ゴルフ業界、平成22年の展望・課題、倒産、経営交代のゴルフ場の減少は今後も続く

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ        -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

倒産、経営交代のゴルフ場の減少は今後も続く
全国G場数は完全閉鎖が新規開場を上回りダウンヘ

ゴルフ特信より、平成22年1月1日

 ゴルフ場業界はバブル経済の崩壊から預託金問題を抱えたことにより、ゴルフ場の倒産が相次ぎ、経営交代も急増、会員募集で開発資金を調達することが不可能となったためゴルフ場建設もほとんどストップした。

 もっとも、平成14〜16年まで100コース(既設ベース)を超えていたゴルフ場の倒産も、ピークを脱し昨年は27コースとなった。倒産はすでに一巡といった様相で、今後は地方を中心にあるものの、落着きをみせてくるだろう。

 経営交代も17年の170コースをピークに昨年は半減以下の73コースとなっている。買収できる魅力あるゴルフ場が少なくなっただけに今年も減少傾向。

 ちなみに、売り手はファンド会社や投資目的に取得した企業(個人)が増え、買い手は会員有志や地元の篤志家が多くなりそうだ。

 ゴルフ場開発は以前から末期の様相で、今後5年間は5コースが開場できるかどうかの状況。一方で完全閉頻となるゴルフ場が増え、全国のゴルフ場は2359コース(平成18年と20年)をピークに減少することになるだろう。


  ▼ ゴルフ業界は創意工夫でデフレ圧力の克服を

  ▼ 料金高い、オヤジくさい等のイメージを一新へ

  ▼ 環境問題は継続の課題、ゴルフ場の特性も生かせる

  ▼ 倒産・経営交代のゴルフ場の減少は今後も続く

  ▼ 会員権相場は低迷続く、個人ニーズの掘り起こし必要

  ▼ 用品業界はカジュアル化をさらに進めた商品開発を

このページのトップへ
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ