ゴルフ業界、平成22年の展望・課題、環境問題は継続の課題、ゴルフ場の特性も生かせる

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

環境問題は継続の課題、ゴルフ場の特性も生かせる
環境の改善に用地利用等、場合によっては事業化も

ゴルフ特信より、平成22年1月1日

 ゴルフ界の帰趨を決める要素には、各ゴルフ団体の動向や大手ゴルフ場企業の動向がある。

 ゴルフ界は地球環境間題、特にCO2の問題が取り上げられた時点で、ゴルフ場は地球環境に優しい施設であることをアピールした。さらに、支配人会やGGG、NGKなども環境間題をテーマに活動を開始し、各ゴルフ場も積極的に取り組み始めた。

 ゴルフ場は、多くの用地を利用しており自然も豊かだ。この特性を生かせば、地球に優しいというアピールだけでなく、環境の改善など積極的に利用でき、それを事業化することも可能だ。環境の視点でゴルフ場運営を目指すことも必要で、ゴルフ団体もそれを継続して支援すべきだ。

 一方、大手ゴルフ場企業はゴルフ界をある程度リードできる位置にある。環境問題もそうだが、ゴルフ界の発展のためにそのカを遺憾なく発揮することを期待したい。

 特に、日本のゴルフ場の1割を系列下に持つ外資系ゴルフ場企業2社は、協力し全国のゴルフ場に有意義な情報の発信や、他のゴルフ場に対しても経営面等の新提案をするなどで、ゴルフ振興に寄与することを期待する。


  ▼ ゴルフ業界は創意工夫でデフレ圧力の克服を

  ▼ 料金高い、オヤジくさい等のイメージを一新へ

  ▼ 環境問題は継続の課題、ゴルフ場の特性も生かせる

  ▼ 倒産・経営交代のゴルフ場の減少は今後も続く

  ▼ 会員権相場は低迷続く、個人ニーズの掘り起こし必要

  ▼ 用品業界はカジュアル化をさらに進めた商品開発を

ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i/

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ