全国法的整理825コース、負債総額は16兆164億円に

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

バブル崩壊以降の全国法的整理825コースで、負債総額は16兆164億円

ゴルフ特信参照、平成23年5月16日

 一季出版(株)発行のゴルフ特信(東京都台東区浅草1-9-13、TEL:03-3864-7821)の調査(都道府県、開場年別等で集計)によると、バブル崩壊以降から今年3月末までに法的整理を申請した企業は計667件、コース数では825コース、建設中・認可未着工が48コースとなったことが分かった。

 申請後に完全閉鎖、2度目の申請を除外すると実質815コースとなり、バブル崩壊以降の負債総額は16兆164億円。バブル期に開発し会員募集した半数が法的整理を申請していることに。

 ・都道府県別での申請数は、

   北海道が64コース、千葉県60コース、茨城県59コース、兵庫県58コース、栃木県57コースと続く。

 ・年代別での申請数・コース数は、

   平成14年98件(130コース)、16年82件(110コース)、15年80件(132コース)と続く。

 ・開場年別での申請数は、

   平成4年が61コース、平成5年52コース、平成3年51コース、昭和50年49コースと続く。   

 法的整理件数は、平成16年以降減少傾向にあり、22年は26件(27コース)と件数比で68%、コース数比で75%の減少となっており、今年(23年)は4月13日に民事再生法を申請した太田双葉CC(群馬)経営の双葉繊維工業(株)を含め9件(9コース)となっている。

 また、負債総額も14年の3兆239億円をピークに、15年が2兆192億円、16年が1兆9239億円、22年が1485億円(16年比92%減)と激減しており、今年は5月中旬段階で340億円と、恐らく最少となりそうである。

平成23年の最新・倒産ゴルフ場ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ