OGM傘下の全コースが、沖縄での珊瑚移植事業に協力

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

OGM傘下の2コースが、ゴルフ場に珊瑚育成用の水槽を設置、育成後は沖縄の海に移植
エコキャップ運動等も行い「環境に配慮したG場」に

オリックス・ゴルフ・マネジメント(株)より、平成21年4月27日

 地球温暖化防止など地球環境問題に取り組むゴルフ場が増える中、オリックスグループのオリックス・ゴルフ・マネジメント(株)(OGM)も、独自のエコ活動を開始し、沖縄県の2ゴルフ場でグループが沖縄県国頭郡今帰仁村の運天漁港ではじめた珊瑚を移植するプロジェクト「SANGO ORIX」に昨年10月から参加した。

 OGMでは、同社ホームページで下記のように紹介、

 オリックス・ゴルフ・マネジメント株式会社(本社:東京都目黒区、社長:森田秀朗、以下「OGM」)は、沖縄県で運営する2コルフ場(沖縄カントリークラフ、オーソャンキャノスルカントリークラブ)にサンゴ育成用水槽を設置し、移植用サンゴ苗の育成を開始しますのでお知らせします。

 OGMは、2008年より実施しているサンゴ移植活動の一環として本取り組みを開始、、育成したサンゴ苗は今夏から移植活動に使用します。また、来場されるお客さまにサンゴ移植活動ヘの理解を深めていただくため、サンゴの生態や成長過程、移植活動の展示コーナーも開設します。

 OGMは、オリックス不動産株式会社(本社東京都港区、社長:山谷佳之)か2008年7月から始動する沖縄サンゴ礁再生プロジェクト「SANGO ORIX」に、同年10月、沖縄カントリークラブ、オーシャンキャスルカントリークラブの2コースが参加することにより、サンゴ移植活動を開始しました。

 主にお客さまからの募金と不要になったゴルフボールやロストボールの回収・リサイクルによる資金を元に移植活動を実施しています。

 翌2009年には上記2コースを含む全てのコルフ場(38コース)・コルフ練習場(2ヶ所)か参加し、同年夏には、沖縄県今帰仁村周辺の海域に200本のサンゴを移植しました。「SANGO ORIX」全体の活動としては、5年間て合計10,000本の移植を目指しています。

 また、OGMではこの4月より新たに「GOLF de ECO」プロシ工クトを発足させ、低炭素社会への貢献として、排出されるCO2を3年間て100万kg削減(2008年度比)する取り組みや刈芝の堆肥化、コルフ場全体てのリサイクル運動なども実施しています。

 今後もサンゴ移植括動をはじめ、さまざまな活動を通じて、環境負荷の少ないコルフ場運営を目指し、地域、社会、お客さめこ、やさしい環境づくりを実践していきます。

 以上

 http://www.orix-realestate.co.jp/news/pdf/press_100427.pdfより

その他・ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ