PGM、都市型の会員制クラブと会員の相互利用提携

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

PGMグループ、シティクラブ・オブ・東京とパートナーシップ契約

平成21年10月8日

 PGMグループは、都市型の高級会員制クラブ「シティクラブ・オプ・東京」(東京郁港区赤坂7-3-38 TEL:03-3401-1121)の運営会社・(株)東京シティークラブとパートナーシップ契約を結び、双方の会員が相互利用できるサービスを10月1日から開始したことが判明した。

 ・シティクラブの会員(約1700名)は、

  平日はPGMグループが保有・運営している全国130コース以上のゴルフ場、土・日祝日は関東圏の
  ゴルフ場でのプレーを優待価格で利用可。

 ・PGMグルーブゴルフ場の会員(約22万名)は、

  シティクラブの施設を入会金や年会費を納めることなく利用可。

 PGMグループは、会員サービスのプログラム「P−CAP」の充実を目指しているとしており、今回も提携もその一環。

   ↓↓↓平成22年1月25日(不景気.comより)


 ▽ 会員制「東京シティークラブ」破産手続の開始決定を受け倒産

 東京都港区で会員制クラブを運営する「(株)東京シティークラブ」は、1月20日付で東京地方裁判所から破産手続の開始決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

 1989年に設立の同社は、青山一丁目駅からほど近いカナダ大使館内にある会員制クラブ「シティクラブ・オブ・東京」の運営会社。

 富裕層や企業幹部・芸能人などをターゲットに1500人規模の会員を集め、ラウンジバーや和食・フランス料理を提供し、主に接待などに利用されていました。

 しかし、会員以外に施設の利用を開放する拡大路線が逆に既存の会員から敬遠されると、関連会社「東京キャピタルクラブ」が2006年2月に破産手続の開始決定を受けたことで信用は失墜。

 近年は、景気低迷により一般利用も落ち込む中で売上減に歯止めが掛からず、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

 帝国データバンクによると、負債総額は約37億円。


その他・ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546>

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ