播州カントリークラプ・金沢ゴルフクラプをアコーディアがチェリーグループに売却

ゴルフ会員権は貴重な財産、会員権の売買は信用と実績の弊社にお任せ下さい。サイトでは、ゴルフ会員権相場の最新情報や税金対策、相続、会員権の相談(預託金償還)、価格・時価評価等を案内。また、名義書換停止中での処分や年会費の滞納、買い手がいない等の相談コーナーを設け、ゴルフ会員権業者として、貴方のお役に立ちます。

埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・静岡県、関東の会員権はお任せ         -関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟-
ゴルフ会員権/相場・情報・売買−椿ゴルフ

ゴルフ会員権相場  月・水曜日更新    サイトマップ

リアルタイム更新情報  携帯サイト  利用規約について

お問い合わせ  0120−010−546      メール

ゴルフ会員権
椿ゴルフトップ
▼ゴルフ会員権相場 ▼会社案内 ▼格安物件 ▼税金対策 ▼取引の流れ ▼売買依頼書
▼倒産ニュース ▼損・得 ▼確定申告 ▼再生スキーム ▼過去の相場 ▼ゴルフ場HP
▼過去の相談・質問 ▼質問Q&A ▼相続・贈与 ▼購入ローン ▼募集コース ▼時価評価

アコーディア・ゴルフ、播州CCと金沢GCをチェリーゴルフグループに売却

平成21年4月10日

 平成20年8月に双園GC(栃木)と四万十GC(高知)を売却し、不採算ゴルフ場の整理を行っている(株)アコーディア・ゴルフ(TEL:03-6688-1500、竹生道巨社長)は、4月6日付けで兵庫県の播州カントリークラプと石川県の金沢ゴルフクラプをチェリーゴルフグループ(TEL072‐621-2266)の(株)ナンノHD(南野洋代表、大阪府摂津市)にに譲渡したことが判明した。

 2月13日に株式譲渡契約を締結し、両ゴルフ場の経営会社・スポーツ振興(株)及び(株)アコーディアAH23がそれぞれ会社分割し、新経営会社・(株)播州カントリークラプと(株)金沢ゴルフクラブを設立、発行済み全株式を(株)ナンノHDに譲渡したもの。

 両ゴルフ場の平成20年3月期の業績は、播州CCが2000万円、金沢GCは1億円の損失となっており、アコーディアは今回の2コース売却に伴う株式譲渡により約1億2000万円の売却益を確保し、平成22年3月期決算で計上する模様。

 尚、両ゴルフ場共に会員の権利・義務及び預託金等の全てをチェリーゴルフグループが承継し、会員のプレー権の変更は全くない。また、同グループでは「播州と金沢は”チェリーゴルフ”の冠は付けず、名称変更もしない。グループコースとの相乗効果を期待したい」と話しているという。

 ちなみに、同グループの保有するゴルフ場数はこれで11コース(他に建設中1コース)となった。

   ↓↓↓アコーディア売却関連記事

 ■平成20年8月20日

 双園GC(栃木)と四万十GC(高知)をアコーディア・ゴルフが売却へ

 ■平成20年10月中旬

 那須グリーンコース倶楽部(栃木)・津山ゴルフクラブ(岡山)をアコーディア・ゴルフが売却を表明

 ■平成21年2月27日

 栗駒GC(岩手)をアコーディア・ゴルフが売却表明

その他・近畿地方・倒産ゴルフ場関連ニュース
ゴルフ会員権の売買は信用と実績の当社にお任せ下さい。ゴルフ会員権相場の最新情報を提供!

ゴルフ場情報は最新のものに更新するよう努めていますが、正確を期する情報は各ゴルフ場に確認してください。
また、平日・全国の会員権相場は、お気軽に下記までお問い合わせ下さい。

ご意見・ご質問は

tubaki-golf@a.email.ne.jp

〒332-0017 埼玉県川口市栄町3-2-15

iモード(携帯サイト)

https://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/i

お問い合わせ

0120−010−546

― 関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟 ―


Copyright(C)2000 ゴルフ会員権の椿ゴルフ