

    ↓↓↓ 平成25年3月25日追加(市川ゴルフ興業グループ関連)

 平成25年3月29日、自己破産の大山カメリアCC(富山)を4800万円で買収

情報掲載に関するお知らせ

 本記事に関する詳細情報は、当社までご連絡していただければ、ご案内・ご説明をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。今後も椿ゴルフは「信用・実績」をモットーに、情報サービスを提供して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ
最新・ゴルフ場倒産関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ